何故か有望株の仲間が追放されたので俺はソイツについていく事にした

作者 猫鍋まるい

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全15話

更新

  1. 鎧意覚醒篇 第一幕 大鼠の穴倉
  2. 第1話 乗るしかない、この有望株に…!
  3. 第2話 金欠でも見栄を張りたい時くらいあるよな
  4. 第3話 魔物だって個性が大事らしい
  5. 第4話 鞄の中には夢や希望や…時には仲間も詰まってる
  6. 第5話 冒険者なら一度は物欲とドロップの関係性について考えているはずだ
  7. 第6話 捻じれた角ってたまにクロワッサンに見えるよな
  8. 第7話 しょーもないギャグで笑ってくれる奴は大抵いい奴
  9. 第8話 おっさんじゃない、おじ様だ
  10. 第9話 好きな店には人気になってもらいたいけど混雑はしてほしくないジレンマがある
  11. 第10話 ボタンも頬っぺも押すなって言われると押したくなる
  12. 第10.5話 幕間 ネルミ
  13. 鎧意覚醒篇 第二幕 大鎌の食物庫
  14. 第11話 探し物が忘れた頃に出てくる現象…アレの名前ってあるのだろうか
  15. 第12話 肉まんとあんまん、塩味と甘味は無限ループを引き起こすから危険だってあれほど…
  16. 第13話 こ、コイツ…属性に属性を…もりもりだッ!
  17. 第14話 同意と登録にはちょっと慎重なくらいがちょうどいい