眠り姫JKは目覚めを待つ

作者 無月弟

131

45人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

難病のために14年間コールドスリープしていたヒロインの棘は、見た目は16歳、戸籍上は三十路という、わけあり女子高生。すっかり変わってしまった世の中にも家族にもなじめず、孤独感に苛まれる中でひとりのイケメン同級生と出会い……。

重いテーマとさわやかなラブストーリーを絶妙なバランス感覚で描ききっています。ラストまで読んだ時、タイトルの真の意味に気づいてふるえました。

最初はのぞき見感覚でもいいでしょう。文章も読みやすいので気負う必要もありません。ぜひ、眠り姫と王子様の物語を、その手でひもといてみてください。

★★★ Excellent!!!

主人公の龍宮棘はJKである。
ただのJKではない。難病のために治療法が確立されるまでの14年間コールドスリープ処置を施され、つい最近になって目覚めた、肉体年齢は16歳、戸籍上は三十路のJKである。

というユニークな設定が持ち味の恋愛小説です。
コールドスリープというガジェットは主にSF作品で活用されるものですが、こちらはあくまでも現代日本(というと冷凍睡眠技術が存在する以上語弊はあるかもしれませんが)を舞台とした恋愛小説なわけで、珍しいパターンと言えるのではないでしょうか。

目覚めたときには世の中は様変わりしていて、すっかり浦島太郎状態の棘。世代の異なるクラスメイトにうまく溶け込めないばかりか、眠っている間に両親は離婚、新しい母親とともに弟まで出来ている始末。
孤独に苛まれる中でイケメン同級生・桐生輝明に手を差し伸べられた棘は、彼と交流しながらお互いに想いを深め合っていくのですが……。

終盤まで読んだとき、タイトルの本当の意味が明らかになります。

★★★ Excellent!!!

コールドスリープしていた女子高生が現代で目覚めてからこのお話は始まります。

タイムワープ状態の眠り姫には、現実は素敵なことばかりではありません。

でもそこに一人の男子が現れます。彼によって彼女の世界は変わっていきそして…。

近い未来に起こりそうなSF設定と普遍的な青春小説を組み合わせたラブストーリー。

ぜひあなたもこの物語でキュンとしてウルウルしてください!

★★★ Excellent!!!

これは難病の治療法が見つかるまでコールドスリープして、病気が治って元気になる未来を夢見る物語――

なのですが、一筋縄ではいかないのが現実。
主人公の棘はコールドスリープして病気が完治したのはいいけれど、眠っている間に世界が一変していた事に戸惑い、孤独感を募らせていた。

そんな時に声をかけてきたのが同級生だという桐生輝明。最初は接し方がわからなかった棘だったが、グイグイ近づいてくる彼に閉ざしていた心が徐々に開いていく。

長い間眠っていた間に色々な事が変わっていた、という事実を知って戸惑う心情や、自分一人だけが置いていかれてしまったという孤独を丁寧な文章で書かれていてとても読みやすいです。

たくさんの辛い出来事や自分の置かれた状況を乗り越えた先にあるのは、きっと幸せな未来であると信じて。

眠り姫は目覚める為に夢を見る――

★★★ Excellent!!!

難病の治療のため、コールドスリープをしていた棘。
彼女は目覚めると、世界は未来になっていて、まるでタイムスリップをしたかのようでした。

周囲とのギャップに悩み、高校生活もうまくいかない。さらに両親は離婚していて、好きだった母親とは離ればなれになり、新しい家族まで増えていた。

そんな棘の前に現れたのが、学校でも人気者の輝明。
棘は彼に手を引かれ、徐々に明るい場所へ連れられていきます。

ストーリーが進むにつれて、少しずつ明らかになっていく真相は、驚きだけではなく、不安や動揺をも運んできます。
それでもきっと、二人なら乗り越えられる。そんな確信を抱いてしまうような、終盤での棘と輝明の姿が、とても眩しく映りました。

★★★ Excellent!!!

