俳句のようなもの

作者 青丹よしお

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全330話

更新

  1. 春の雨湯のごとたぎちけぶりけり
  2. 路地裏は枝垂桜のはだれかな
  3. 死ぬる日は開いてあれな桃の花
  4. 朧月或緑の龍ひそむ
  5. 逝春をしづかにわらふ人は誰
  6. 公園の丘よこぎるやほととぎす
  7. 常盤木はいづれと問へば夏の声
  8. 意思なれや風立ち網戸波打たす
  9. 月影のててなしごかやあぶらむし
  10. 腥きもの埋もれけり雪の中
  11. 行人を一日の友の花見かな
  12. 自動車やあわただしくも月の客
  13. 花茨苦しき道も敢へて行く
  14. 短夜や踊明かして星一つ
  15. さびしかろ雪降る池に舞ひおりて
  16. 湯煙を立てて鮮血ほとばしる
  17. 烏逐ふ白鷺ありや奈良の里
  18. 飛行機の落つる日ありや蝉時雨
  19. 俳聖の跡伝へよや田植歌
  20. 朧夜や画を盗まるる美術館
  21. 刀閃のしてはらはらと桜かな
  22. 死する風あらば生まるる風あらん
  23. 秋の蚊の太つたを打つ躊躇ふや
  24. 閑古鳥其は唐土の士なりしか
  25. 逝夏や身に負ふ傷を爪の痕
  26. さるすべり花のあはれはその名前
  27. 山の上に神あり海に鯨あり
  28. 誰をかも痴人にせん女郎花
  29. 行く水の流れや絶ゆる春の川
  30. 目眩く夏は穂麦の朱きより
  31. 朝の落蝉夕の風に動きけり
  32. 銀杏家のぎんあん坊と人は呼べ
  33. 七年の闇立消えて蝉時雨
  34. ここに来て人恋しさや三十三才
  35. 月の夜や洗濯物の乾く音
  36. 満を持して一足先に紅葉哉
  37. 秋物の服や美人を隠しけり
  38. 五月雨や秋津島根に武を布ける
  39. 名月や黄金に優る銀も
  40. 梅雨空や珈琲通が胃のもたれ
  41. 素直さは古酒の辺に忘れけん
  42. 春の山古事記の民も遊ぶらん
  43. 鵯や花を団子と為す心
  44. 月下逍遥置処無き露の身は
  45. 女郎花打靡きけり我の方
  46. 葉隠れて赤き服さへ曼珠沙華
  47. 人の世は長からずやは朧月
  48. 振向いて見返る猫や月の下
  49. 子の刻や月に守られて水浴びん
  50. 唐土や西北かけて三日の月
  51. 後の月序でと許り見上げゝり
  52. 憐れやな人離果てて夕雲雀
  53. 暗き家に鬱々とせり薬喰ひ
  54. へうへうと世を渡りけり北の風
  55. 梓弓春も矢のごと過ぎにけり
  56. 冬の日のうちけぶりつゝにほひけり
  57. 夜桜や神代の人に夜明けつゝ
  58. 鵯に菓子の家溶けん花の雨
  59. 凍星や塵は無けども目に涙
  60. もみづるや饂飩に七味唐辛子
  61. 冒険の日々有らしめよ春の虹
  62. 猫小鳥来よ倶にせん日向ぼこ
  63. 斯くしつゝ更けゆくものか冬の星
  64. 空しさや千万弗の北颪
  65. 猫はさぞ後の世かけてひなたぼこ
  66. 猫も恋す況んや人においてをや
  67. 蛸焼に寒さを凌ぐ涙哉
  68. 蝋燭の涙尊き聖夜哉
  69. あなかしこ蚯蚓の跡を御目汚し
  70. 冬の陽や清らに舞へる綿埃
  71. 悴む手労る夜や星の声
  72. 山茶花の咲くうれしさよ庭雀
  73. 玉川や誰が斧落ちて暮の春
  74. 枯菊の墓前は風のすさび哉
  75. 煤掃けば身の下闇に積もる哉
  76. 逝春や岸を離るゝ鴨の声
  77. 唐猫や惰眠貪る花の中
  78. 根雪して隣の池の青きこと
  79. 薮入や頼みもせぬを人の親
  80. ぶらんこや来る人有れば帰る人
  81. 飛石を伝歩くやけふの月
  82. 彼我の間に通じて寒し龝の風
  83. 毒親の縁断ちし身や鰒汁
