夜勤

作者 友浦

237

83人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★ Very Good!!

――

 設定が分かりやすく非常に目を引き、世界の謎を追っていく構成がとても面白い作品です。
 キャラクターと世界構成のバランスが良く、暗い内容ながらパンクな雰囲気でとても馴染んでズイズイ読んで行けます。
 万人受けする作品の為、バトルものやSFが好きならどなたにでもオススメですた!
 設定資料集があるならみたいです。

★★★ Excellent!!!

――

手塚治虫の火の鳥「太陽編」を思わせる凄まじい格差社会を描いた作品。その世界の中でもがく登場人物達の生き様に惚れました。

冒頭から圧倒的な表現力と構成力でこの世界観を読者に理解させてくれる筆力にも圧倒されます。

また「夜勤」という、本作をたった二文字で表したそのものズバリのタイトルにもセンスを感じます。

★★★ Excellent!!!

――

夜に生まれたというだけで日光が毒となり、夜行性のモンスターと戦う宿命を背負わされる世界。もうこの設定だけで面白さが保証されたようなものだ。事実面白い。構成がしっかりしていてストーリーにメリハリがある。特にまひるによって真実が一気に明かされていくところが良かった。

★★★ Excellent!!!

――

少年と少女とカリスマとそれを支える愉快な仲間が熱い

「半分軍服半分巫女の委員長」が出てくる作品はこちらです

とか、レビューのタイトルにしたい言葉がいろいろとでてくるのですが、とにかく面白かった。

一見地味なタイトルですが、逆を言えば、こういったタイトルにそそられる人であれば、確実にハマりそう。そうでないとしても「異世界ではない、変わった世界観」で細かいことを考えずに一気読みしたい人であれば、間違いないです。

実は個人的に、佐伯さんたちのサイドストーリーとか、希望してます。

★★★ Excellent!!!

――

半分の30話まで拝読しての感想です。――導入部、これだけ読者を惹きつける展開はなかなかないと思いました。出産という必死さが加算されており、衝撃的でした。また、昼に生まれるか夜に生まれるかで人生が決まってしまう世界というのも良い意味で強烈でした。使っているお金が違うことや、暮らしぶりそのものが違っており、その対比が忠実に描けていて非常に興味深い。夜生まれである主人公が『何の為に生きる?』と疑問に思うのは、読者も同じことでしょう。それだけ夜生まれは国よって凄惨な待遇を受けているのです。物語の中盤ではヒロインである野々原まひるの謎が次々と判明、くわえて死獣という生命体の正体が掴めます。……日常描写はもちろん、戦闘描写も大変丁寧で、読み応えがあるご作品です。気になられた方はぜひ覗いてみてください。私が自信をもってオススメします。

★★★ Excellent!!!

――

出産から始まる鮮烈な幕開け、八九式小銃の重み、夜に跋扈する死獣。
息をもつかせぬ展開に引き込まれました。
ある種デスゲームのような雰囲気が漂う序盤ですが、
その後には緻密な日常が描写されます。

夜に生まれた者は夜しか活動できません。
学校へ行っても窓の向こうは真っ暗闇。帰宅すれば、夜明けとともにベッドに潜り込まなければなりません。
どこか不健全な生活は、夜生まれである「夜勤」の歪さを象徴しています。

夜勤は死獣に対する防衛手段でしかなく、一般的な労働による生産性を備えることが出来ません。
ゆえに夜勤と昼生まれの間には埋めがたい格差が存在します。
文化レベルで隔絶しているといっても過言ではありません。
「夜勤」という突拍子もないアイデアを、これらの緻密な設定が後押ししリアリティを醸し出していました。

こうした描写から描き出されるのは主人公の抱く憤りとやるせなさ。
それは死獣への憎しみよりも強く滲み、理不尽な世界への怒りが読者にさえ牙を剥きます。
死獣との戦闘や夜勤の格差社会への怨嗟、或いは若者の群像劇としての魅力も備えた本作ですが、何より印象的なのは、閉塞感への憤りと打破だと感じました。

キャラクターではなく、設定とストーリーに語らせる骨太な作品です。
是非ご一読を。

★★★ Excellent!!!

