魔生機甲レムロイド ~第一部「 異界のロボットデザイナー」(第二部有)

作者 芳賀 概夢

すべてのエピソードへの応援コメント

  • Act.0034:剣は性に合わないんだ…へのコメント

    あれ?アラベラに異世界話2回言ってませんか?
    それで初見じゃないのに驚くとは一体

    作者からの返信

    おや?
    そうでしたっけ?
    ちょっと見直してみます!!

    →なるほど、確かに!
    重複していました。
    教えていただきありがとうございました!

    2018年6月5日 16:11 編集済

  • 第一部外伝を終えてへのコメント

    変態がこれだけカッコよく書かれるとなんだか同じ変態として嬉しいですね。
    第二部もカッコいい変態を期待して……さて、読みに行くか。

    作者からの返信

    完読いただき、ありがとうございます。
    ロボものというより、キャラもので、後味を大切にするかるい文章で構成しました。
    描写力などありませんが、気楽に楽しんでいただけたのでしたら幸いです。

    2018年4月23日 09:30

  • Act.0035:……変態だあぁぁぁ!…へのコメント

    なぜ彼は自分の変態性を頑なに否定するのだろうか。
    変態はいいぞ! とてもいい!

    作者からの返信

    先生のように悟りを開ければいいのですが、若輩者には辛いのです(笑)

    2018年4月23日 09:28

  • Act.0034.5:なにを言っている…へのコメント

    やだパッパかわいい!

    作者からの返信

    たまにはパッパもいじめたい(笑)

    2018年4月23日 09:28

  • Act.0034:剣は性に合わないんだ…へのコメント

    変態同士お幸せに……♡

    作者からの返信

    変態婚!

    2018年4月23日 09:24

  • Act.0033:俺のすべてをくれてやるへのコメント

    「セブンス・サーマドア」で腹筋崩壊してから、もうずっと笑い転げていてストーリーがわからなくなっております。もう一度読み直します。

    作者からの返信

    気がつくとは!!

    2018年4月23日 09:23

  • Act.0032:問題は、あいつが逃げ…へのコメント

    世代君、趣味入るとえらいもん作る……。

    スルトン・閑崎、とってつけたような悪役で楽しい♪

    作者からの返信

    完全にザコキャラとして作りました。
    ちなみに「戦慄のレ(ホニャララ)」とかいう作品の敵に「スルト」というのが出てきます。
    合体?w

    2018年4月23日 09:23

  • Act.0031:バ……バケモノじゃね…へのコメント

    「如月」に「オカマ野郎」というルビがとてもよく似合いますね✨

    作者からの返信

    そ、そうですね……。

    (そんな「月がきれいですね」みたいなノリで言われても……)

    2018年4月23日 09:22

  • Act.0030:俺にとっての最強とは…へのコメント

    和真いいなぁ~。
    男のくせに女の快感を(ってそこか)

    作者からの返信

    男が強い自分は興味があっても味わう勇気はありません(笑)

    2018年4月23日 09:21

  • Act.0029:そういうイメージなん…へのコメント

    なるほどそうやってキャラ設定するんだな( ..)φメモメモ
    (如月、レムロイドでお勉強中)

    作者からの返信

    参考にはなりませんからね!w

    2018年4月23日 09:21

  • Act.0027:これだよ。よく見ろ……へのコメント

    「灼熱のナスの椅子」とか「堕落のエロンダーク」とか、よく思いつきますよね……。

    作者からの返信

    我ながら凄いなと思いました(笑)

    2018年4月23日 09:20

  • Act.0025:どこまでもカッコ悪い…へのコメント

    地味にどこかで見たことのあるタイトルなんだが……。

    作者からの返信

    き、気のせいでしょう……(^_^.)

    2018年4月23日 09:20

  • Act.0022:だから、正義には矜持…へのコメント

    (ちょっとその本、見たい……)

    作者からの返信

    (かなりヤバイらしいですよwww)

    2018年4月22日 01:13

  • Act.0020:女装ではない! 女体…へのコメント

    正しく汚名挽回してる!w

    作者からの返信

    まさに正しく!(笑)

    2018年4月22日 01:12

  • Act.0019:ほら見ろ! ほら見ろ…へのコメント

    てか、アラベラ、さっきときめいてなかったか、おい!