  84. いざゝらば鬼の居ぬ間に鰒喰はん
  85. 街は昏れて足下寒き暗渠哉
  86. 山茶花や洗濯にゆく雨の中
  87. 呼合ふや霜々の聲星の聲
  88. 夜を待つ狐有りけり朧月
  89. むつとして外に出づれば寒哉
  90. ひいやりと炬燵蒲団の冷たさよ
  91. 飛行機のとゞろと鳴るや雪の上
  92. 寝心や電車に揺られ春を待つ
  93. 大雪や仏の大慈隠るほど
  94. 春風や東を西と聞きながす
  95. 冷たさを眼と鼻先や窓硝子
  96. 春風やねむたさまさるプロポヲズ
  97. 一春を寝過さばやな雲の下
  98. 潮浪轟寄すや春の河
  99. 電車より降りればそこは春の苑
  100. 青狸辛くも化けて社会人
  101. 春めくや馥郁として帋の屑
  102. 物言はで去りゆく人や春の雨
  103. 眠たさを空に浮かべて春の雲
  104. 静かさや春の夢見る枕元
  105. 耳の穴塞ぐや風の冷たさに
  106. 恋猫や醫の匙の投げ加減
  107. 春めくやこゝろの箍の弛む音
  108. 春雨や蠢出づる本の虫
  109. 焼色や春の眠りを覚ましたる
  110. 花園にかはいゝあの子尋ねばや
  111. 終るべき命なりしを春の夢
  112. 青春の一幕爆ぜて遠花火
  113. 俳諧は薬籠中の雲の峰
  114. 清水の舞台消去る朧哉
  115. しまうまに陽炎立つや地平線
  116. 春の日や畳の薫に明けそめる
  117. 春雨やふるに委せる日記帳
  118. 春雨や紺のコヲトを濡らしゆく
  119. 花冷えや手を温める缶珈琲
  120. 青空や水田にゝほふ桃の花
  121. ゆく夏や王者は膝を屈しけり
  122. 吊るしおく衣艶かし春の夜
  123. 腹黒き女過るや花薔薇
  124. のどかさに虻の飛込む和室哉
  125. 菜の花に為損ねたる胡蝶哉
  126. 梅が散り桜が散るや山笑ふ
  127. 春深し仔犬隠るゝ草の陰
  128. 翡翠や水面かすめて風光る
  129. 一寸の虫にもかくて繭の玉
  130. 春はなほ曙杉のにほひかな
  131. つばくらめ翔るや牡丹散らんとす
  132. 床の間の束の間あかき牡丹哉
  133. 青嵐美人の睫かすめけり
  134. 秘置きて深く蔵せる牡丹哉
  135. 躑躅して咲埋めけり川の空
  136. 若葉よりしたゝる月の雫かな
  137. 憎まるゝ身はながらへて更衣
  138. 先生と呼ばれてみたし更衣
  139. 目を喰つて魂抜くや桜鯛
  140. 桜花散るや西行く人の上
  141. 銀漢や曙杉に落ちかゝる
  142. 木苺や無きにしもなき恋心
  143. 星屑になる鳩あらん若葉風
  144. 黄泉の国見てきた顔の乙鳥哉
  145. 古き日の夢見心や雑煮腹
  146. 若草の香を嗅ぐねこや隠れ顔
  147. 医者の娘の病気がちなる若葉かな
  148. 青嵐にすゞめ訪来る欄干かな
  149. 信号にかゝりて風の若葉かな
  150. 向日葵やマウンド暑き砂埃
  151. わが辱もこの虫干に命かな
  152. 若葉風美人のなみだかはくらん
  153. 退屈な男笑ふや青嵐
  154. 晴れかゝる雨に若葉の光かな
  155. 蝙蝠に月紫の夜更哉
  156. 負ぶはれて見た夢もあれ風車
  157. 夏の日に背けた顔の暗さかな
  158. 夏めくや海の香を吐く蜆汁
  159. 千本の虹をくゞるや乙鳥
  160. 紫陽花やいづれはあれど黒き傘
  161. さみだれや花に飛ぶ蛾の余所ごゝろ
  162. 五月闇しのびいりけりむねのうち
  163. 涎して枕ぬらすや春の夢
  164. さみだれや盥をこぼす大男
  165. あぢさゐにせめてもいこへ道祖神
  166. 春の夢湯の沸く音を限りかな
  167. 延々とつゞく洋琴や蝉時雨
  168. 遠花火美人の頬や紅潮す
