続三国志演義─通俗續三國志─

作者 河東竹緒

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全140話

更新

  1. 通俗續三國志
  2. 一章 三国時代終わる
  3. 第一回 王渾と王濬の二将は大いに平呉の功を争う
  4. 第二回 呉将は郴嶺の軍営に方略を諮る
  5. 第三回 呉将は郴嶺に晋兵を破る
  6. 第四回 晋は呉主孫皓の書を促し湘東を平らぐ
  7. 第五回 蜀雄は乱を避け興業を計る
  8. 第六回 張賓と諸葛宣于は蜀の乱を避く
  9. 第七回 劉霊は一大将を救う
  10. 第八回 晋帝司馬炎は大いに宗室を封ず
  11. 第九回 陶璜と郭欽は晋帝司馬炎の撤兵を諌む
  12. 二章 流浪する遺臣たち
  13. 第十回 関防と王彌は靳準の店に到る
  14. 第十一回 関防と王彌は靳準の店にて大いに闘う
  15. 第十二回 劉璩は劉淵と名を改め郝元度に投ず
  16. 第十三回 齊萬年は郝元度に與す
  17. 第十四回 蜀漢の客は騎射の法を演ず
  18. 第十五回 齊萬年は鎖川に虎を打つ
  19. 第十六回 晋帝司馬炎は孤を楊駿に託して崩ず
  20. 第十七回 賈后は意を肆に荒淫す
  21. 第十八回 張賓は盗に遭いて陳元達を訪う
  22. 第十九回 劉淵は柳林川に兵を聚む
  23. 第二十回 張賓と趙染は齊萬年に会す
  24. 三章 集結
  25. 第二十一回 齊萬年は独り三将を斬る
  26. 第二十二回 劉和と楊興寶は柳林川に到る
  27. 第二十三回 諸葛宣于は徐光と別る
  28. 第二十四回 汲桑は神霊の不思議に遇う
  29. 第二十五回 石勒は上党に義を聚む
  30. 第二十六回 齊萬年と廖全は涇陽に向かう
  31. 第二十七回 齊萬年は涇陽にて大いに戦う
  32. 第二十八回 劉淵は張賓と諸葛宣于を参謀に任ず
  33. 四章 緒戦
  34. 第二十九回 趙王司馬倫は郝元度を斬る
  35. 第三十回 趙王司馬倫は再戦して馬蘭と盧水を殺す
  36. 第三十一回 劉淵は趙王司馬倫を大いに破る
  37. 第三十二回 梁王司馬肜は雍州に敗戦す
  38. 第三十三回 晋の朝廷に群臣は評議す
  39. 第三十四回 周處は兵を行なう
  40. 第三十五回 周處は梁王司馬肜に陥れらる
  41. 第三十六回 張華は孟観を挙げて西征を命ず
  42. 第三十七回 齊萬年は戦に死す
  43. 第三十八回 張賓は晋軍を破る 
  44. 第三十九回 漢将は再び晋将を破る
  45. 第四十回 梁王司馬肜は傅仁を遣りて漢と和す
  46. 第四十一回 関防と王彌は左國城に到る
  47. 五章 賈后垂簾
  48. 第四十二回 賈后は権を奪う
  49. 第四十三回 賈后は楊駿を謀る
  50. 第四十四回 孟観は楊駿を殺す
  51. 第四十五回 楚王司馬瑋は汝南王司馬亮を殺す
  52. 第四十六回 晋帝司馬衷は張華に質して楚王司馬瑋を殺す
  53. 六章 崩れゆく安寧
  54. 第四十七回 李特は流民を率いて蜀に入る
  55. 第四十八回 李特の流民は沈璣を殺す
  56. 第四十九回 張華は賢士を挙げ薦む
  57. 第五十回 賈后は妬みて皇太子司馬遹を殺す
  58. 第五十一回 趙王司馬倫は謀りて賈后を廃す
  59. 第五十二回 孫秀は計を設けて淮南王司馬允を害す
  60. 第五十三回 孫秀は石崇を謀りて殺戮す
  61. 第五十四回 趙廞は謀叛して姜發を請う
  62. 第五十五回 姜發は計を設けて陳摠を破る
  63. 第五十六回 姜氏の兄弟は陳摠と趙模を斬る
  64. 第五十七回 陳恂は趙廞のために殺さる
  65. 七章 齊王司馬冏の台頭
  66. 第五十八回 趙王司馬倫は政を秉りて位を簒う
  67. 第五十九回 齊王司馬冏は孫秀らを誅さんと図る
  68. 第六十回 諸王の兵は孫秀を討つ
  69. 第六十一回 趙王司馬倫の将は齊王司馬冏を襲う
  70. 第六十二回 成都王司馬穎は孫會と戦う
  71. 第六十三回 盧志と石勒は孫會を大いに敗る
  72. 第六十四回 諸王は趙王司馬倫と孫秀を誅す
  73. 第六十五回 成都王司馬穎は職を辞して鄴城に還る
  74. 第六十六回 齊王司馬冏は政を専らにす
  75. 八章 蜀漢再興
  76. 第六十七回 劉淵は左國城に漢を継ぐ