    作者からの返信

    彼女は意外と……いや、なんでもないです(笑)

    2018年4月22日 01:12

  • Act.0018.5:さあ、行きなさい…へのコメント

    あはは、じゃねーよ!

    作者からの返信

    しょうがないです。
    ぱっぱーだし……。

    2018年4月22日 01:11

  • Act.0018:敵の目の前で、咆哮を…へのコメント

    しかも百合フラグ……変態ここに極まれり。

    作者からの返信

    いろいろな変態を取りそろえております!

    2018年4月22日 01:11

  • Act.0017:美しい花には、手折り…へのコメント

    オカマって美しいものが好きなのよね。
    わかる、わかるわぁ♡
    ところでこのオカマ、どうしてわたしと同じ「顎に人差し指」っていう癖があるのかしら、不思議ね?

    作者からの返信

    お・や・く・そ・く♥

    2018年4月22日 01:11

  • Act.0014:あの時も見えていた……へのコメント

    グリーン・伽藍ってかっこいい!!
    ハッ∑(・Д・ノ)ノ 何故か漢字変換された。

    作者からの返信

    その漢字はらめぇ~www

    2018年4月22日 01:10

  • Act.0012:頼まれたんだ、ある人…へのコメント

    情報屋・人食いヒサコ……w

    作者からの返信

    リアルのあの人はリアルに人を喰っていますが(笑)

    2018年4月21日 12:38

  • Act.0010.5:――しねーよ!!へのコメント

    ちょ……腹筋崩壊したw

    作者からの返信

    我ながら絶妙のタイミングだと思いましたw

    2018年4月21日 12:38

  • Act.0009:気にいってもらえたか?へのコメント

    次々と見たことのあるようなのが……。

    作者からの返信

    お祭り……ということで(笑)

    2018年4月21日 12:36

  • Act.0007:あら、ステキ。なら、…へのコメント

    あら、いかにも変態らしいオカマがいるわね。
    気のせいかしら、どこかで聞いたことがあるわね。
    閑崎さんたらいちいち癇に障るわね!

    (あざーっす!!!感涙)

    作者からの返信

    変態おかまキャラっていいですよね!
    ちなみに第二部にも……。

    2018年4月21日 12:36

  • Act.0006.5:極めるぞ、変態を!へのコメント

    いや、そのまま極めようよ、変態。

    作者からの返信

    話が変わってしまうので!(笑)

    2018年4月21日 12:36

  • Act.0005:なにか裏がありそうだ…へのコメント

    おめでとう、この作者の手にかかると、誰でも変態に進化する。

    作者からの返信

    (……否定できない……)

    2018年4月21日 12:34

  • Act.0002:性に合っている部分っ…へのコメント

    和真さんが一真さんに見えた件()

    作者からの返信

    その名前は実は本当に偶然です(笑)

    2018年4月21日 12:33

  • Act.0073:この世界の行く末を占…へのコメント

    あー、やっと長門のお爺ちゃんが動いたー(*´∀`)♪

    作者からの返信

    はい。
    またしばらく動きませんが(笑)。

    第一部、完読頂きありがとうございました!

    2018年4月21日 12:34

  • Act.0071:ボクからのお願いですよへのコメント

    カッコ良く書いといて、最後の最後で笑わせに来るんだよなー。
    油断したし!

    作者からの返信

    上げて落とすを基本としています(笑)

    2018年4月21日 12:32

  • Act.0064:とんでもない男なんじ…へのコメント

    変態が本気出すとカッコいい!!!!!

    作者からの返信

    変態である先生なら、わかってくださると思っていました!!

    2018年4月21日 12:32

  • Act.0063:もうすぐ片付きますえへのコメント

    ですわ、ですわ!
    助っ人なんて想定外ね!

    作者からの返信

    助っ人の2人はこれからも……!

    2018年4月20日 09:54

  • Act.0061:ユー・ハブ!!!へのコメント

    ああ、こういうガチなヘンタ……あ、いや、真性な人、萌えるわ。

    作者からの返信

    ガチです!!!
    ゆるぎなく!!

