Rehearts

作者 If

28

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ファンタジー作品を書こうと思うと、どのような冒険譚にするか、はたまた英雄譚にするのかを考えるし、読者側に回ってもそれと同様なモノを作者に期待してしまうだろう。

でもこの作品を一読して気付くのは、描かれた世界に住む人間達の『骨太な群像』だということだ。主人公は記憶を失っているというハンデから始まり、出会う者出会う者一人一人には目に見えない重い枷がかけられている。

それを一つ一つゆっくりと解き明かしながら物語は進んでいく。その重厚さは似たようなテーマで簡単に英雄になるようなストーリーでは到底味わう事ができないテイストと言えるだろう。

この物語に登場するのは、どんな人物も『強い』。その『強さ』が今後どのように物語を形作っていくのか興味が尽きない作品である。


※文語体で表現したくなる作品です。ご一読あれ!

★★★ Excellent!!!

これは読書ではなく「体験」です。そう語りたくなるほどに、小説として、物語として、そしてファンタジーとしての完成度が非常に高い作品です。
ちょっと最初だけ読んでみようかな、なんてページを開いてみると、あっというまにお話の世界に引き込まれて、やっぱりファンタジーってすてきだな、小説っておもしろいな、という気持ちになることと思います。

物語のなかへ飛び込むと、そこには記憶喪失の主人公・ランテ、罪人として軍に追われる謎多き美女・ルノア、仲間のために無茶をしてばかりの気のいい青年・セトをはじめとした魅力的なひとびとが、細やかに描かれる世界のなかで、たしかに生きています。
なにやら違和感のある歴史や、軍による策略、目を背けたくなるようなひどい仕打ち、そして冒頭に記されただれかの哀しい告白。つらく苦しい局面に立ち向かい、真実を知るために奮闘する主人公たちを見守るうちに、読者である私まで、彼らとともに生きている感覚を強くおぼえます。
もちろん、哀しいことばかりではありません。作品の世界は壮大で、そして多彩です。こんなことをしてみたい、あんなところに行ってみたい、あれって一体どういうものなのだろう、あのひとはとてもやさしかったなあ……こころ動かされ、感じることが、きっとたくさんあることと思います。

すてきな物語を読むと、ずっと大切にとっておいて、好きなときに何度も読み返して、そしてだれかに感動を語りたくなりませんか?
ぜひ多くのかたに、この胸躍る体験をしていただけますように。

★★★ Excellent!!!


冒頭の掴みが素晴らしいです。

物語は誰かの独白から始まるのですが、その言葉一つ一つから予想される悲劇であったり、後悔であったり、様々な過去を想像出来る訳です。

そして主人公が記憶喪失ながら時折達人の身のこなしを見せる事、恐らく彼を知っているであろう人物に会う事、二つの勢力で争う世界──ストーリーに現れるあらゆる要素に冒頭の伏線が含まれているのではないかという期待感があり、続きが気になってしまうのです。

『 あなたにもう一度逢いたいだけなのかもしれません。』

そう言ったのは一体、この物語の誰の切望だったのでしょう……。