コールドスリープという、ちょっとSF要素が効いたラブストーリー。

ヒロインの棘は難病によってコールドスリープしたのですが、目が覚めたら大きく変わった世界に取り残され、一人孤独な思いを抱える日々。

そんな彼女に近付いてきたのが、同級生の桐生くん。

まずね、この桐生くんが素敵すぎるのですよ!
頑なに心を閉ざす棘に物怖じせず、グイグイ迫ってくる様はイケメン・オブ・イケメン!!

ちょっと棘、羨ましいぞ代わってくれと何度思ったことか。

この桐生くんにペースを乱されながらも、棘は彼のおかげで『今の世界』での喜びを感じるようになり、生きる幸せを取り戻し始めるのです。

ところが、振り回され系女子と我が道系イケメンによる王道のキュンキュンばかりではありません。

この物語には、更に深い秘密が隠されており、ラストでは涙涙の感動が待ち受けています。

読み終えた後、もう一度タイトルを見返してみてください。
ほろ苦くも甘い余韻が、胸を打つことでしょう。

★★★ Excellent!!!

本人にとっては、ただ寝て起きただけ。
しかし同級生は自分よりはるかに年上になり、行きつけだったお店はなくなり、流行は移り変わり、さらには家族までもが変わってしまっていた。
作中にもありますが、それはさながら竜宮城へ行ってしまった浦島太郎のような心境なのでしょう。
そんな主人公・棘の心を想えば、年齢など関係なしに、不安定な精神状態に陥ってしまっても無理もないかもしれません。
手元に玉手箱があったなら、中身がどんなものかを知っていながら、開けてしまうかもしれません。

けれど、長い眠りについたからこそ、結ばれた縁もある。
現実にコールドスリープの実用化が成された暁にも、このような作品の存在が当事者たちに勇気を与え、未来へ希望を抱く助けとなるに違いない。私はそう信じて止みません。
希望はあるのです。生ある限り。

眠る側と、待つ側。双方を経験した棘が、どのような形で彼との再会を果たすのか。
彼女らの希望に満ち溢れた未来へと、今はただ胸を踊らせるばかりです。

★★★ Excellent!!!

14年間のコールドスリープから目覚めた主人公は、周囲のあまりの変化に戸惑っていた。

友人は大人になり、社会も大きく変わり、そして家族のかたちまで変わっていて。

そんな彼女を支えてくれたのは、同じ高校の男の子。
けれどその男の子は――。

コールドスリープという題材の面白さに加えて、一人のJKの様々な人間関係に踏み込んだ作品です。とはいえキャラクターの明るさゆえか、ストーリーが重くなりすぎないところも魅力。

ぜひこの少し変わった眠り姫と王子の物語をご堪能あれ。

★★★ Excellent!!!

恋愛を語る上で欠かせないものは一緒に過ごす時間と、好きな人を待ち続ける時間だろう。
どちらの時間も愛おしく、二人の関係を強くさせる。
この小説はそんな時間を美しく描き切っていて、最初から最後まで胸が締め付けられた。
コールドスリープがここまで切なさと幸せを呼ぶものになるとは思いもよらなかった。
作品情報を見て迷っている方は、ぜひとも読んでもらいたい。
棘と桐生君が高校生だったからこそ描けたであろう恋愛は、羨ましいほど爽やかさで満ち溢れているのだから。

★★★ Excellent!!!

特殊な設定の物語って、別にこの設定じゃなくてもよくない?っていう感じになってしまうことも多いかと思います。
ですが、本作で私が強く思ったのが、とにかく設定を使いこなしていて上手い!ってことでした。
その特殊な設定ならではの家庭環境、悩み、葛藤。
その描き方がすごく上手いです。
恋愛要素の部分においても、偶然や運命なんてあいまいなものではなく、その出会いも含めて、とにかく設定を上手く活かしています。
だからこそ主人公の悩みや葛藤、感情の流れが自然で、私にはそんな経験なんてないのに、すごく共感できました。
つい、応援コメントにも力を入れてしまう始末。。。
設定を上手く活かしているから、物語のどの出来事も流れに無理やり感が一切なく、最後まで感情移入できました。
とてもよくできたお話だと思いました。

★★★ Excellent!!!