    2018年4月20日 09:54

  • Act.0056:うえぇぇぇ~~~ん!へのコメント

    やだ、フォーちゃんてばかっこいい♡

    作者からの返信

    一番のしっかりやさん

    2018年4月20日 09:48

  • Act.0052:世代と一緒に戦う!へのコメント

    なんかこの世代君の通常運転が……他人とは思えない。

    作者からの返信

    如月芳美先生は空気を読める人だと信じています!(*‘∀‘ *)

    2018年4月20日 09:48

  • Act.0051:マスターのものにして…へのコメント

    パパ素敵♡
    私は長門さんの動向が気になって仕方ない(お気に入りキャラ)

    作者からの返信

    長門さんの動向は最後に!

    2018年4月20日 09:46

  • Act.0049:自分で決着をつけてお…へのコメント

    フォーしかちゃんと聞いていなかったね。想定内ね。

    作者からの返信

    フォーちゃんが一番しっかりしているね。想定内ね。

    2018年4月20日 01:09

  • Act.0048.5:俺にないもの……へのコメント

    和真かわいい。

    作者からの返信

    その感性が素晴らしい(笑)

    2018年4月20日 01:05

  • Act.0048:いいでしょう。勝負し…へのコメント

    あーやっちゃった。

    作者からの返信

    やっちゃいました!!w

    2018年4月20日 01:05

  • Act.0044:この家の亭主になるつ…へのコメント

    えっと、ここに需要あります(*ノωノ)

    作者からの返信

    需要はいりましたー!!w

    2018年4月20日 01:04

  • Act.0037:全部、見せてください!へのコメント

    こういうド変態、愛着が湧く♡

    作者からの返信

    好きなこと以外見えなくなる……そこまで熱くなれるものが欲しい!(笑)

    2018年4月18日 09:10

  • Act.0036:ウッヒョーへのコメント

    長門、素敵過ぎる。

    作者からの返信

    こんなジジイになりたいです(笑)

    2018年4月18日 09:10

  • Act.0026:仕えさせてもらえぬだ…へのコメント

    ハーレムや! ハーレムや!!

    作者からの返信

    まだ増えます……。

    2018年4月16日 21:32

  • Act.0014:そっちのがお得?へのコメント

    女性に対しては失礼かもしれないが、自分の心にどこまでも素直であるという事だ!

    作者からの返信

    彼は女性などオブジェクトとして見ているところがありますからね……。
    本当にけしからん男です。

    2018年4月15日 02:46

  • Act.0011:日本に決まっているじ…へのコメント

    それで納得するんだな、世代は(笑)

    追記:
    私は納得した(爆)

    作者からの返信

    うおっ……忘れた頃に先生がやってきた!(笑)
    お読み頂きありがとうございます。

    まあ、読者は納得できませんよね。
    転移の設定は後々、出てきますので……。
    手っ取り早く知りたい場合は、第二部のプロローグをお読みください!(まったく別の話のような者が読めますw)

    2018年4月15日 02:45

  • Act.0005:なにか裏がありそうだ…へのコメント

    「こりゃあ、嬉しいな! ママ、お猪口ちょこだしてくれ! あとつまみ追加な! 大介にジャンジャンふるまってくれ!」
    ⇒ ”和真に・・・・・・” では?

    作者からの返信

    あぎゃー!!
    ありがとうございます。

    修正しました!!

    2018年4月14日 23:51

  • 第一部外伝を終えてへのコメント

    今更ながらに読了。
    軽快なオチもまた善きかな。
    しかし、自在に性別を変更できるなんておいしい状況で独り旅とは堕ちる未来しか見えないな!

    作者からの返信

    読了ありがとうございます。
    楽しんでいただけたなら幸いです。

    彼の旅は始まったばかり。
    メス堕ちしてしまうのかはまだわかりません(笑)

    2018年4月10日 11:49

  • Act.0000:人が乗って操縦できる…へのコメント

    うん、これはアリですね!

    作者からの返信

    ご高覧いただきありがとうございます。
    ライトな味付けになっておりますが、一応根が深くなっております。
    お楽しみいただければ幸いです。

    2018年3月23日 09:16

  • Act.0020:あたしのご主人様………へのコメント

    ここん家いいねー。ママがしっかりしてる家庭グッジョブ!

