なるこレプシー

作者 キムラヤスヒロ

フォロー 1話目から読む

わたしは他人の目を見ることができない。この眼鏡がなければ。 キムラヤスヒロ

「裸眼で他人の目を見ると、その相手は眠ってしまう」という少し不思議な力を持った少女、千明(ちぎら)なるこ。だが、ともすれば世の中を操ることもできてしまいそうなそんな力を持っているにもかかわらず、世の中は意外にもなるこに注目することもなく、彼女はごく普通の日常生活を送っていた。
しかし、高校二年生の新学期の初日、なるこの前に一人の美少女、百々ノ津茉莉(とどのつまり)が現れる。彼女はなるこを「オリジナル」だと言う。彼女は何者なのか? そして、彼女がなるこに告げた「二十四の瞳」、それに深く関わっているとされるある男の存在、そして「眠り姫」の物語にまつわる「石」とは―?
日常系SF眼鏡っ子ライトノベル、ここに開幕!
(第7回京都アニメーション大賞小説部門応募作)

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

レビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?

小説情報

なるこレプシー

@fdrbdr
執筆状況
完結済
エピソード
15話
種類
オリジナル小説
ジャンル
SF
タグ
ライトノベル 学園 眼鏡 美少女
総文字数
71,427文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
0人
応援コメント
0件
小説フォロー数
4

アクセス数