テナ&プーヴァと厄介な客人

作者 宇部 松清

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全62話

更新

  1. あのテナが魔女としての一歩を踏み出してくれた。
  2. 客人No 1 後悔している男
  3. 1-1 北の森の魔女と白熊
  4. 1-2 プーヴァ、人間になる
  5. 1-3 猛吹雪の中の来客
  6. 1-4 客人のお悩み相談
  7. 1-終 めでたし、めでたし
  8. 客人No 2 見返りのために与える娘
  9. 2-1 プーヴァの留守中に
  10. 2-2 無礼な客はお断り
  11. 2-3 今度は娘が来た
  12. 2-4 客人のお悩み相談
  13. 2-5 めでたし、めでたし
  14. 2-終 魔女の『真実』
  15. イベントを楽しむというのは、どうにもくすぐったい感じがする。
  16. 客人No 3 聞きたくない言葉がある男
  17. 3-1 満月の夜の会話
  18. 3-2 風の弱い午後にやって来た客
  19. 3-3 客人のお悩み相談①
  20. 3-4 客人のお悩み相談② 
  21. 3-5 客人、薬を飲む
  22. 3-終 めでたし、めでたし
  23. 客人No 4 そんな彼女でも好きだった男
  24. 4-1 穏やかな日に来た不健康な男
  25. 4-2 プーヴァのポトフは絶品
  26. 4-3 客人のお悩み相談
  27. 4-4 彼女からの贈り物
  28. 4-5 めでたし、めでたし
  29. 4-終 夜の雪を眺めて
  30. 二人きりの生活にほんの少しの刺激を(それが劇薬じゃないことを祈りつつ)。
  31. 客人No 5 再びやって来た男
  32. 5-1 十七歳の魔女
  33. 5-2 ゴラゴラの街の吸血鬼
  34. 5-3 彼は平然と室内に入ってきた
  35. 5-4 男は語り始める
  36. 5-5 吸血鬼の苦悩
  37. 5-終 めでたし、めでたし
  38. 客人No 6 移動花売りの娘
  39. 6-1 ゴラゴラの街にて
  40. 6-2 プーヴァ、誘惑される
  41. 6-3 満月の晩にやって来た男
  42. 6-終 めでたし、めでたし
  43. 人間には色んな形の『好き』があるらしい。
  44. 客人No 7 白雪姫の娘
  45. 7-1 夜の2人
  46. 7-2 プーヴァ、慌てて人間になる
  47. 7-3 客人のお悩み相談
  48. 7-4 白雪姫は眠りにつく
  49. 7-5 めでたし、めでたし
  50. 7-終 彼女の王子様
  51. 客人No 8 美女と野獣の娘
  52. 8-1 初夏晴れにやって来た客人
  53. 8-2 客人のお悩み相談
  54. 8-3 嵐のような『美女』
  55. 8-終 めでたし、めでたし
  56. 小さな城の王様は従者がいることで成り立つ。
  57. 客人No 9 箱庭の息子と猫の母
  58. 9-1 プーヴァ、雪で遊ぶ
  59. 9-2 風のない午後に訪れた客人
  60. 9-3 客人のお悩み相談
  61. 9-4 猫になった客人
  62. 9-5 箱庭の息子、猫を見つける
  63. 9-6 彼女の『宝物』
  64. 9-終 めでたし、めでたし
  65. 魔女と白熊は、人間のことはわからない。
  66. 客人No 10 お揃いの女
  67. 10-1 穏やかな夕食
  68. 10-2 数ヶ月ぶりの客人
  69. 10-3 客人のお悩み相談
  70. 10-4 テナ、二十歳になる
  71. 10-5 『お揃い』になった女
  72. 10-6 『我が家』に帰る
  73. 10-終 めでたし、めでたし
  74. 厄介な客人は春風と共に。
  75. 客人No 11(終) 不躾な使いと齢五百歳の男
  76. 11-1 不躾な客人来たる
  77. 11-2 齢五百歳の婿殿
  78. 11-3 春の風と共に現れた男
  79. 11-4 齢五百歳の仙人の身の上話
  80. 11-終 めでたし、めでたし