2 罪状が変わりました

 会社に遅刻の連絡を入れたあと、ミサは婦人科の待合室で待った。

 診察待ちの女性は、大抵がお腹が大きくて幸せそうだ。一人青くなって震えるミサは明らかに場違いで、気を使った受付の女性が別室を用意してくれた。


「飲ませられたわけじゃないんですけど、そういう場合でも告訴できますか?」


 ミサが不安を訴えると、


「相手が心神喪失状態に乗じたわけだから、訴えられるわよ。それより妊娠が心配だから、アフターピルを処方して貰った方がいいかも。言いにくいかもしれないけれど、先生にちゃんと相談してね」


 看護師さんは親身になってくれた。

 たくさん励まされて診察室に向かったミサだったが、拷問に近い診察を受けたあとに、半笑いの医師が言ったのは、ミサが想像もしなかった事だった。



 *



 さくらの蕾が膨んでいる。日暮れはだんだんと遅くなるが、風はまだ随分と冷たい。

 会社を定時で上がって、大急ぎでやって来たミサは、イデアール赤坂II号館と書かれた建物の前に居た。

 ここはウエハラの職場でSHIMADAというデザイン事務所だ。昔手に入れた名刺を手に待ち伏せをしていたのだ。

 あの日貰った名刺はいっそ破り捨てたかったけれど、ミサは作った人脈というのは宝だと思っている。どこで何が役に立つかはわからないと思って、捨てずに取っておいたのだった。

 SHIMADAでは、古いマンションの一室をオフィスに改装しているらしい。通りに面した二階がそうで、まだ電気が点いていて人の気配があった。階段を登りかけたが、残業しているのは、ミサの苦手な人物かもしれないと思いとどまる。


(あの女には会いたくないんだったー……!)


 あの女というのは、片桐さくら――いや、今はもう島田さくらと名を変えた女だ。ミサの母校の女子大にいた、冴えない同窓生。

 そんな彼女がどうして気に食わないかというと、まるで興味のなさそうな顔をしていたくせに、ミサが狙っていた島田をあっさり攫って行き、昨年見事玉の輿に乗ったからだった。

 ドラマや小説でも大抵そうだけれども、なぜだかイケメン御曹司は、ああいったが入った平凡な女が好みなのだ。理由も驚くほど同じ。『君だけが本当の僕を見てくれる』とかいうやつ。ぼーっとしていて情報に疎いだけなのに、馬鹿馬鹿しいにもほどがある。


(ああいうタイプが一番、神経逆なでするんだよ)


 腐りかけていると入り口から巨体が現れた。天敵ではなくてほっとしつつも、ミサは肩を怒らせ挨拶もせずに詰め寄った。


「ウエハラ、あんた、一体どう言うつもりであんな嘘ついたわけ。おかげで病院で大恥かいちゃったじゃないの!」

「え、病院行ったんっすか、まじで!? え、そういう場合って、どんな検査するわけ? せんせー何て言った!?」


 人の気も知らないで、彼は腹を抱えてゲラゲラ笑いだした。表の通行人がちらちらとミサたちに目をやる。カッと頭に血が上ったミサは、


「ここじゃ何だから、場所移すわよ」


 ウエハラの上着の裾を引っ張る。ただでさえ、ここには会いたくない女がいる。見られたらどんな皮肉を言われるかわからない。いや、まだ皮肉の方がいい。ああいう天然女は、なぜか人が一番嫌がる事を無意識に察して、勘だけで突きつけるのだ。


「場所移すって、ラブホっすか」

「警察に突き出されたくなかったら、これ以上ふざけんじゃないわよ」

「今度の罪状はなんすかねえ」


 マジうける、と笑いながらウエハラは尋ねた。強姦罪はどう頑張っても適用されないことは、病院で嫌というほど知らされた。ミサは少し考える。


だよ。でっち上げてでも訴えてやるから。訴えられただけで結構なダメージでしょう」


 痴漢の冤罪で会社をクビになった人間などざらだ。さすがに降参するだろうとにやりと笑うが、ウエハラは予想に反して全く動じない。


「虚偽告訴罪って知ってます? 嘘吐いたらとそれも犯罪になるんすよ」


 とスマホをちらちらと振ってにやりと笑った。妙に詳しくて、ミサは怯んだ。


「偽証って、酔わせて裸にしたんなら、もうそれ犯罪でしょ!?」

「って、そっちが『風呂はいるー』とか言って勝手に脱いだんだって。あーあ、じゃあ告訴するつもりなら、俺、恥ずかしい写真ばらまきますよー?」


 卑劣な言葉に、逆にミサの方が青くなった。


「なんですって……! どこまで根性腐ってるの。え、ちょっと何を撮ったわけ!?」

「や、だってさ、あんたの根性の腐り方考えてると、どう考えても俺ヤバいし。俺だってこの若さで人生捨てたくないから保険くらいかけるし。合意の上ってわかるように、写真とか動画とかいっぱい取らせてもらったっす」


