楽園の子どもたち

作者 陽澄すずめ

拘束された世界。それは闇と呼ぶに相応しく――。

  • ★★★ Excellent!!!

掟に縛られる村。
それは幼い者同士の、いたずら心。冒険のようなものだった。

社会基盤が崩壊し、再生に向かう都市。その治安を守る者たちの任務は、軽いものではない。

全く『軸』の違う二つの物語。
両者に『関係』はない。
『鍵』はなにか?
『少女』の正体は?

読み解けば、罪悪感にさえ襲われるかもしれない。
だがその先にある。きっと解決の道が。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

須能 雪羽さんの他のおすすめレビュー 79