    作者からの返信

    読了ありがとうございます!

    ママは女性人気キャラで三位ぐらいです(笑)。

    今後ともスナック的にお楽しみください。

    2017年8月9日 07:41

  • Act.0016:よくわからないが、善…へのコメント

    世代くーん。(ここは森雪の古代くーん風に。)
    お肌のターンオーバーのことだったら……。大丈夫よぉ。
    初のコメントがこれか、俺。

    作者からの返信

    初コメントありがとうございます!!

    返信に困るコメントです!!(笑)

    2017年8月9日 07:38

  • Act.0035:……変態だあぁぁぁ!…へのコメント

    女体化出来る少年が男を愛していて、なおかつ周りにはハーレム(それにバイが一人)。
    文字にするとカオスだなぁ……(しみじみ

    作者からの返信

    読了ありがとうございます!!

    >女体化出来る少年

    大人です。でも、それさえも些細な問題に見えますね(笑)。

    2017年8月2日 15:30

  • 第一部外伝を終えてへのコメント

    お疲れ様でした!
    TS物完結おめでとうございます。本当はもっと引きずり込んでやりたいところですが、今回は労いの言葉にとどめておきます。

    作者からの返信

    長い物語、読了していただき感謝です。
    ただし、TS物ではありません。
    ロボット物です(笑)。

    一人で旅にでた後、彼がどんな道を歩むのかは皆様にある程度、おまかせしますので、「そのまま性転換して女性になった」等、好きに妄想してください(笑)

    まあ、たぶん彼もそのうち世代《セダイ》と合流するのでしょう。
    その時の彼がどうなっているのか……ぶっちゃけ私も考えていません(笑)。
    皆さんの意見で流されるかも知れません!←

    2017年7月31日 22:23 編集済

  • Act.0035:……変態だあぁぁぁ!…へのコメント

    は? こっちもハーレム?
    けしからんなあ……

    作者からの返信

    彼はハーレムを捨てます!

    2017年7月31日 22:20

  • Act.0034.5:なにを言っている…へのコメント

    達観者かあ

    作者からの返信

    あのパッパをなんとかぎゃふんと言わせたかった!(笑)

    2017年7月31日 22:19

  • Act.0034:剣は性に合わないんだ…へのコメント

    やっぱり変態で終わるよな(安心)

    作者からの返信

    変態で始まり、変態で終わる!

    2017年7月31日 22:18

  • Act.0033:俺のすべてをくれてやるへのコメント

    魔獣機甲か……
    パイロットは狂気。良いっすねえ!

    作者からの返信

    質が悪いシステムですよね!!(笑)

    2017年7月31日 22:17

  • Act.0032:問題は、あいつが逃げ…へのコメント

    素晴らしいロマン武装だ

    作者からの返信

    男は好きなんだよね、こういう武器!(笑)

    2017年7月31日 22:17

  • 第一部外伝を終えてへのコメント

    お疲れさまでした!
    いまはもうそれくらいしか言えない!

    作者からの返信

    最後まで読んで頂きありがとうございました!

    2017年7月31日 22:17

  • 第一部外伝を終えてへのコメント

    冴羽も初めは凄い格好良かったのに最後はパンツで釣られるバカになってたなぁ。少年達にハードボイルドが受けなかったのでどんどんボケ路線に行ったとか…
    獅子王も最後はブラに釣られたり、パンツ被ったりしちゃうのかねー。

    作者からの返信

    「獅子王」の状態でブラにつられて、パンツをかぶっていたら、なんか「和真」の状態よりもかなりヤバそうですね!(笑)

    長文の読了ありがとうございました!

    2017年7月31日 22:16

  • Act.0035:……変態だあぁぁぁ!…へのコメント

    上級者向けハーレム構築しにいってんなぁカズヤ!

