Балансеры -バランサーズ-

作者 RAY

106

38人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この世にはいろんなエキスパートがいるとは思いますが、RAY様は

「人の感覚を掴み取る」エキスパート。

人の感覚の「どこを」「なにを」「いつ」「どのように」

揺さぶれば、くすぐれば、伝えれば――。

人が楽しむか、喜ぶか、感動するか。

そのすべてを熟知しておられます。

そんな方の作品に僕のような素人があーだ、こーだ、いうのは野暮というもの。

僕達読者は、RAYさまの手の上で踊り、感覚世界線の上で導かれればいい。

そう思いました。

★★★ Excellent!!!

「幾つもの流れが寄り添いあって、やがて大河を生み出す」
この物語の魅力をお話しようとして浮かんだのは、そんな言葉でした。
東西冷戦中のロシアと現在のアメリカという異なる時代と場所で活躍するふたりの天才、そして日本に暮らすひとりの少女、同時に進行していく登場人物たちの物語は遠く隔たっていますが、いつしかバランサー・プロジェクトという人類の新たなパラダイムへ向かって流れはじめます。

何より素晴らしいのは、同時に進んでいく幾つもの物語やバランサー・プロジェクトに至る経緯を、するりと抵抗なく読ませてくれる作者さまの筆力だと感じました。
読み進める従って繋がりが明らかになっていくそれぞれの物語を、楽しみながら追っているうちに、人としてとても優しいふたりの天才の出会いが導き出す、バランサー・プロジェクトに辿り着かせてくれるのですから。

未来を思い描く胸の高まりが詰まった作品です。
SFが好きな方は勿論、大切な人を思う気持ちを描いた物語が好きな方にもおすすめできます。

★★★ Excellent!!!

バラバラだったパズルのピースが、どんどんはまっていく感覚。
はじめは様々なエピソードが提示され(どれも魅力的!)、やがて一つの壮大なストーリーが浮かび上がって来ます。
登場人物たちの抱く切実な思いや、容赦のない過去の描写などもあいまって、目が離せません。

★★★ Excellent!!!

 病気の妹を救いたい一心で医学の道に進んだ兄。
 天才と呼ばれる彼が探している人物は。そして背後に浮かぶ壮大な世界は――。

 医学が絡んだ硬質なSFでありながら、リアリティのある描写や構成が読みやすく、すっと作品の世界に入り込めます。

 魅力的な登場人物達の抱く、様々な熱い思い。そして思いが絡み合うさま、すれ違うさま、ひとつひとつが胸に迫るのです。

 現在、29話まで拝読しました。
 物語は今、大きなうねりが迫ってきて、加速がついてきています。
 更新を待ち構える毎日が、楽しくてしかたありません。

★★★ Excellent!!!

物語は、壮大に始まります。

能力とか出て来ます。

病気には、辛いなと思います。

兄の哀しいシーンには、涙しました。

人と人との繋がりがみえて、よいお物語です。

ぜひ、ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

39話まで来ました。
ここまでの数話で話が大きく進展し、どんどん面白くなってきています。作者がどうやってこんなストーリーを思いついたのか、気になります。
これから読む人は、39話までは頑張って欲しいなと思います。

----------

壮大な物語になりそうで楽しみ(第26話まで読んでのレビュー):
26話まで来て、話が繋がりつつあり面白くなってきています。じっくり本格的な小説を読みたい人にオススメ!

---------------
前回レビュー(22話まで)
(☆1つなのは、まだ物語の全貌が見えず、SF色もさほど感じられないからです。読了したらおそらく、☆を追加することでしょう)

一部、二部、三部と、異なる人物を中心に物語が進みます。
著者の筆致は、この先どんなドラマチックな展開が待っているのだろう…物語の全貌がわかった時にはさぞすごいことに…と期待を抱かせます。
緻密でスケールの大きな物語が好きな人は、特に楽しめるのでは、と思います。

今の段階で好きなキャラは、大河内健吾です。冬夜との関係がどのように変化していくのか、見守ります。

★★★ Excellent!!!

最初 小学生にしては出来過ぎではと思ったが 作者の変化球の兆しを見つけてすでにしてやられそうに。

タイトルの意味は全く分からず、世界観も朧げに記されているが理解しがたい世界こそがSFというものでしょう。

★★は評価というよりはまた来ますの栞です。最後まで読み通した時には★が増えていることは保証します。
その時はレビュー書き換えて御礼にしたいと思います😊

妹に余計な負担をかけさせたくない。
第1節終了ですが、キャラクターもわかりやすく 兄の優しさに心打たれますが、社会はそう甘くない。

でも彼ならやりきって欲しい。
応援したくなるSFの幕開けです。裡に秘めた人間愛などもきっと大きく変化して広い世界へ連れて行ってくれる気がしました。

★★★ Excellent!!!

壮大な舞台設定の中の世界観や美学はどれも気になるものばかりで、
じっくり浸るようにして読みたく思いました。
これから煮詰めてさらに深くなっていくであろう期待を込めて
★三つ付けさせていただきます。

★★★ Excellent!!!

思春期から大人に目まぐるしく変化してゆく映像

そして
家族と言う愛の縄が
どんな風に絡まってゆくのか

たおやかに
こころが成長して行ってくれる事を願ってしまう