  169. 箸を折る音響きけり五月晴れ
  170. あぢさゐやおとなの猫を隠すほど
  171. 忠犬を寒からしめて青嵐
  172. 天井の染み数ふるや五月闇
  173. なゐふりてさつきの晴間戻りけり
  174. 暖簾なる蠅を討取る手際かな
  175. 職員の会議つゞくや雨蛙
  176. 沈みゆく舟音速し五月雨
  177. 落雷や頭の螺子のひとつ飛ぶ
  178. 敷居踏む心安さよ夏来る
  179. 痩せぎすの身を横たふるすゞみ哉
  180. 蜘蛛の囲のわが家は知らず何世帯
  181. 蜜豆や甘味の女王名乗りでる
  182. 白壁の赤きに立つや雲の峰
  183. 峯雲や胸苦しさに覚むる夜
  184. 少年の日々徒にして此の納涼
  185. 小男の背追越して雲の峰
  186. 夏雲に酔うてや薬のみ外す
  187. 青嵐に髪押さへたるをみな哉
  188. 人の波抜けて命の納涼せん
  189. 美少女の絵もなつかしきうちは哉
  190. 短夜や人魚かほだす水の上
  191. 球場やいつかの夏を春の草
  192. 几董死して天明の花枯れにけり
  193. とかくしてかれずの泉涸れにけり
  194. 万緑や銅像朽つる池の中
  195. 蛙の声愈々高し雲の峰
  196. 【閲覧注意】食事中の閲覧を推奨しない
  197. ほとゝぎす聞きはづさうや地獄耳
  198. がゞんぼを逃がす手つきや都風
  199. 椋鳥の眉集むるや蝉の殻
  200. 三色の団や風を染め分ける
  201. 廃れたるバス停見れば夏の花
  202. 挨拶もそこそこに行く夏野かな
  203. 川の字に寝る家いづれ銀漢
  204. 月清し蝸牛の跡も天の川
  205. ハンカチも薄き桜や花の雨
  206. 日傘女盛りを逃さじと
  207. 鏡なす湖は近江の暑さかな
  208. 隣との距離喜ばん閑古鳥
  209. 腕にさす光の帯や夏心
  210. 風薫るとなりはをみなゝりけらし
  211. 先生と呼ぶ声消えて青嵐
  212. 詩の神も見ずや浮世の夏ごろも
  213. 夏痩の肋浮き出る痛さかな
  214. 我死すと聞くこがらしの噂かな
  215. 竹藪や聊か暗き蝉の声
  216. 竹の葉のふりつむ藪やしづ心
  217. すゞしさや夕星ひかる杉の嵐
  218. 蝶々や少女戯るゝ山清水
  219. 空梅雨や予言者出づる辻の上
  220. 涼しさに横断歩道渡りけり
  221. 浅ましさ翅の折れて飛ばぬ蝿
  222. 声優の卵も茹だる暑さかな
  223. カアテンの向かふ涼しや常夜燈
  224. 短夜やぬりかべ立てる枕元
  225. 菊活けて好々爺たる翁かな
  226. けさの秋落葉のてがみ届きけり
  227. 秋風や故郷をなくす人の上
  228. 麗しの名前聞かせよ草の花
  229. 逝く夏の硝子にうつる団かな
  230. 漫画家の心得顔や夏の空
  231. 白ゆりの香に更け足らぬ短夜かな
  232. 翳を得て誰待つやらん夏木立
  233. 桜桃忌その後忌日なくもがな
  234. 壁にもたれ逝く夏送る女かな
  235. 朝寒のふるさと見たし鳩の声
  236. 掛け軸をつる日や部屋を更衣
  237. 新涼既に金木犀を待つ心
  238. 秋蝉や高校野球果てんとす
  239. 逝く夏や届けられざる懸想文
  240. 地には花天には星の秋来る
  241. をりがみを折る顔くらし五月闇
  242. 鶸の音の転がる空やそぞろ寒
  243. 語り得ぬことの多さよ更衣
  244. 更衣宗匠立机せずや君
  245. 【閲覧注意】虫
  246. ピアノ弾く御身絵に見る若葉かな
  247. 秋の朝人影見ゆる窓のうち
  248. 散る花ををしむやそれも恋のうち
  249. 秋めいて蝿しほらしくなりにけり
  250. 秋の日を百日白の光かな
  251. 野分果てし夜や星光る潦