 ウエハラはスマホをいじってミサの写真を開いた。そこには唇を鶏の油でてかてかにしたミサが、ご機嫌な笑顔でピースサインを出している。当然全く覚えがない。


(どういうこと……!)


 混乱。動揺のあと、ウエハラの言った『いっぱい』と『動画』に肝が冷えた。怒りと恐怖でミサは震える。


「……ま、まさか、あんた、それをネタに強請ゆすったりしないでしょうね!?」

「どうしよっかなあ」


 飄々と言われてミサは思わずスマホの握られた手に飛びついた。だが、手が触れる寸でで上に逃げられる。相手は熊の体格。対してミサは151センチと小柄な方だ。飛び上がってもまるで届かない。


「ちょっと、あんた身長何センチあるの!?」

「あ? 185くらいっすけど」


 30センチ以上の差に目を見開くミサの頭上で、何か操作していたウエハラは、「送信かんりょー」と驚愕させるようなことを言った。


「何を!? どこに!?」

「大切な証拠だし、奪われて消されたら困るから、メールサーバーにバックアップっすよ。あとストレージサービスにも」

「ストレージって……なに」


 実はミサはパソコン周りの知識に少々疎い。ワードやエクセルなどの事務ソフトくらいは勉強はしているが、本来文系なのも手伝って、苦手意識が強いのだ。

 ウエハラは鼻で笑うが、意外にも説明をくれる。


「ネット上のファイル管理サービス。どこからでも、PCスマホ機種関係なくファイル取り出せて便利っすよ」


 いや、この際便利かどうかはどうでも良かった。


「そ、それって誰かに見られたりしないの!?」

「そりゃ、ネットに繋がってるし全世界に公開する事も出来るけど、今は鍵かけてるし」


 今はという事は外せるという事だ。ミサの全身の血が引いて行く。


「脅してるの!? もしそんなことしたら、今度は脅迫罪で訴えるから……!」

「準強姦罪の次は、強制わいせつ、で、今度は脅迫っすか。そりゃ、相当法律の勉強しなきゃいけないっすねえ」


 かかかと笑われて、ミサはとうとう爆発した。


「こっちは真剣なんだよ! つきあってらんない。馬鹿馬鹿しい」


 泣きたくなりながら踵を返したミサに、ウエハラは朗らかに言った。


「大丈夫っすよ。あんたが変な事しない限り、こっちも大人しくしときますし、個人的に楽しむに止めときます。あ、でも、俺の言う事聞いてくれたら、写真返してあげてもいいっすよ?」


 個人的にのくだりでぞっとする。ミサの写真でなにをするというのだ。寒気がして、思わず腕をさする。


「言う事って……なに?」


 胡乱な目を向けると、ウエハラは何か企むように不敵に笑った。

 ミサは思わず構える。


「今度はそっちが手羽先と酒おごってくれる? 散々愚痴聞かされたあげく、昨日の会計、飲食代ホテル代全部俺持ちっすよ。財布空になって、給料日までピンチ」


 健全な申し出に拍子抜けするが、一拍後ピンと来た。


「って、なに!? その後またどこか連れ込もうって魂胆!?」

「お望みなら相手するけど。今度は


 強調されて、病院での不愉快な出来事を思い出したミサはムッとした。

 そうなのだ。ウエハラが余裕なのは、そのせい。

 彼は、ミサに手を出していなかった。

 ミサを診察した医師は『痕跡は全く残っていない』と笑ったのだ。どうしてそう言いきれると食い下がったら、逆にそりゃすぐにわかりますと根拠を示された。

 だが、裸で一緒に寝ていたのは事実。だというのに、一体どういうことなのだろうか。


(もしも、私にはがないとか言いだしたら……いっそ殺す)


 二年前の、胸がないという失礼な発言を思い出すと殺意が湧いてくる。射殺せそうな目で見ても、ウエハラはどこ吹く風だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!