コールドスリープってSF映画とかでたまに見ますが、
「結局映画の中のものでしょ?」と現実味を感じない人も多いかと思います。
しかし、技術の進歩が著しい現代、
「医療用コールドスリープ」という形で私たちが生きている間に実用化される可能性は十分あると私は思います。

この作品では医療用コールドスリープが実用化され、施術された人間がどのような問題に直面するか、目覚めた後どのように現実と向き合っていくかが、女主人公のラブコメ(女主人公なのでジャンルは恋愛)という読みやすくてシリアスになり過ぎない文体で描かれています。
もしかするといつか本当に訪れるかもしれない未来、
軽い気持ちでちょっと覗いてみませんか?

★★★ Excellent!!!

ヒロインの龍宮棘(たつみや・いばら)は、医療用コールドスリープで14年間の眠りについていた、見た目16歳、戸籍年齢30歳の女子高生。眠っている間に友達は大人になり、親は離婚・再婚。家族も変わっている。学校にも家にも馴染めず、夜の街をさまよっていた棘は、同じ学校に通うイケメン御曹司、桐生輝明と出会う。一見、完璧な彼も、じつは問題を抱えていて。ワケアリな2人は次第に惹かれ合っていく——。

これぞラブコメ、というお手本のような作品だと思います。

コールドスリープした結果起こることが本当によく考えられていて、それが物語のシリアスな面を支えていく。それでいて、コメディの基本線は崩さない。話が重くなりすぎる前にスッと笑いに戻す。そのバランスが絶妙で、ずっと楽しく読めました。

また、ガラの悪い連中からの救出、壁ドン、クラスメイトたちが見ている前でのエスケープ……など、女子のヒロイン願望を満たすポイントが、かゆいところに手が届くように押さえられていて、少女漫画の原作としても人気が出そう、と感じました。

孤独を抱え、心にトゲを出していた棘が、桐生君の愛に触れて素直になっていく。それによって、家族の問題も少しずつ解決に向かっていく。その展開が温かい。

笑えて泣けてキュンとする。オススメの王道ラブコメです。

★★★ Excellent!!!

 そんなお伽噺のような夢を、何度も思い描いてみたことがありました。けれど、そのどれもが自分の理想で都合のいいものばかり。もしも目醒めて、自分の理想と大きくかけ離れた現実が待っていたとしたら、素直に受け入れられる人はどのくらいいるのでしょうか。

 この物語の主人公である棘は、その理想と現実のギャップに戸惑い混乱をしていました。病気の治療のため十四年もの間眠りについていた彼女が、永い眠りから目醒め目の当たりにしたもの。それは、時の流れとともに変化した環境と、人々の感情でした。

「コールドスリープ」という人工冬眠を経験した棘は、物珍しさから周りに敬遠され浮いた存在となってしまいます。その影響は、彼女の家庭環境にも及んでいました。
 居場所がなく荒れていた棘は、ある日同級生の桐生君という少年に出会います。彼と打ち解けることで、棘の心は救われ、いつしか特別な感情が芽生え始めていく…。ですが、実は桐生君にも、人には言えない大きな秘密があったのです。

 特別な経験をした、主人公の視点で進むこの物語。難しい題材にも関わらず、主人公の苦難や葛藤の描写には思わず感情移入をしてしまう程、人間味の豊かさを感じられます。相手を受け入れ、そして支え合う。その言葉の本当の意味が、キャラクターを通じてひしひしと伝わってきました。人を思いやる事がどういうことなのか、深く考えさせられる作品となっているのではないでしょうか。

 甘酸っぱい恋愛ものだけでは物足りない!そんな方にぜひ読んでいただきたい、心温まるストーリーとなっています。拝読の際は、ぜひハンカチのご準備をお勧めします。

★★★ Excellent!!!