――

34話まで読了時点でのレビューです。

この物語は第1話目から衝撃です。
昼に生まれるか、夜に生まれるかで迎える日々は大きく変わってしまいます。

主人公の前に現れた謎の少女。
彼女の秘密が語る物語の背景と急展開…今後どのように物語が流れていくのか…、早く続きを知りたい気持ちと、結末を知ってしまう…読み終えてしまう寂しさの中でドキドキしていますが、自分が夜に生まれたのか昼に生まれたのかを考えだしたら、この物語の世界は他人事とは思えません。

私夜生まれだったらどうしよう…

★★★ Excellent!!!

――

同じ空間を共有しながら、格差社会や階級社会などというレベルではない、最早分断され二つの世界となった〈昼〉と〈夜〉。夜に生まれ兵役を課せられ〈死獣〉との戦いに明け暮れる若き主人公の鬱屈した視点から、そんな文字通り〈光〉と〈闇〉の世界のやるせない対比が、ある種の諦観を漂わせつつ描かれているのですが、その薄暗い雰囲気が堪らなくいいんです!

ロストテクノロジーの鍵を握る、とある少女との出会いを境に、主人公とその仲間たちは運命を大きく変えるような出来事に直面し、やがて事態は思わぬ方向へ転がっていくのですが、点在していた凡ての謎が一つの線で結ばれたときの衝撃たるや……! この瞬間を未読の方々にも是非味わってもらいたいですね。

因みに自分はずっと委員長推しでしたが、読み終えた今ではすっかり棟方推しであります。その理由は、是非とも最後まで読み進めていただきたく……。

★★★ Excellent!!!

――

出生した時間が昼か夜かで、人権もその後の人生も決められてしまう世界が舞台です。
夜生まれは制度上だけでなく、身体的にも太陽の下を歩めぬ運命なので、仕方がない部分もありますが、兵役で死獣という化物と戦わされ、命を危険に晒して生きるしかない。

それでも、人々の生活を脅かす化物との戦いや己の職務に誇りを持って生きる夜生まれたちは気高く美しいです。

が、彼らの決意を揺るがす事実が発覚し、夜生まれの少年少女たちは立ち上がる。

終盤の委員長の演説シーンがとにかくかっこいい。強く賢い女の子はそれだけで魅力的なものです。

そして、物語はある意味意外なラストを迎えます。

読みやすく、理不尽で不可思議な世界観に没頭できる良作です。

★★★ Excellent!!!

――

とにかく最初から最後まで面白い。
昼生まれと夜生まれの差異を端的に見せる冒頭から、夜勤と死獣とのぎりぎりの戦闘シーンへの流れは、悲壮感を感じさせつつひたすら格好いい。
もうこの時点で途中でやめるなんてできなくなりました。

設定が作り込んであり、語り口は説明的でなく、見せ方が非常に巧いです。
火薬の臭いまで漂ってきそうなリアリティがあります。
個人的にいいなと思ったのは、極限状態での戦闘の場面と、とても美味しそうな食事の場面との対比。
とても鮮やかに生と死というものが際立っていました。

夜に生まれたというだけで生き方を縛られる夜勤たち。
謎めいた少女。
ロストテクノロジー。
死獣の正体。
魅力的な要素が次々と登場して、気づいたらクライマックスへ。

どんなラストを迎えるのか終盤まで全く分かりませんでした。
主人公の一琉たちを待ち受ける結末を、ぜひ確かめてみて下さい。

★★★ Excellent!!!

――

産まれた時間が昼か夜かで、その後の人生が変わってしまう世界。
夜生まれの16歳・滝本一琉は、今日も「夜勤」として、街を襲う「死獣」と戦う。

夜生まれが昼の街で暮らせない理由がはっきり説明されており、その部分は疑問を持たずに読めます。
しかし、昼と夜とでは、文化も、通貨も、人命の価値さえも異なる。
昼の同世代が青春を謳歌しているのに、夜勤は命懸けで戦わねばならない理不尽。

今日は『「夜勤」』、今日は『逢魔が時』と、区切りのいい数話ずつ読み進めていましたが。
研究施設の謎が明かされる辺りから、最後まで一気読みでした。
委員長の演説はカッコいいですね。
日蝕の日のクライマックスシーン、ぜひとも映像で見たい。

★★★ Excellent!!!

