5 一枚上手でした

(おかしいなあ)


 ミサは首を傾げながら、ソルティドッグを一口飲んだ。

 グラスの縁の塩が口の中でグレープフルーツの果汁と混ざり合い、苦味の中の甘さを引き立てる。

 確かに美味しいしお洒落だけれど、個人的にはアルコール度数も量も物足りないなあと思う。というより普段安酒を飲み慣れているせいで、繊細な味はわからない。何より目的のためには、こういったお酒は時間がかかってしょうがない。


「どんどん飲んで。ほら、次はスクリュードライバーとかは?」


 本山にメニューを渡され、笑顔で応対しつつ、


(あー、ワインとカクテルばっかり……蒸留酒はウイスキーだけか)


 メニューとにらめっこする。そうしながらそっと本山の様子を伺うと、彼はゆっくりとメインディッシュ『和牛とアスパラガスの黒胡椒炒め』を口に運んでいた。

 こういった肉料理には赤ワインを合わせるものなのだろうけれど、彼の皿の隣にはワイングラスが一つ上品に置かれていて、中ではシャンパンが金色に輝いている。まだ半分は残っているから、ミサは次を勧められずにいるのだ。


(これじゃあ、潰せないじゃん)


 彼はほとんど飲んでいない。食事を楽しみたいからと、食前に注がれたシャンパンをグラス半分飲んだだけで、ミサばかりに酒を勧めてくる。

 せっかくなのでと、ミサはグラスワインを制覇したあと、次はミモザ、ベリーニ、キールロワイヤル……と高い酒から飲みはじめたが、途中から本山がいろいろ口を出し始めた。こだわりが無いミサは言われるままにブラッディ・メアリー、ソルティドッグを注文、次がスクリュードライバーだった。ミサは既にカクテルメニューの半分を制覇しようとしていた。


(本山さんって酒嫌い? そんな噂聞かなかったけどなぁ……)


 このまま行くと、目的を果たせないままお開きとなりそうだ。うんざりしながら、


「じゃあそれにします」


 と勧められるままにスクリュードライバーをオーダーすると、メニューを閉じた。


(あーあ。今日は誤算ばっかり)


 ミサは横目でちらりと店のカウンター席を見やった。そこでは誤算のもう一つ、妙に大きな男が一人で黙々と食べ、そして遠慮なく大量の酒を飲んでいる。

 一人でも帰らなかったのだ。これには驚いた。


(ウエハラの図々しさを甘く見てたよ。転んでもただじゃ起きないって、ああいうのを言うんだろうな)


 ため息を吐きかけたところで、ウエハラがバーテンダーに声をかけた。


「すみませーん、泡盛ってありますー?」


 ワインバーでの場違いな注文に、ミサは思わずぶっと噴きそうになった。


「申し訳ございませんが、あいにく当店では取り扱いしておりません」


 ここは居酒屋じゃないんだよという心の声が聞こえてきそうだ。だが、苦笑まじりの返答にも、ウエハラはすぐに切り替えた。


「じゃあ、スコッチをダブルでー」


 うええ、とミサは思わず顔をしかめる。彼はビールを三杯ほど飲んだあと、ワインもボトルで頼んでいたはず。これは飲み比べで勝てないわけだ。


(しかもダブルだと! たしか一杯三千円!?)


 これはいくらになるんだと、さすがに会計を気にして機嫌が悪くなる。


「ミサちゃん?」


 ふと呼びかけられて、ミサは意識を本山に戻す。

 話題はなんだっただろうか。流行りの映画だったか、それともベストセラーの小説だったか。おしゃれだけれど、薄味で、他愛が無さ過ぎてまったく思い出せなかった。

 そんなミサに彼は「聞いてた?」と声に苛立ちを滲ませた。


「あ、ええ。すみません、ちょっとぼーっとして。あんまり美味しいんで飲み過ぎちゃったかも」


 へらりと笑って誤摩化そうとするが、本山は余計に顔をしかめた。


「でもお酒強いよね。結構飲んでるのに、全然酔ってないみたい」


 訝しげな視線にぎくりとする。


「そんな事無いですよぉ? ここ、多分薄く作ってるんじゃないですかぁ? アルコール度数低いんですよぉ、きっと! ジュースみたいで美味しくってぇ」


 慌ててろれつが回っていない振りをする。ウエハラに気を取られたせいか、演技力が落ちている。


(確かに飲んだ量と態度が釣り合っていないかも)


