東海の覇者、桶狭間で没落なれど

作者 楼那

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全55話

更新

  1. 第1話 桶狭間の戦い
  2. 第2話 内政方針を語る
  3. 第3話 松平元康からの打診
  4. 第4話 尾張のうつけと統一と
  5. 第5話 分裂の予兆
  6. 第6話 三河の正当な統治者松平家
  7. 第7話 元康の思惑と遠江の未来
  8. 第8話 心配性なお家騒動の回避
  9. 第9話 井伊谷会談
  10. 第10話 無名の当主、その者何者か
  11. 第11話 旧知の友、これよりは敵
  12. 第12話 我らが師、太原雪斎
  13. 第13話 一人、また一人
  14. 第14話 飯尾連竜の離反
  15. 第15話 身は岡崎に、心は政孝に
  16. 第16話 初陣を飾る
  17. 第17話 引馬城の兵糧攻め
  18. 第18話 まさかの裏切り者、そして落城
  19. 第19話 反乱分子の討伐、近づく崩壊の足音
  20. 第20話 椿姫の隠し事
  21. 第21話 亡霊より送られし好機
  22. 第22話 肉を切らせて骨を断つ
  23. 第23話 幼き頃より見せる片鱗
  24. 第24話 順調な内政、豊作の年
  25. 第25話 商船製造、海の利を得る
  26. 第26話 一色政孝見物
  27. 第27話 東三河の旗頭、酒井忠次
  28. 第28話 織田信長見物
  29. 第29話 父の敵と岡崎にて話す
  30. 第30話 織田信長の、松平元康の、一色政孝の選択
  31. 第31話 海賊襲来
  32. 第32話 一色水軍設立案
  33. 第33話 発展の大井川港
  34. 第34話 権六勘づく、凄まじき嗅覚
  35. 第35話 妻と家臣の顔合わせ。そして母も
  36. 第36話 織田信長、その人となり。武田信玄、その思惑
  37. 第37話 元北条家臣の海賊衆
  38. 第38話 車座にて話す。一色の未来
  39. 第39話 川中島で得たもの、失ったもの
  40. 第40話 今川館からの使者
  41. 第41話 初夜(一部表現割愛)
  42. 第42話 家中に火種あり
  43. 第43話 三河・尾張の情勢と目論む統一
  44. 第44話 水軍整備と水軍指南役
  45. 第45話 染屋寅吉改め染谷寅政、仕官する
  46. 第46話 海賊の頭領は如何する
  47. 第47話 各々の決断
  48. 第48話 駿河の有力者、今川をかき回す
  49. 第49話 駿河衆の敵視、師の文
  50. 第50話 室町将軍であるために
  51. 第51話 不可解な撤退
  52. 第52話 当主としての仕事は正月も続く
  53. 第53話 織田・斎藤の和睦
  54. 第54話 人間五十年、その生を全うせよ
  55. 第55話 新たな出会い、旅の思い出