  77. 第六十八回 漢主劉淵は蒲子に移る
  78. 第六十九回 漢主劉淵は平陽に都を建つ
  79. 第七十回 韓橛は金龍城を建つ
  80. 第七十一回 劉霊は鉅鹿に戦う
  81. 第七十二回 漢兵は再び許戌と戦う
  82. 第七十三回 関防は鉅河に許戌を擒う
  83. 第七十四回 王彌は典升を擒う
  84. 第七十五回 漢兵は常山に攻め入る
  85. 第七十六回 漢兵は常山を奪い取る
  86. 九章 転戦
  87. 第七十七回 漢の劉聰は兗州城を計る
  88. 第七十八回 曹嶷と夔安は徐玖舒と戦う
  89. 第七十九回 張賓は計って汲郡を取る
  90. 第八十回 漢軍は邯鄲を攻む
  91. 第八十一回 関防は龐鷹を斬る
  92. 第八十二回 関謹は龐鷂を斬る
  93. 第八十三回 劉聰は邯鄲を下す
  94. 第八十四回 劉聰は議して瀛州郡を攻む
  95. 第八十五回 張賓は計って晋の木柵を焼く
  96. 第八十六回 漢兵は瀛州城を抜く
  97. 十章 李特雄飛
  98. 第八十七回 姜發兄弟は関心と蜀を避く
  99. 第八十八回 蜀の李特は謀って趙廞を殺す
  100. 第八十九回 辛冉たちは流民を追わんと欲す
  101. 第九十回 流民は集って辛冉を拒む
  102. 第九十一回 李特は辛冉の兵と戦う
  103. 第九十二回 羅尚は兵を会して李特を征す
  104. 第九十三回 李流の輩は官寨を夜襲す
  105. 第九十四回 李特は年号を建つ
  106. 第九十五回 李特は再び羅尚を破る
  107. 第九十六回 李特は計って官兵を敗る
  108. 第九十七回 羅尚は敗に因って李特を擒にす
  109. 十一章 成の建国
  110. 第九十八回 李雄は再び汶山を下す
  111. 第九十九回 徐輦と范長生は李流に帰す
  112. 第百回 李流は病に死して李雄が嗣ぐ
  113. 第百一回 李雄は成都を取る
  114. 第百二回 羅承たちは閻式を害す
  115. 第百三回 文碩は李國を殺す
  116. 第百四回 李雄は計にて大いに羅尚を破る
  117. 第百五回 李雄は諸将を昇す
  118. 十二章 晋漢大戦:闘陣
  119. 第百六回 齊王司馬冏は成都王司馬穎を招いて漢寇を計る
  120. 第百七回 漢は魏郡を奪って漳河を渡る
  121. 第百八回 諸葛宣于は四雄の兵に説く
  122. 第百九回 成都王司馬穎は大いに軍兵を会す
  123. 第百十回 晋の王侯は先鋒を択ぶ
  124. 第百十一回 成都王司馬穎は出兵して漢を征す
  125. 第百十二回 陸機は陣を布く
  126. 第百十三回 陸機は陣を操る
  127. 第百十四回 張賓は八陣の法を布く
  128. 第百十五回 張賓は陸機と戦う
  129. 第百十六回 晋漢は再び大いに戦う
  130. 第百十七回 劉聰は兵を退き、晋に遭いて敗らる
  131. 十三章 晋漢大戦:両道並進
  132. 第百十八回 曹嶷と夔安は平陽に上って救兵を乞う
  133. 第百十九回 漢主劉淵は粮米を送って魏陽に輸す
  134. 第百二十回 劉曜と石勒は並びて兵を進む
  135. 第百二十一回 劉曜は再び沙麓関を撃つ
  136. 第百二十二回 石勒は再び霊昌道に闘う
  137. 第百二十三回 夏庠は計って劉曜を囲む
  138. 第百二十四回 曹嶷は来たりて劉曜を救う
  139. 第百二十五回 朱伺と呉寄は重ねて霊昌に到る
  140. 第百二十六回 陸機は計って両路の守将を選ぶ
  141. 第百二十七回 張軌は劉曜と戦う
  142. 第百二十八回 石勒は晋の四将を斬る
  143. 第百二十九回 成都王司馬穎は兵を退けんことを計る
  144. 第百三十回 劉曜と石勒は魏城に入る
  145. 第百三十一回 王彌と劉曜は晋の伏兵を敗る
  146. 十四章 晋漢大戦:終戦
  147. 第百三十二回 漢軍は兵を進む
  148. 第百三十三回 陸機の戦書は漢寨に入る
  149. 第百三十四回 諸葛宣于と陸機は陣を闘わす
  150. 第百三十五回 漢陣は晋兵を敗る
  151. 第百三十六回 晋漢はふたたび兵を交わす
  152. 第百三十七回 晋漢は兵を退けんことを議す
  153. 第百三十八回 漢将は晋の伏に遭いて敗らる
  154. 最終回 晋漢は兵を罷めて暫時平らかなり