 僅かに焦ったミサは、


「あ、すみません、ちょっとお化粧直してきますね」


 とバッグを手にトイレへ向かう。




 化粧ポーチからチークを出すと、頬の高いところからこめかみに向かってラインを引いた。指でぼかすと上からパウダーを叩いて色を和らげる。

 ついでに口紅を塗り直す。普段はピンクのルージュだけれど、こういうときのために赤のルージュを携帯しているのだ。唇の中央に色をのせ、指でぼかすと、適度に色づいた顔が出来上がる。仕上がりに満足したところで席に戻ると、テーブルにはデザートがセットされていた。

 きれいに盛りつけられたスイーツを前に、本山が貧乏揺すりをしている。やはり酒には口をつけていない。

 ここまではっきり態度に出ると、認めたくないが、認めるしかなさそうだ。


(これは、やっぱり潰す気で来てたんだな。……しょうがない、出直すか)


 ミサが席につくなり、


「それ飲んだら、上に行こうか。部屋取ってあるんだ」


 本山が不機嫌さを一掃した笑顔で、胸元からカードキーを出す。高級ホテルの部屋というのは、今日の彼の最後の武器だろうか。

 だが、


「いえ、今日は帰ります。ちょっと酔っちゃったんでぇ」


(誰がついて行くかー!)


 心の中で舌を出しつつも、一緒に届いていたスクリュードライバーに口を付けようとグラスを持ち上げる。酒には罪はない。飲んだらおさらばだ。

 だが、隣に強烈な気配を感じて、ミサは手を止めた。


「な、なに!?」


 嫌な予感に顔を上げると、そこにはウエハラ。


「――飲むな」


 低い声で遮られ、ミサはグラスをテーブルに置く。とたん、


「なんだ、お前!」


 本山が急に怒りを爆発させた。

 だが、ウエハラは全く動じずに上から冷ややかに彼を見下ろす。妙な迫力に本山が怯む。


「あんた、今、酒に何か入れたよな? 俺、見てた」

「な、何か入れた!? ホント!?」


 ぎょっと目を剥いて本山を見ると、彼は青くなって首を横に振る。


「ちが、何も入れてな――」


 ウエハラは抵抗する本山の鞄を掴むと、床に向けてひっくり返す。

 バサバサと書類の束が落ちるのと同時に、二つの箱が転げ落ちる。

 一つはどうやら張り切って持って来たらしいゴム製品。一ダース入りに、ミサは思わず呆れて顔をしかめる。

 だが、本山が慌てて拾い上げようとしたのはもう一つの箱だった。

 ウエハラが箱を持ったままの本山の手を持ち上げ、軽く捻る。箱がテーブルの上に落ち、ミサは表面にでかでかと書かれていた文字をぼんやりと読み上げ、首をかしげた。


「えーと……鼻炎カプセル? 花粉症でしたっけ」


 確かにそんな季節ではあるが、本山はマスクも何も着けていなかったはず。


「抗ヒスタミン剤っす」


 ウエハラが項垂れる本山を睨みつつ言った。


「え、でもそんなの飲ませてどうするわけ」


 ミサにはアレルギーは無い。そのため意味が分からず問うと、ウエハラは呆れた。


「知らないんすか。こいつは、酒と一緒に飲むと『異様に眠く』なる」


 意図するところに気づき、ミサはぞっとした。

 もしそれが本当なら、多分、犯罪だ。


「……本山さん、本当ですか? 本気でそんな事……」

「こいつ、前にもやってんだろうなぁ……念のため警察呼ぶ? 告訴するなら証言するけど」


 ウエハラが意地悪そうにミサに問いかけると、本山が悲鳴を上げた。


「そ、それだけはどうか止めて下さい!」


 ウエハラが忌々しげに本山の手を降ろしたところで、「他のお客様のご迷惑になりますので……」と通りかかった店員が割り入った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!