    作者からの返信

    まあ、彼のハーレムは半年で終わりますので(笑)。

    2017年7月31日 22:15

  • 第一部外伝を終えてへのコメント

    とても楽しい物語をありがとうございました。

    一読者にしては口を挟み過ぎていると感じていたこともあり、感想など、書くのを止めようかと悩んでおりました。
    一つのお応えをいただき、救われた思いがあります。

    ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

    作者からの返信

    最後まで読んでいただきありがとうございました。

    書き手にとって一番つらいのは、「無反応」です。
    無反応なぐらいでしたら、何かしらツッコミをもらった方が「読まれている」と実感できるので嬉しい物なのです。
    むしろ、「おもしろかった」より「ここはおかしくかんじた」の方が、「おお、読み込んでくれているな」という感じがすることも。

    というわけで、これからも見守っていただけると嬉しい限りです。

    次は少し休んだらアウトランナーを完結させるつもりです。
    またよろしければお付き合いのほどをよろしくお願いいたします。

    2017年7月31日 15:44

  • Act.0035:……変態だあぁぁぁ!…へのコメント

    早く総てを認めてしまった方が楽になれるのに(笑)

    にしても、最後までキッチリと変態落ち。さすがです。
    和真の旅で出会ったもの、ススムの戦いなど、先が気になる話ばかりです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    本当は感動のフィナーレを考えていたはずなのに、途中から道を誤りました。
    でも、変態と認めたらそこで試合終了ですので(笑)。

    和真の旅は……みなさんでぜひ考えてください(笑)。

    2017年7月31日 15:41

  • 第一部外伝を終えてへのコメント

    お疲れ様でした。

    次回をお待ちしています。

    作者からの返信

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    少しでも楽しんでいただけたのでしたら幸いです。

    2017年7月31日 13:06

  • Act.0035:……変態だあぁぁぁ!…へのコメント

    ひとこと

    爆発しろぉぉぉぉーーー!
    変態!!!

    作者からの返信

    本人は大変な修羅場を患っていると思います(笑)

    2017年7月31日 13:05

  • Act.0034:剣は性に合わないんだ…へのコメント

    変態同士、お幸せに…

    そして、バレた!

    作者からの返信

    読了ありがとうございました……ってバレた!?

    セブンスがばれなければそれで(笑)

    2017年7月31日 12:56

  • Act.0034.5:なにを言っている…へのコメント

    二人の会話小気味いいw 笑いで体震えましたw
    というかやっぱパッパですね全くあちこちで!
    いいぞもっとやれ!

    作者からの返信

    読了ありがとうございます。

    たまにはパッパにも酷い目に遭って欲しくて書きました(笑)

    2017年7月31日 01:00

  • Act.0034.5:なにを言っている…へのコメント

    爆発なんて生温い、ちゃんと家に帰って修羅場って貰わないと!

    作者からの返信

    次の最終話では別の修羅場待っています(笑)。

    2017年7月30日 21:29

  • Act.0034.5:なにを言っている…へのコメント

    なんだろう、このやり取りとても面白かったです。
    やっぱりボケは、良いツッコミが居てこそ輝きますね!

    イイジーのキャラクター、名前も含めて気に入りました!(笑)

    作者からの返信

    読了ありがとうございます。

    ええ。ずっと読んでくれた「物語を楽しむ読者」であるiijiさんに気にいっていただけないと困ります(笑)。

    2017年7月30日 21:23 編集済

  • Act.0034:剣は性に合わないんだ…へのコメント

    まさかの和真さんまでハーレムルート入り!
    ダイターン3のようにはべらして旅をするのかな(笑)

    >縦位置文字に切断
    縦一文字ですか?

    作者からの返信

    あれ? 直したつもりが……。
    ありがとうございます、修正しました!

    和真さんはきっと1人でしょう……たぶん。

    2017年7月30日 21:22

  • Act.0034:剣は性に合わないんだ…へのコメント

    トドメは必ずその装備を使おう!バンクフィルムが使えなくなっちゃうからネ!!

    そして獅子王、捕食さる!

    作者からの返信

    バンクフィルムが使えることは重要ですよね!
    時間割的に!(笑)


    獅子王、二度捕食されたのでしょうか!?
    そこは謎のままと言うことで(笑)。

    2017年7月30日 19:49

  • Act.0034:剣は性に合わないんだ…へのコメント

    >>たぶん雷獅子を瞬間だった。
    →見た瞬間 かな?

