魔生機甲レムロイド ~ 異界のロボットデザイナー(外伝連載中)

作者 芳賀 概夢

フォロー 1話目から読む

74,000PV突破!/「女装ではない!女体化変装だ!」(外伝より) 芳賀 概夢

アンチテーゼを掲げた「異世界転移俺Tsueeeハーレムロボ」もの!
ロボを一番に愛する変態主人公の生き様を見よ!

気になったら、とりあえず [フォロー] をクリックしてね!!
(※フォローも応援になります!!)

●現在、第一部外伝「獅子の咆哮は正義の矜持」を連載中!
●第一回カクヨムコンテスト読者選考最終選出作品
●第二回カクヨムコンテスト読者選考最終選出作品
●★評価平均2.80による高い完読率!
●元カドカワBOOKS編集長レビュー付与作品
●設定資料集:「魔生機甲設定書《コルモア》」を公開中→ https://kakuyomu.jp/works/1177354054882687616
●機械巨神のおとぎ噺<ロボット作品紹介>・第一回紹介作品→ https://kakuyomu.jp/works/1177354054881503653
●週刊ノベルス「小説紹介企画第6弾」紹介作品→ http://weekly-novels.com/2016/11/14/1-13/
●【並木坂 七海】氏主催・朗読キャス「第一部外伝Act.0001(ディレクターズカット版)」→ https://youtu.be/X05LwcGryaQ
●【スーパー◇ボット大戦「」- 地球選択の日 -】(ながやん先生)参戦作品→ https://kakuyomu.jp/works/1177354054881597779
●【魔生機甲レムロイド外伝/俺が東城世代だ!】(ながやん先生作のギャグ外伝)→ https://kakuyomu.jp/works/1177354054881335570/episodes/1177354054882753337


■第一部あらすじ
 スナック菓子のように気楽につまむ感覚で読みたい方にお薦めです!
 女の子よりも、人が乗れるロボットに興奮する変態的男子高生が、ぶれることなく我が道を行く話。
 コメディ的雰囲気から、シリアスなストーリーまで楽しめる一粒で二度おいしい物語です!


■第一部外伝:あらすじ
 第一部本編より、ほんの少しだけ文体が重めに調整されています。
 少しだけ読みごたえが欲しい方にお薦め!(それでもライト)
 こちらから読んでも、なんとなく話はわかるようになっています。
 第一部後の世界で、活躍する二枚目主人公が変態扱いされるシリアスになりきれない残念な話です。


※「.5」とついている話は、閑話休題的おまけ話です。読まなくとも話は通じますが、読むとより世界を楽しめるかもしれません。


※つまらなかった場合、応援コメント欄に「つまらない」と書いていただいてもOK!
 ただし、その際は理由は書いてください。「展開が遅い」「読みにくい」等でOK!
 読むのをやめた話に書いていただければ幸いです!
 なお、誤字脱字衍字報告、文のおかしいところなどの指摘も、応援コメント欄でかまいませんので頂けると嬉しいです。

※2016/10/27:シリーズ化にともない、名称を変更することにしました。
旧名:「レムロイド ~異世界でロボットデザイナーとして名を馳せる~」
新名:「魔生機甲レムロイド ~ 異界のロボットデザイナー」

