[詩集] 幽閉の窓から見えた渇望の翼

作者 Kaede.M

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全100話

更新

  1. 誰を待っているの?
  2. 願い
  3. 願う
  4. 夏につつまれて
  5. 駅に降り立って
  6. 世紀末
  7. タイタニック
  8. ミレニアムカウントダウン
  9. 負けない
  10. 9番ホーム
  11. 普段は真面目でおとなしい子だった。
  12. 性悪
  13. コンビニ
  14. White Christmas
  15. 精神破滅
  16. 届かない
  17. 図書カード
  18. 即レスなんか、随分前にやめた。
  19. 声なんか聞きたくない
  20. こんな夢
  21. 未視感
  22. 昭和
  23. たどり着けなかった
  24. 天秤
  25. 平均台
  26. すれ違い
  27. 路地裏の園児たち
  28. ここに居るから
  29. デイジー
  30. 任意同行
  31. 毎年
  32. 恋する人たち
  33. 帰路
  34. ディズニーランドに行けない理由
  35. 宇宙の塵
  36. 取調室
  37. 人間ピラミッド
  38. 3年ぶりに
  39. 釈放直後の兼六園
  40. アスファルトまで
  41. 拘置所に戻りたい
  42. 日本とは……
  43. 突きはなした後に
  44. 透明人間というフレーズ
  45. 錆びついた三輪車
  46. SSRI
  47. 自死ダイブ後の看護師の冷たい目
  48. 日記帳を捨てた日
  49. アンブレラ
  50. 46億年前
  51. あの日……私は……
  52. ハズレくじ
  53. 病み
  54. CM
  55. 赤い糸
  56. 裁判長の言葉
  57. いろいろ
  58. もう過去のこと
  59. 夢の残骸
  60. 残酷運命とどう向き合えばいい?
  61. ドナウ川のさざなみ
  62. 鐘が鳴る
  63. おりがみのゾウさん
  64. 夜空の星座に思う
  65. 極限の孤独を生きて
  66. 会話のない食事
  67. 眠るように死にたい
  68. 孤独じゃない世界って?
  69. 秒針の音しか聞こえない部屋で思う
  70. モンストラー
  71. 人間は……
  72. 夜桜
  73. 無念としか言いようがない
  74. 子供は親を選べない
  75. 14歳
  76. 生きるのしんどい
  77. 春を歩く
  78. 焼け爛れて
  79. 何も残らない
  80. 幻覚
  81. とりあえず生きてみたら?
  82. 誕生日
  83. 極限の世界
  84. ただ、見ているだけ……
  85. また、半袖の季節
  86. 今という時間に対して、何の抵抗もできない
  87. 命を懸けても
  88. 現実世界とパラレル
  89. 髪を切る
  90. 孤独と重いを秤にかける
  91. もっと強く……
  92. また、時間は流れる
  93. 生まれてくるべき人間ではなかった
  94. 悪霊
  95. 弱い人間の定義とは?
  96. 幽閉の窓から見えた渇望の翼
  97. 育児放棄
  98. 最後の太陽