  252. 月かけて香たちのぼる夜ふけかな
  253. 月や知るAB型の裏のなさ
  254. 音もなく蛾の翅ぬらす秋の雨
  255. 花の野やふところ手して歩くひと
  256. むささびや月のおもてに影走る
  257. 褌よりしたたる水や草のはな
  258. 星空をささへてたてる枯木かな
  259. たれうゑし株とも見えず曼珠沙華
  260. コスモスや鉄塔立てる畠の中
  261. 剃り捨つる思ひのたけやころもがへ
  262. 夜の星枯木にはなを咲かせけり
  263. うち群れてボールけりあふ日永かな
  264. うまうまとラスク喰らふや朝寒み
  265. 秋雨に目のまへ見えずなりけらし
  266. むかし誰棲みにし家ぞしのぶ草
  267. うづら鳴く里や水鶏をわすれ顔
  268. 春雨や小糸の目もとぬるるほど
  269. けふの日の暑さ偲ばん秋灯
  270. 春光や鸚哥のにほひ思はるる
  271. ほととぎす短き春の夢醒めつ
  272. 秋雨や拉麺喰ふと腕まくり
  273. 大将のしのび音に泣くしぐれかな
  274. 霧雨や港の広き駐車場
  275. 夢の世に見つけて嬉し花紫苑
  276. 藤棚に灯ともす秋の夕べかな
  277. 弱りゆく身に瞬くや冬の星
  278. 美人とは口の附きたる花ならん
  279. 花曇り胃痛をかこつ人は誰
  280. いつのまに人声絶えて秋灯し
  281. 剣聖のかほ吹く風や浜の秋
  282. わりきれぬ美しさもやのちの月
  283. 明月や地にあるときは鳥の糞
  284. 遠くよりものの声する小春かな
  285. 梅活けて唐猫かはん冬ごもり
  286. 室咲きの梅見はやさん雪ぐもり
  287. 吹く風は西か東か小六月
  288. 秋の情木々の梢に上りけり
  289. 自転車のミラーにまぶし秋日影
  290. 珈琲にいとど寝られぬ夜長かな
  291. 花ちるや名もなき蝶の片羽舞ふ
  292. 闘鶏や固唾のみこむ水の音
  293. 寒からん火の気も見えぬ庵の主
  294. 秋風や無数の紙を空に吹く
  295. 名月や少女にまさる美少年
  296. 紅葉ちるや寝るこのそばを通るとき
  297. 若人の狼藉もなし冬隣
  298. ふくらますコートの裾や女風
  299. 虚子去りて後なにもなき枯野かな
  300. ハンカチをのぞかす胸や色男
  301. 踏みつぶす靴のかかとや冬の虹
  302. 年寄れば奇跡もまたず年の暮
  303. 烏黒くいちやうもみぢの黄をうばふ
  304. のどかさに猫も鳴かざる昼間かな
  305. いざ祝へ枯木も山のにぎやかし
  306. 月の夜に邪悪なひともなかりけり
  307. 来てみればさくら紅葉や崇禅寺
  308. うつり込むかはゆき顔や桃の花
  309. 茶の花に酔ふねこやある昼の月
  310. シヤム猫の人待ちがほや月のした
  311. 秋灯し遠き家路をつづきけり
  312. 芭蕉忌や何を泣き出すしぐれ雲
  313. 人心のとかく冷えこむ寒さかな
  314. 一城の主と思へど寒さかな
  315. 霜の声睡れぬ夜の夜伽かな
  316. 鳩を追ふ人も見ゆるや小六月
  317. 深爪を抱いてねむる霜夜かな
  318. スカートを寒しともせぬ子どもかな
  319. 襟巻きに髪を抱きこむ女かな
  320. 凩やいちやう乱るる交叉点
  321. 柿なるや薬師の顔の青むころ
  322. 小春日や眉間のつかれゆるびゆく
  323. 小春日や地下鉄ちかにもぐりゆく
  324. 川づらにゆるる屋影や小春凪
  325. 俤やちらほらとたつ雪のなか
  326. 寝て覚めて一夜に老ゆる霜夜かな
  327. 寒空や弟のめをといま如何に
  328. 山茶花や詩句を案ずる窓の際
  329. 紫苑咲いて風むらさきに見ゆるかな
  330. 雲低れて息微かなり山眠る