――

 昼生まれと夜生まれの、格差を理不尽だと思いながらも、わたしは読んでいても違和感がありませんでした。もし、わたしがこの作品の世界で昼に生まれたら、夜生まれを人間扱いしないだろうと、空恐ろしく思いました。

 しっかり作りこまれている世界だからこそ、もしもと自分がと考えられるのだと思います。

 タイトルの夜勤という単語にも、いい労働環境をイメージする人は少ないと思いますが、この作品はもっと理不尽で過酷でした。

 一度読み出したら止まらなくなるほど、そんな過酷な環境に置かれている少年たちに魅せられます。

 なので、まだ読んでいない方は、時間に余裕のあるときに読むことをおすすめします!

★★★ Excellent!!!

――

生まれる時間で、生きる世界も、空間も、時間も、人権さえも変わってしまう時代。

夜に生まれた主人公は、国の所有物とされ、夜に現れる神出鬼没な『死獣』の討伐のために徴兵され、仲間とともに命をかけさせられる日々。

そんな当たり前に思っていた日常が、ある少女との出会いで変わり始める。


その細部まで丁寧に作りこまれた世界観は、違和感なく読み手をその世界へ引き込みます。思わず、日の光を恐ろしいものだと読み手も感じてしまうほどに。

そして、昼と夜の格差、不平等、夜の住人たちのあまりに酷い環境に憤る主人公は、自ら世界の謎に挑むことを決意します。

クライマックスは、読んでいて度肝を抜かれる方も多いでしょう。



まるで昼間でも夜の闇にいるように鬱屈したものが溜まった現代社会にあって、この作品は胸のすくような希望と勇気を与えてくれる作品なのではないでしょうか。

★★★ Excellent!!!

――

冒頭、変えようのない残酷な運命の元に生まれる一人の赤子、滝本一琉。彼はその運命を受け入れるかのように『夜勤』の兵士として死獣と戦い続けるが……。

第一話から、その『夜勤』と呼ばれる手に汗握る戦闘が繰り広げられます。これが夜生まれの宿命なのだと叩きつけるシーンであり、第一話で丁寧に描写したのは正解だと思います。

このあとも夜に生まれたゆえの苦悩と劣等感などが、これでもかと描写されるのですが、そんな闇に差し込む光とも言うべき少女、『野々原まひる』が登場して物語は動き出します。

死と隣り合わせの『夜勤』の兵士達。彼らの行き着く未来はいかに――。

しかし、この設定は斬新としか言いようがない。それでいてその設定を生かし切れているところが本作の凄いところです。戦闘を全てひっくるめて『夜勤』と言わせるセンスも好きです。

皆さまも是非本作を読んで有意義な時を過ごしてみませんか(⌒∇⌒)

★★★ Excellent!!!

――

いや、これは面白かったです。

ベトナム戦争の映画やガンダム、ゲームのガンパレードマーチを思い出しました。少年たちが戦い、時に死を迎える中、何を考えるのかという描写が秀逸でした。特に、ただ夜に生まれただけでなぜ差別を受けるんだ、という設定は、多くの戦争映画で見られる人種差別や、今の日本の正社員と派遣社員の問題をより若い世代にも感じさせられる作りだなと思いました。

この手の設定は火の鳥太陽編などでも見られますが、こうしたタイプの話を現代ラノベ的なキャラを入れる事でうまいことリメイクしていると思います。そしてこうしたテーマはともすると左翼的な話に思われがちですが、人が人として尊重されるべきだという基本的な信念をベースとしていて思想的な偏りを感じさせず、さらに後半は爽快なアクションとしての側面もありました。ラストのあっと驚く展開も見事でした。

そして最後に。
タイトルが素晴らしいです。
私はタイトルは短いほど良いと思っているのですが、短すぎると作品の本質はなかなか伝えられない。そこでどうしても尻込みしてしまう。作品のややダークなイメージを二文字で叩きつけてきたこの度胸は特に絶讃したいです。

隙のない名作です。これはヒットするのではないでしょうか。

★★★ Excellent!!!

