世界を動かすものは、ほかならぬ百合である。

作者 虚仮橋陣屋(こけばしじんや)