    経験豊富なお姉さんとかsneg
    色々な意味で先が楽しみだな。

    作者からの返信

    ご指摘ありがとうございます!
    修正しました!

    外伝はあと1.5話ぐらいで終わる予定です。
    最後までおつきあいください!

    2017年7月30日 19:33

  • Act.0034:剣は性に合わないんだ…へのコメント

     お、おお…! 最高です、最高でした!

     雷獅子王、獣王十文字斬り、これぞスーパーロボット! って思ったら、世代さんからの指示w 流石ですww
     すっかり丸くなったデレベラさんに膝枕されて、ちゅーされて、パーフェクトな大団円ですね!

     和馬さんが世界に疑問を抱いたのも、先に繋がる感じでワクワクします。今後の展開も楽しみにしています!

    作者からの返信

    キスしたとは言っていません(してないとは言っていないw)。

    最後の必殺技だけルビ見つけませんでした。
    世代はそっちのが好みだったようです!

    2017年7月30日 19:34 編集済

  • Act.0033:俺のすべてをくれてやるへのコメント

    わっはー!頑張れ獅子王オネニィちゃん!
    魔力気力超力ガッツだ!!

    作者からの返信

    こっからは力技です!……たぶん!w

    2017年7月28日 18:29

  • Act.0032:問題は、あいつが逃げ…へのコメント

    レールガンの超性能!この何と戦うつもりなのか分かんない超スペック、間違いなく、世代さんの仕事だ……!

    作者からの返信

    読了ありがとうございます。

    まあ、趣味ですね!(笑)

    遠くの敵を気がつかれない位置から仕留めるをやりすぎた兵器です。
    視認距離を超えていますので(笑)。
    それを補うための装備もあるのですが、今回はお蔵入りでございます!

    2017年7月28日 18:28

  • Act.0033:俺のすべてをくれてやるへのコメント

    雷獅子「じゃあ、Y染色体とか筋肉とか凸部とか貰う」

    作者からの返信

    コメントありがとうございま……って、ちょっwww

    2017年7月28日 14:08

  • Act.0033:俺のすべてをくれてやるへのコメント

    おお、迫力のあるバトル!!
    【ミヤビ・神牙】の女パイロット……一体誰だろう?(棒

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。

    さあ? 誰でしょう?w

    2017年7月28日 13:23

  • Act.0033:俺のすべてをくれてやるへのコメント

    通報レベルの変態が、とうとうww

    女パイロット、気になります

    作者からの返信

    女パイロットは全く関係ありませんが、一応リンクを貼っておきます(笑)
    https://kakuyomu.jp/works/1177354054881432758

    2017年7月28日 13:08

  • Act.0033:俺のすべてをくれてやるへのコメント

    なんかすごい設定出てきました!!Σ(,,ºΔº,,*)

    そして、変態多いですね…

    作者からの返信

    ゴキ○リみたいなものですかねぇ~(笑)

    2017年7月28日 13:08

  • Act.0033:俺のすべてをくれてやるへのコメント

     獅子と熊、獣モチーフ同士のバトル迫力ありますね! しかしスルトンさん、あっさり狂っちゃって; こんな魔獣機甲をのりこなす女パイロット、いったい何央さんなんだ…

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    いったい何央さんなんでしょーねーwww

    2017年7月28日 12:43

  • Act.0032:問題は、あいつが逃げ…へのコメント

     選択型武装は下手すると無駄なレベルアップになる、グリモアの制限がわかり易く面白いですね。ロボデータを自作できるゲームをプレイしてるようです。

    作者からの返信

    読了ありがとうございます。

    魔法なんで何でもできる……としてしまうと面白味が無くなってしまいますので、一長一短、リスクとリターンなど、そういうものを考えるようにしています。
    まさにゲームバランスと一緒ですね。

    2017年7月25日 16:11

  • Act.0031:バ……バケモノじゃね…へのコメント

    電気の力…電磁ではないのですね!レールガンかと思いましたが…

    作者からの返信

    レールガンです。
    あれ?
    31話で電気って書いてなかったような……。
    32話では書いていましたが。

    2017年7月25日 13:05

  • Act.0031:バ……バケモノじゃね…へのコメント

    ローグロイドwww 如月(オカマ野郎)www
    俺の腹筋を返せww

    作者からの返信

    返します (*‘∀‘ *)つ【腹の贅肉】

    2017年7月24日 09:50

  • Act.0031:バ……バケモノじゃね…へのコメント

    雷獅子格好良い!
    後はドリルがあれば最強だな。

    作者からの返信

    読了ありがとうございます!