個人的には次のブームになればいいと思うコールドスリープもの!
この作品は本当に未来にありそうな高校生たちの恋物語です。
眠らなければおそらくは出会えなかった二人が出会い、コールドスリープによって変化した主人公の現実に向き合い、傷つきつつも前に進んでいく姿、そしてゆっくり進む優しい恋は必見です。
えっそんな!……な展開もあり、どんなドラマがありどんなラストを迎えるのか、それは読んだあなたにしかわからない!!
どうぞご一読を!!

★★★ Excellent!!!

この物語はコールドスリープと『眠れる森の美女(またの名をいばら姫)』を掛けまして、主人公棘ちゃんは、病気を治すため、十五年ほどたってコールドスリープから目を醒まし、高校生活に入るのですが……。

実母いません。父親再婚してます。腹違いの弟います。
と言った感じで、彼女にとっては突如環境が変化してしまいました。
おまけに友人たちは子どもも生まれた大人ばかりで、彼女にとっては一人ぼっちになったようなものです。
そんな感じで繁華街の夜に出かけるも、根が真面目なので大したグレ方はしません……が、危険な目に遭うのが冒頭です。

彼女は病気になっても支えてくれた親に反抗するわ、いつも気にかけてくれる義母には悪態つくわ、仲良くなりたがっている弟にはそっけなくするわで、一概に「いい子」というわけではありません。
まず、もう「高校生」なので、「子」じゃないですね。でも、そんな彼女にも、ヒーローが現れます。

泣いて喚いて、ボケてつっこんで、後ろ向きになりそうでも前向きになって。そんな棘が、どのように過ごしていくのか。

この物語は家族のハートフルストーリーであり、キュンキュンする青春恋愛であり、そして、伏線がいくつも張り巡らせています。その伏線の回収の仕方に、すごい、の一言です。
悲しい涙ではなく、あたたかいホロホロとした熱の涙。是非ご一読ください!

★★★ Excellent!!!

病気を治すため、コールドスリープした女子高生。
時が経ち、目覚めてみると。
親しかった友人たちは大人になってしまうし、待っていてくれると思っていた家族にも変化があって……

グレちまうんです、主人公。
夜の町に繰り出すわけです。でも……危険です、そんなことしちゃ。
しかし、そこで現れた救いのヒーロー。
助けてくれてありがとう。……が、なんかチャラいんですけど。

コミカルな展開に、読みやすい文章。
この作品を読んでいると、少女漫画が読みたくなってきました。
いじわるだけどなんだかんだでカッコイイ男の子に、自分に自信がなく迷いがちな割に、意外なところで大胆だったりする女の子。

面白い、でもそれだけじゃない。
「泣ける」話なのです。

でも、ただ悲しいだけでは終わらない力強さがある作品です。
コールドスリープ。そこには眠る人と目覚めを待つ人がいる。
感動的なラストが印象的な、爽やかな恋愛青春ものです。

★★★ Excellent!!!

実は読みながら妙に思っていたことがありました。
主人公の「眠り姫JK」こと棘はとっくにコールドスリープから目醒めている。それなのになぜ、作品タイトルに「目醒めを待つ」という文言があるのだろう…と。
ですが、読んでいるうちに納得できました。これ以上ふさわしいタイトルはないのだと。
切ないはずなのに、再び出会える日を待ち続けるという幸せと希望に満ちた明るいお話でした。

★★★ Excellent!!!

コールドスリープを扱った作品ですが。

SFではなく、『恋愛』です。

コールドスリープと聞いたらなんとなく、「宇宙船の中」で「集団」で眠り、「起床は一斉」に行われるイメージだったんです。
少なくとも私は。
(そして謎めく異生体と戦う、とか……)

だけど。
ここで扱われるコールドスリープは、「医療用」。
治療を必要とする個人のみに適応されるため、「睡眠」も「目覚め」も、たったひとりなのです。

そうなると、どうなるか。

目が覚めると、周囲の同級生は、みんな「年上」になってしまう。
自分だけが、昔の姿のまま、戸籍上の年齢だけが時と共に進んでいる。

このお話は、それにまつわる、恋愛模様を描いた物語です。

意外な切り口だなぁ、と思って拝読し続けたのですが。
読後感はさわやか。
綺麗な希望がきらきらと輝く物語です。
ぜひ、ご一読を。

★★★ Excellent!!!