――

 最初からショッキングな話が始まる今作。
 昼に生まれた人。夜に生まれた人。その格差。
 中盤から昼に生まれた人々と、夜に生まれた人々との軋轢や葛藤が描かれ、夜の住人は昼の住人を映し出す鏡にもたとえられます。その対比ですら主人公がカッコよく言いまわしてくれるのに、今作のキーパーソンが登場し、物語は思わぬ展開を迎えます。
 夜を体現する主人公と、昼を体現したかのような少女の出会い。
 その少女の記憶がよみがえる時、本当の暗部が見えてくる。
 一気読み必死のSFファンタジーであり、現代ファンタジー。

★★★ Excellent!!!

――

「昼」と「夜」。太陽が昇ってから沈み、沈んでからまた昇るまでの時間。これだけで、住む場所も階級も、そして戦いも強いられてしまう世界の中で、懸命に生きるため仲間たちと共に奮闘し続けていた主人公。しかし、何の疑問も抱いていなかった日々は、突然現れた不思議な少女によって崩れ去り始めて……!

少女の記憶、謎の宗教、そして世界の真相……提示されていく様々なキーワードが絡み合う中、やがて物語は幾多もの「昼」も「夜」を抱えた途轍もない真相へと発展していきます。過酷な差別、偏見などのディストピアのような物語ですが、それを彩るのは様々な個性豊か……と言うより、一癖も二癖もありすぎる仲間たち。
果たして、主人公は真っ赤に燃える太陽の光の暖かさを感じる事が出来るのか……壮大なスケールと重厚なストーリーで彩られた、傑作長編です。

★★★ Excellent!!!

――

 出生時間が夜だった。たったそれだけの理由で日光を受け付けない体質になる。
 シンプルゆえに残酷な設定がストーリーにはっきりした輪郭を与えています。
 負ければ即、死につながる戦闘。仲間を犠牲にしていく『死獣』。
 終わりなく続くかもしれない戦いの中、主人公が出会った少女とは。
 陰鬱な世界観ながら、感情移入しやすく、特に食事シーンは涙を誘います。
 果たして主人公たちに明日はあるのか。
 (夜勤明け、朝日と出勤途中の人たちを見ながら飲む一杯は……ウマイ(-_-).。o○0〇

★★★ Excellent!!!

――

日々楽しく健やかに安全に暮らす昼の人々。
日々命の危機を感じながら差別されながら暮らす夜の人々。
夜の世界を好む人。
昼の世界に憧れる人。
昼の世界を憎む人。

とにかくこの世界にいる人達の人間性がとても鮮やかに繊細に描かれています。

★★★ Excellent!!!

――

隙間時間でちょいちょい読もうと思っていたんですが、
無理矢理時間を確保して中盤から最後まで一気読みしてしまいました。

「次どうなるの、どうなるの」という展開が次から次へと押し寄せてきて、こりゃアカンなと。途中で止めたら気になってソワソワしちゃうなと。

序盤の勢いある戦闘シーンも魅力的ですが、
中盤以降の盛り上げ方は唸らされました。

そう来るか! という仕掛けがあちこちに。

アレをアレに向かってアレするシーンなんかは、非常に象徴的で。
スピード感がありながらも内容は重量級。
そんな印象のストーリーでした。

★★★ Excellent!!!

――

夜勤、それは夜に生まれし者の忌まわしき宿命――

人間の運命を生まれた時間が支配する世界。

文字通り日の当たる世界での生活を約束された者と、その裏で跋扈する怪物たちとの戦いを強いられる者との残酷なまでの対比が物語を否応なく盛り上げます。

だが彼らもただ座して死を待つだけではなく、怪物相手に死力を尽くし、そして同じ夜勤同士の友情を培い、呪われた人生の中でも力強く自らの人生を過ごしていく。

そんな主人公たちの生への執着が物語に深みと厚みを与えています。必読のストーリー!

★★★ Excellent!!!

――

夜生まれで十六歳の『滝本一琉』が、謎の怪物「死獣」を相手に戦うお話です。

『八九式小銃』や『太陽光線銃』などの武器に心を惹かれてしまいました。

初見では病院などの施設を題材としたヒューマンドラマかと思いましたが、良い意味で裏切られました。

あなたも裏切られてみませんか?

★★★ Excellent!!!