    かっこよく書きました!
    そうですね、あとはドリルさえあれば……

    (え? なぜドリル?)(;゚Д゚)

    2017年7月23日 22:23

  • Act.0031:バ……バケモノじゃね…へのコメント

    電力は正義力なんだ!

    作者からの返信

    だから、アウトランダーPHEVはすばらしい→「異世界車中泊物語アウトランナーPHEV」を読もう!

    こういう流れですね、わかります!(笑)

    2017年7月23日 22:22

  • Act.0031:バ……バケモノじゃね…へのコメント

     雷獅子つよぉい! しびれますね…あ、いや駄洒落ではなく。
     ローグロイドってアーマーローグが元ネタなんでしょうか。意外と骨のあるスルトンさん、何をやらかしてくれるか楽しみにしてます!

    作者からの返信

    読了ありがとうございます!

    ローグロイドは内緒!(笑)
    (たぶん、わかる人は笑うw)

    2017年7月22日 19:13

  • Act.0031:バ……バケモノじゃね…へのコメント

    TSのチカラに勝てるわけないじゃん

    作者からの返信

    そ、そこ!?
    そこなの!?wwwww

    2017年7月22日 18:51

  • Act.0030:俺にとっての最強とは…へのコメント

    最高かよ…褒め言葉の語彙が喪失してしまいました(笑)
    獅子王さん、もう引き返せない身体になってしまいましたね!?

    作者からの返信

    TSで釣れるながやん先生!!(笑)

    読了ありがとうございます!!

    和真はまだしも獅子王はヤバイですね!!(笑)

    2017年7月22日 18:50

  • Act.0030:俺にとっての最強とは…へのコメント

     戦ってるとこはカッコいいのに; とうとう和真さんまで世代さんのアレの餌食になっちゃいましたね。男の姿ではああならないのがせめてもの救いでしょうか。

    作者からの返信

    男の姿の時も、もしかしたら……。
    いやいや、それはない、うん(笑)。

    2017年7月22日 15:24

  • Act.0030:俺にとっての最強とは…へのコメント

    パイルバンカーみたいのついてる!?

    作者からの返信

    ……あ、鋭い(笑)。

    でも、電光散華中は使っていません。
    移動自体が超高速なのであまり意味がないのです。

    ってか、次のアクションシーンの仕掛けがばれた(笑)。

    2017年7月21日 16:57

  • Act.0029:そういうイメージなん…へのコメント

    世代君、ここに至るまで基本的に全力投球のワンオフ機を数々と作り出しているけど、普及・量産を前提にした設計なんかはできるのだろうか。

    ロボットデザイナーとしての彼がまだ伸び代を残していたりとかして・・・

    作者からの返信

    そこは、インスピレーションを受けた漫画「甘い生活」と同じパターンですね!(笑)

    具体的には…………おっと内緒です!

    2017年7月21日 14:26

  • Act.0028:スーパーロボットなの…へのコメント

    変形しそう

    作者からの返信

    ライオンスタイルになることも考えていました。
    でも、やめました。
    想像力が負けました(笑)。

    2017年7月21日 14:25

  • Act.0030:俺にとっての最強とは…へのコメント

    男性が乗ると背後に世代か。
    アァーん心できないのは気のせいだな。

    作者からの返信

    読了ありがとうございます!

    「アァーん心」は絶対安心できないやつですよね!?www

    2017年7月21日 14:24

  • Act.0030:俺にとっての最強とは…へのコメント

    今回はオチが中程に…

    へえーー世代くんにそんな感情を…
    汚染されていくんですね!

