緋色の王様

作者 三上 エル

102

38人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

優しい王様、理想の王様。初めはそう思っただろう。
無垢な子供達を助けるその姿は、まさに理想の王様。
紅い瞳に隠された狂気に、気づくことなく今日も無垢な子供が王様の元にやってくる


読んでいて、凄くゾグゾクしました。
誘拐犯の元で暮らしている子供が自然とその人を好きになるというお話(実際にあったことです。名前は忘れましたが…)を思い出しました。とにかく、面白かった。そして美しく、悲しかった。読んできた短編の中では一番の傑作です。

★★★ Excellent!!!

三上節炸裂です!
外国の童話を思わせる温かくも何やら不思議な世界観で始まるのですが、「緋色」の王様は、自身の願いを叶える為に子を救い、そして……。

青年ニックと王様の関係もまた狂気的な関係なのですが、なんでしょう。
冒頭の入りと終わりが逆転?するような締め方で「短編」ではなく、「長編」でも見たいと純粋に感じる作品です!

じわじわくる恐怖と温かくも悲しい作品の細かさと情景の丁寧さに読者をかなり惹き付けます!

★★★ Excellent!!!

本来であれば細かくレビューしたいのですが、この作品においては内容にあまり触れるわけにもいきません。

何故か?それは読めば理解できるでしょう。

この作品は間違いなく名作です、独特の世界観に引き込まれるはずです!

一度目を通せば止まりません、この作品が多くの人の目に映ること祈っています。

この願いが「緋色の王様」の力になったらいいなと、思います。