※この作品は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

目次

連載中 全111話

更新

  1. 第一部:異界のロボットデザイナー
  2. プロローグ
  3. Act.0000:人が乗って操縦できるロボットです
  4. 第一章:いちず
  5. Act.0001:いっただきまーす!
  6. Act.0002:ごちそうさまあぁぁぁ!!!
  7. Act.0003:探すとしよう……
  8. Act.0004:……いえ、人違いです
  9. Act.0005:知らないよ?
  10. Act.0006:さすらいの旅人です
  11. Act.0007:構築《ビルド》!
  12. Act.0008:なしにしませんか?
  13. Act.0009:アイ・ハブ・コントロール!
  14. Act.0010:定職に就かないとだめかなぁ……
  15. Act.0011:日本に決まっているじゃないか
  16. Act.0012:変態か、君は!?
  17. Act.0012.5:どこに興奮するというのだ?
  18. Act.0013:ところで、飯はまだですか?
  19. Act.0014:そっちのがお得?
  20. 第二章:双葉
  21. Act.0015:昨夜はそんなにお楽しみでしたか!
  22. Act.0016:よくわからないが、善処しよう
  23. Act.0017:あなた……わかってますね!
  24. Act.0018:ほかのじゃもう満足できない……
  25. Act.0019:あたしの体、好きにしていいよ!
  26. Act.0019.5:本当か?
  27. Act.0020:あたしのご主人様……かな?
  28. 第三章:ミカ
  29. Act.0021:なるほど……
  30. Act.0022:ご主人様は?
  31. Act.0023:やはり、アレだよな!
  32. Act.0024:どうして、アソコなのよ!!
  33. Act.0024.5:はうっ!
  34. Act.0025:好きにしてよいよ
  35. Act.0026:仕えさせてもらえぬだろうか!
  36. 第四章:フォー
  37. Act.0027:本当は、私も……欲しい……
  38. Act.0028:じっくり裸を見せて
  39. Act.0028.5話:くぱぁも?
  40. Act.0029:拙子はあえて斬り込みますがね……
  41. Act.0030:ちゃんと興奮しますから
  42. Act.0031:すいません。初心者なんで
  43. Act.0032:ウェルカムで、ばっちこい!
  44. Act.0033:これじゃ、まるっきり旦那様と妻
  45. Act.0034:想定内ね
  46. Act.0035:今、愛を感じました!
  47. Act.0036:ウッヒョー
  48. Act.0036.5:私、壊れちゃいますよ!
  49. Act.0037:全部、見せてください!
  50. Act.0038:あれは危険よね
  51. Act.0039:やられたね
  52. Act.0040:そこまで驚かなくても!?
  53. Act.0041:異世界人という危険な存在を
  54. Act.0042:本当に想定外ね
  55. 第五章:和真
  56. Act.0043:バカ和真!
  57. Act.0044:この家の亭主になるつもりだ!
  58. Act.0045:味はどう……かな?
  59. Act.0046:シチューが冷めていますよ!
  60. Act.0047:うほ! いいパーツ!
  61. Act.0048:いいでしょう。勝負しましょう
  62. Act.0048.5:俺にないもの……
  63. Act.0049:自分で決着をつけておいでよ
  64. Act.0050:普通のかわいい女の子でしょ
  65. Act.0050.5話:けっこう立派な……
  66. Act.0051:マスターのものにして欲しい
  67. 第六章:クエ
  68. Act.0052:世代と一緒に戦う!
  69. Act.0053:衝撃的だろう?
  70. Act.0054:父さん、力を貸してくれ!
  71. Act.0055:そもそも、こん世界は
  72. Act.0056:うえぇぇぇ~~~ん!
  73. Act.0057:ボクはロボットを愛している!
  74. Act.0057.5:……ま、いいか
  75. Act.0058:正義の味方をやるんだよ
  76. Act.0059:今日は楽しく、奪って殺そうぜ!
  77. Act.0060:業が深いでいいのかな?
  78. Act.0060.5:忠告しておくことがある……
  79. Act.0061:ユー・ハブ!!!
  80. Act.0062:絶対に、火種を絶やすな!
  81. Act.0063:もうすぐ片付きますえ
  82. 第七章:世代
  83. Act.0064:とんでもない男なんじゃないの?
  84. Act.0065:この年で漏らすとは……
  85. Act.0066:絶望したかい?
  86. Act.0067:愛が感じられない!
  87. Act.0068:世界を制した男や
  88. Act.0069:クイーン……君は……
  89. Act.0070:君も好き者だね
  90. Act.0071:ボクからのお願いですよ
  91. Act.0072:この世界はね……
  92. エピローグ
  93. Act.0073:この世界の行く末を占う方法を……
  94. 後書き
  95. 新・第一部を終えて(2017/03/06更新)
  96. 第一部外伝:獅子の咆哮は正義の矜持
  97. 前書き
  98. 「獅子の咆哮は正義の矜持」について
  99. 獅子の咆哮は正義の矜持 (最新話は一番下です)
  100. Act.0001:――誰が変態仮面だ!!
  101. Act.0002:性に合っている部分って……
  102. Act.0003:高くつくぞ?
  103. Act.0004:あなたの正義は、悪を許すことか!?
  104. Act.0005:なにか裏がありそうだな……
  105. Act.0006:それは、あいつに『芯』があるからなんですよ
  106. Act.0006.5:極めるぞ、変態を!
  107. Act.0007:あら、ステキ。なら、交渉成立ね!
  108. Act.0008:誰だ?
  109. Act.0009:気にいってもらえたか?
  110. Act.0010:あえて言うなら……かっこよさじゃないか?
  111. Act.0010.5:――しねーよ!!
  112. Act.0011:まさか、つながっていると?
  113. Act.0012:頼まれたんだ、ある人物にね……
  114. Act.0013:――ファーザー!
  115. Act.0014:あの時も見えていた……
  116. Act.0015:すまん、みんな……生きのびてくれ……
  117. Act.0016:ヒーヒー言わしてやっからなぁ~
  118. Act.0017:美しい花には、手折り方っていうのがあるのよ
  119. Act.0018:敵の目の前で、咆哮を放つもんなんだよ!
  120. Act.0018.5:さあ、行きなさい――
  121. Act.0019:ほら見ろ! ほら見ろ! ほーら見ろ!
  122. Act.0020:女装ではない! 女体化変装だ!
  123. Act.0021:俺はヒーローだからな
  124. Act.0022:だから、正義には矜持が必要なんだ
  125. ★★★★★★★★ 最新話 ★★★★★★★★
  126. ※面白ければ★評価や♥応援、フォローをしていただけると、それだけで作者は幸せになり続きがはかどります!w アカウントがない人は簡単ですので作ってみてくださいね! よろしくお願いします!
  127. Act.0023:貴様の魂、借りていくぞ……

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

小説情報

魔生機甲レムロイド ~ 異界のロボットデザイナー(外伝連載中)

@Guym
執筆状況
連載中
エピソード
111話
種類
オリジナル小説
ジャンル
異世界ファンタジー
タグ
魔法 ロボット 異世界 コメディ ライトノベル カクヨムオンリー シリアス ハーレム無視
総文字数
314,674文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
91人
応援コメント
87件
小説フォロー数
306

アクセス数

作者

芳賀 概夢 @Guym

物欲にまみれたブログ「Guymがポチった!」を書きながら、ここ最近になって小説の物書き活動も復活。 昔ながら…もっと見る

近況ノート

もっと見る 168

同じ作者の他の小説

もっと見る 21

この作者のおすすめレビュー

もっと見る 156