    作者からの返信

    さ、されませんよ……たぶん……
    ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

    2017年7月21日 13:01

  • Act.0030:俺にとっての最強とは…へのコメント

    女性としての快感を体験する……
    Goodですね。

    作者からの返信

    褒められた……だと?
    ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

    2017年7月21日 13:01

  • Act.0029:そういうイメージなん…へのコメント

    世代君の語りすきだwww
    本編で設計された各機の特性が知れて良かったです。有意義な回想でした!

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    どこかで消化しておきたい話でした!

    2017年7月1日 22:42

  • Act.0028:スーパーロボットなの…へのコメント

    正直に言います。
    読むのが久しぶりだったので展開を忘れてました。

    が、エ◯本で思い出したぞwww

    作者からの返信

    読了ありがとうございます。

    やはりエ○本は偉大ですね!!

    2017年7月1日 22:41

  • Act.0029:そういうイメージなん…へのコメント

    世代君、チィース。
    場合によっては死ぬって怖すぎ!?

    作者からの返信

    世代「リミッター解除しなければ大丈夫!」

    2017年6月9日 15:53

  • Act.0029:そういうイメージなん…へのコメント

     回想で久々の世代さん登場! 嬉しくなりました。また楽しそうにロボ談義をしてくれて。いいですねぇ、このノリ!
     世代さんの『スーパーロボット』の定義、それを再現した魔生機甲の危なっかしい性能w これぞレムロイド! って本編の雰囲気が伝わってきました。
     雷獅子の大活躍、期待してます!

    作者からの返信

    ありがとうございます!

    やっとずっと考えていた戦いシーンを書けます。
    ここまで長かった(笑)
    がんばります!!

    2017年6月7日 22:11

  • Act.0029:そういうイメージなん…へのコメント

    そういうテーマがあったんですね。
    本編中ではきづきませんでした。

    どこまでもロボットに一途で真面目なんですねぇ。

    返信を読んでの追記
    なんか読み手、書き手の深い話が聞けました。ありがとうございます。

    作者からの返信

    https://kakuyomu.jp/works/1177354054881503653/episodes/1177354054881503696

    実は上記で――

    > 私はこの機体を『かつての愛機へと、魔法と呼ばれる技術を用いて機能を焼き直ししたもの』のように感じたのです。
    > 何故かといえば、この機体には、魔法でしか出来ない事はほぼ含まれていない。

    ――という感想をいただいていますが、ある意味でこの話で語ったことは、これに対する回答の一つであります。

     ヴァルクは最初に魔法を知らない段階で設計されてしまった。
     だから、後日追加する飛行機能などは魔法を使うかもしれませんが、もともとは魔法を使うイメージはかけらもなくアクティベーションされてしまったわけなのです。つまり、魔法戦に向いていない。
     その後、彼は彼なりにテーマを決めて魔法を試すわけですが、魔力がない自分には魔法に頼るレムロイドは似合わない。
     だから、ヴァルクはきっとそのまま原点の形なのでしょう。

    2017年6月7日 15:30

  • Act.0028:スーパーロボットなの…へのコメント

    まさか小説で勇者ロボ並の黄金が見れるとは思いませんでした。
    続きを気にしながらゴルドランを見てます(笑

    作者からの返信

    読了ありがとうございます!

    獅子と言えば「金」!
    これはやはり譲れないイメージでした!
    ゴルドランに負けないぐらい頑張ります!

    2017年6月7日 15:18

  • Act.0029:そういうイメージなん…へのコメント

    なるほど、スーパーロボットはそういうイメージ…

    マジンガーみたいな?
    ゲッター線?

    作者からの返信

    読了ありがとうございます。


    ……まあ、きっとそこまでではないでしょう。
    世代はまだしも和真にはそこまでのイメージはないでしょうからね。

    2017年6月6日 13:19 編集済

  • Act.0028:スーパーロボットなの…へのコメント

    絵が欲しいところですね~

    飛び出すエロ本?

    それどんな変態?

    作者からの返信

    い、一応、飛び出す前にエロ本から魔生機甲設計書《ビルモア》に戻っています!!

    ただ、はたから見たらエロ本からオーラム……じゃなく、雷獅子がでてきたように見えたような見えないようなw

    2017年6月6日 13:13