彼女が欲しかった俺が、不幸に打ち克つまで。

作者 小倉桜

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全20話

更新

  1. 第1話 「どうなったの!?」 心配そうに叫んだ。
  2. 第2話 「バカ!」 鋭い痛みが頬を駆けた。
  3. 第3話 「例の空き教室に来るといい……」 それだけ言うと去って行った。
  4. 第4話 「好き……」 満面の笑みで抱き着いてきた。
  5. 第5話 「う~ん……?」 ゆっくりと体を起こす。
  6. 第6話 「お~……」 珍しそうに外を眺めた。
  7. 第7話 「さっすが祝日だね!」 のんびりと過ごしていた。
  8. 第8話 「元気ですよっ」 拳をぐっと握りしめた。
  9. 第9話 「はいっ」 嬉しそうに微笑んだ。
  10. 第10話 「わかりました!」 喜んで手伝ってくれた。
  11. 第11話 「ふえっ!?」 肉を掴んでそっと近づけた。
  12. 第12話 「康太、いい?」 扉を開けた。
  13. 第13話 「飲み物をどうぞ」 キッチンから戻ってきた。
  14. 第14話 「お兄ちゃん、おはよぉ」 寝ぐせでボサっとなっていた。
  15. 第15話 「あのねぇ……」 そんなことでは揺るがない。
  16. 第16話 「ん~! 今日も疲れたね~!」 ん~っと伸びをした。
  17. 第17話 「ごちそうさまでした……」 とんでもないスピードだ。
  18. 第18話 「いいの買えたぁ?」 言ってしまったら意味がない。
  19. 第19話 「もしかして、初めてなの?」 緊張に喉をゴクリと鳴らした。
  20. 最終話 「あ、わたしが出るよぉ」 そっちは任せて作業に戻った。