ワカハゲ・メモリアル

作者 鯨武 長之介

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全20話

更新

  1. 作者は最近、急に頭がハゲてきたので、この物語を考えたらしい。
  2. 第一話:俺は今年の七夕も短冊には『ふさふさの髪の毛が欲しい』と書くつもりだ。
  3.  前編:ああ…それにしても髪が欲しいっ…
  4.  後編:あなたは髪を信じますか?
  5. 第二話:俺は不毛という言葉を辞書で調べて以来、髪の毛は『作物』だと思っている。
  6.  前編:髪は女の ”命” なの
  7.  後編:髪の一手を極める
  8. 第三話:俺はアスファルトから生える雑草を見る度に『勇気と希望』をもらっている。
  9.  前編:髪はバラバラになった
  10.  後編:馬鹿と天才は髪一重
  11. 第四話:俺は関西人に血液型を聞かれたら『髪型』だと言えるくらいの心の余裕はある。
  12.  前編:笑う髪には福来る
  13.  後編:髪をも恐れぬ行為
  14. 第五話:俺は『髪は万病のもと』と言うほど、抜け毛が健康に一番悪いと考えている。
  15.  前編:とれとれピチピチ髪料理
  16.  中編:髪も衆目の当たりがら
  17.  後編:捨てる髪あれば、拾う髪あり
  18. 第六話:俺は神絵師という言葉に限っては『髪壊死』と捉えてしまう臆病な一面がある。
  19.  前編:旅の恥は髪捨て
  20.  後編:甘い色の髪の乙女
  21. 第七話:俺は社会人になったら酒の誘いは『髪さんが待ってますんで』と断ろうと思う。
  22.  前編:誰がために髪はある。
  23.  後編:サーキットの追う髪
  24. 第八話:俺は己の辞書から友情という言葉が消えても『努力・育毛・勝利』で乗り切る。
  25.  前編:困ったときの髪頼み
  26.  中編:地獄の沙汰も髪次第
  27.  後編:盗まれた髪を探し続けて
  28. 第九話:俺はいつかきっと自分の人生に『嬉々一髪』と喜べる日が訪れると信じている。
  29.  前編:明日は明日の髪が吹く
  30.  後編:Kaming Soon