涼国賢妃伝 ~路傍の花でも、花は花~

作者 結城かおる

煌びやかな後宮と蠢く陰謀、恋も友情も全部入って絶対に外さない少女小説!

  • ★★★ Excellent!!!

期待した通りの、予想を全く裏切らない素敵な物語でした。
負けん気の強い女の子を主人公に据えて、主人となった心優しい王妃さまへの奉公を通じての成長譚と成功譚を主軸に、王妃さまの失脚を目論む後宮の暗部との戦い、口うるさい優等生や宦官の少年たち、似た境遇の同期などの友人たちとの友情、さらには不器用な武官との淡い恋物語や王の寵愛に到るまで、すべてをしっかりと描きつくした歴史風少女小説です。

傍若無人だったヒロインの鈴玉さんが王妃さまとの出会いを通じて成長して、やがて大きな陰謀に巻き込まれて危機に陥り、そして……、という王道の展開に、個性豊かな登場人物たちが鮮やかな色合いを添えていました。
窮地にも挫けない鈴玉さんや思わぬ強さや美しさを見せる王妃の林氏さん、そして口うるさい香菱さんの優しさだけでなく、悲しい運命を背負った鸚哥さんが示した友情や、最後まで分かり合えない宿敵の伯仁さんの揺るがぬ意志に到るまで、どの登場人物も愛おしいです。

絶対に外さない全部入り歴史風少女小説。少女小説がお好きな方は是非是非読んでみてくださいませ。最後のシーンを読み終えたとき、一陣の風を感じるはずです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

望月結友さんの他のおすすめレビュー 48