コールドスリープという題材を想像力豊かに描き切った作品です。

長い年月眠っていた主人公の心理描写はもちろんですが、個人的には、眠っていた間に変化した家庭環境にも関心を抱きました。

そして、愛する人が長い眠りにつく悲哀にも心を動かされました。
悲哀などと言ってはいけないのかもしれません。
未来の希望のためにコールドスリープするのですから。
ですが、何年も待ち続ける主人公のことを思うと、やはり切なさが募ります。

とはいえ、二人の愛は確かなものなのだから。
きっと待ち続ける時間もまた愛を育みますよね。
切なさの先にある明るい未来を感じさせる、爽やかな作品でした。




★★★ Excellent!!!

大好きな家族や友人、恋人がコールドスリープを受けることになったらあなたは信じて待てますか?
現医療では治療不可能な病の治療薬が開発されるまで眠りにつき、病気を克服するためにコールドスリープを受けるという方法が医療技術として確立されている社会の話です。
主人公はコールドスリープから目覚めたばかりの少女『棘』です。その名の通り始めは彼女とっても刺々しいです。コールドスリープによって変わってしまった家庭環境や学校生活に対応しきれず心が荒んでいました。
しかし、一人の少年桐生と出会い、彼女の心や取り巻く状況は次第に変化していきます。

ラブストーリーなのですがその他の部分でも色々考えさせられました。
もしも目覚めることがなかったらという恐怖や取り巻く環境の変化へ対応できるかという不安、これを乗り越えて受けなければならないという事を読む者に訴えかけてくる作品です。

身近な人がコールドスリープについた時あなたはその人の目覚めを信じて待つことが出来ますか?

★★★ Excellent!!!

遊び慣れていないのに、とある事情から、夜の街をさまよう女子高生の棘。
からまれた彼女を颯爽と助ける同じ高校の桐生……。

と、思わず胸がときめくシチュエーションから始まる物語。

棘の複雑な事情や胸の内、桐生くんをはじめとした周りの人々とのやりとりが丁寧に描かれた良作です。

読み進めるうちに、棘ちゃんの幸せを願ってしまうこと間違いなしです!

切なく、そして最後には胸がほっこりとなる素敵な物語、ぜひ味わってください!

★★★ Excellent!!!

読了後のレビューです。

物語を拝読させて頂きながら考えていたのは、家族との繋がりや友達と過ごす何気ないひと時についてです。
1日、一週間、一か月と離れただけで、その繋がりやひと時に距離感や気まずさが生まれていくと思うのですが、それが10年以上も過ぎてしまうと、どれだけの距離感や気まずさなのか。

自分に置き換えてみると、それは深い絶望かもしれないし、新しい自分として生きていこうとするひとつの再出発かもしれません。

物語の中で描かれる葛藤や心の動きに、拝読する誰もが時には笑いながら共感することと思います。

そして、主人公に訪れる新たな長い時。


色々と考えさせられながらも、物悲しく温かい読後感。


素敵な物語をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

この作品、カクヨム×魔法のiらんどコンテストの応募作品なのですけれど、
あらすじを読んで、えっ?って思って、
1話を読んで、その世界に入りこみ、
素敵な彼にキュンキュン。
どうしましょう。
せつない話だと思っていたのに、
胸のトキメキがとまりません。

ええ、きっとせつないのです。
泣ける話なので、涙することになるでしょう。

まだ、2話までしか読んでいないので
わかりませんが、
きっと……。

悲しい話はつらいのですが、
それでも、個性があるというか、なんというか、
読ませてしまう作品だと感じました。

ドキドキしながら、読ませていただきます!!