――

善と悪、男と女、いま目の前のほろが瑠世界は相対している。ヨルとヒル。毎日体験するステージ、でも、それが運命カのように固定された場合そこは、戦場になる。まさに、アインシュタインの相対性理論を紐解いたようなこの作品は、夜勤を経験し、その奥底に秘める何か不思議な影を、光と影という、二つの世界の中からあらわした、すばらしい名作です。
ぜひ、読んでみては!!力のこもった力作であり、ウチは大好きです。

★★★ Excellent!!!

――

死獣とは何なのか、突如現れた少女は誰なのか、そもそも、なぜ夜うまれだけが死獣と戦わなくてはならないのか。
歯切れの良い文章と謎にひきこまれ、一気に読みました。

昼を生きられない不完全な存在として虐げられ迫害される夜生まれの人々。それでも彼らは生き続ける。
「自分で自分を殺すな」
このセリフがとても印象的でした。
登場人物それぞれ、昼と夜に別れた世界に抱く想いがあって、なぜ生きるのかという理由がある。
登場人物の心の糸が複雑に絡み合って、重厚感のある世界を組み上げて行く様は圧巻でした。

未来を物語にした、現代の国取り物語のような、不思議な物語。
希望は多分、使いこなすものなのでしょう。

★★★ Excellent!!!

――

最高の物語でした。

夜生まれの人間は夜にしか生きられず、昼の世界を渇望する。
外の世界を見てみたいという欲求は、割とよくあるものだと思います。身近なところであれば田舎からの上京とか、映画でも閉鎖社会から抜け出す話がありますよね。

しかしそれを昼と夜で造り上げたという発想と技術が、オリジナリティにあふれていて素晴らしい。
昼の世界に憧れるという少年の思いが、ものすごく共感できると同時に斬新なSF世界のおもしろさを味わうことができました。

でもこちらの作品、おもしろさは設定だけにとどまりません。

その世界に生きる登場人物たちの葛藤こそが、最大の魅力です。
負の集大成である夜の世界にいる自分たちに、生きる意味はあるのか。
悩みながらも魔物と戦い抜いて、全力で生き抜きます。

なぜ全力なのか。
諦めの中に、憧れが残っているからです。

少年はその憧れを、少女との出会いによってどのように形にしていくのか。SF世界、ミリタリーバトル、青春物語……多彩な面から読み応えのある作品だったと、僕は思いました。

★★★ Excellent!!!

――

設定というか世界観が「よく思いついたな」の域に達しています。これだけで自分だったらこういうストーリーにするな、とか楽しめます。分かりやすく、面白い。素晴らしい作品だと思います。どうでもいいですけど白夜の地域で産んだらどうなるのでしょう。

★★★ Excellent!!!

――

レビューのタイトル変えました。(*´∇`*)。

お母さん泣きます。産み分けは、難しいわ。とは言っても、男女ではなく、昼夜どちらに子を産むかで、闇の世界に行ってしまうと言うから、凄く怖い。 

死獣にもぞっとしました。

怖がりなあなたに贈りましょうか。

がんばってください。

ぺこり_(._.)_

★★★ Excellent!!!

――

レビュー通り、生まれた時間によってその後の人生が決まる話です。

昼に生まれれば昼に免疫がつき、夜に生まれれば夜行性になる。

第一話しか読んでいませんが、これだけであらゆるストーリーを考えることができます。

昼生まれと夜生まれの恋愛、戦い、友情、いくらでも創作可能ですね。

これから始まる物語に期待して、星3つ送らせて頂きます。

★★★ Excellent!!!

――


東京、新宿の夜。
死獣殲滅に向かう兵士『夜勤』。
太陽の光を浴びることができない一琉は、記憶が曖昧だという不思議な少女・まひると出会い、彼女の謎を調べるうちに死獣との関連を知ります。
国により情報が管理された閉ざされた世界のなか、武器を手に生き延びるために戦う兵士たちの姿が印象的な作品です。

★★★ Excellent!!!

――

夜に生まれた子と会うことが許されないーー。

私は親なのでこの一文に納得しました。
兵士としての人生を宿命とされた人生。

親として昼生まれに産んであげられなかった悲痛な思い。

班長では無く、委員長と呼ばれるあだ名。
細かな設定や描写にこの作品に対する作者様の本気度が伺いしれました。

オールニードイズキルの再来級の期待作です!