魔王が娘で俺オカン、せめてオトンと呼んでくれ

作者 幻月さくや

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全25話

更新

  1. 晴れ時々ワニ。ポンコツ助けたらまたなつかれた件について
  2. 晴れのち迷子。お前の家はどこなんだ
  3. 夜間、白い月はありません。お前本当に魔王か?
  4. 晴れ時々雨。教えてくれよ、魔導馬鹿
  5. 晴れ時々雨、後に夕食。あいつと約束したからな
  6. 雨、のち曇り。あれはいったい何なんだ
  7. 彼らが夢見た蜃気楼。結構ポンコツだぞ
  8. 明け方にかけては曇。おいしくなってっかな
  9. 晴れ。流されたのか
  10. 晴れ、のち、風。アオタンって方言だよな
  11. 湿った風が流れ込む夜間。それ、あいつらには言うなよ
  12. 快晴。どう生きたいのかはお前が自分で決めろ
  13. 風に注意が必要です。リッヒもそこで待ってるかもな
  14. 夜間は快晴。サニーの勇者だぞ
  15. 引き続き快晴、場所によってはオーロラが見られます。こっこちゃんな
  16. 風が強い一日。俺が好きだからな
  17. 夜間は雲が出てきます。何とかするさ
  18. 双月が照らす奇麗な深夜。フラグの備蓄は十分か
  19. よく晴れて爆風が飛び交う一日となります。逃げるんだよっ!
  20. 激しい雨だったそうです。選ばせてやるよ、死ぬか、結婚するか
  21. 深夜、雷に注意が必要です。良い判断だ
  22. 本日は快晴でこっこちゃんが多くみられます。ギルドマスターとして戦略的一時撤退を許可する
  23. 降り注ぐ鶏、のち雷雨。あいつらにも一雨浴びせてやろうぜ
  24. あの日と同じ虹が見れるでしょう。もう忘れんなよ
  25. これは何エンドですか。普通がいいんだよ、言わせんな