Act.0005:知らないよ?

「盗人め! 父の形見、私のビルモアを返せ!」


 その美少女の迫力に、向けられた灰色の大剣の迫力も加わり、世代セダイはかなり圧倒されてしまう。

 年齢はあまり変わらないようだが、たいして鍛えていない彼に比べて、彼女の体はあきらかに引きしまっている。


(……うん。勝てないね)


 世代セダイの頭の中から、「戦う」という選択肢が消えた。


 もちろん、本来は戦う必要性などない話だ。

 なにしろ、身に覚えがない。

 何を盗んだのかわからない。


「返せと言われても……ビルモアってなに?」


 世代セダイは剣で威されながらも、平然と聞きかえした。

 彼にはまだ、いろいろと実感がなかったのだ。

 剣を向けられても、まるで夢の中のことのように感じてしまう。


 しかし、その態度が癇に障ったのか、彼女は烈火のごとく怒声をあげる。


「とぼけるな! 貴様が手にしているのは、私の魔生機甲設計書ビルモアだろうが!」


「……このノート?」


 世代セダイは、手に持っていたノートを掲げる。

 もちろん、彼が5時間以上かけて描きあげたロボットのデザインが描いてある。


「なにがノートだ! その表紙の魔法陣は、まちがいなく我が父が所有していた魔生機甲設計書ビルモアではないか! 我が家からの輸送中に狙うとは、どうしてこの輸送計画を知り得た!? 白状しろ!」


「白状と言われても……」


 相手が怒りにまかせてくるので、逆に世代セダイはますます落ち着いてしまう。


 要するに、このノート――魔生機甲設計書ビルモア――は、彼女の物らしい。

 そして、盗まれた。

 盗んだのは世代セダイではないので、考えられるのは彼がかるく倒した2人だろう。

 しかし、それを説明して納得してくれるだろうかと、世代セダイは「うーん」と低くうなる。


「なにを難しそうな顔をしているのか! とにかく返せ!」


「はい、どうぞ」


「……え?」


 世代セダイは、普通にさしだした。

 せっかく傑作を描いたが、他人のノートでは仕方がない。

 それに、アイデアはほぼ頭に入っている。

 だから、また描けば良いだけの話である。


「……ふん!」


 何か仕掛けられるとでも勘ぐったのか、彼女が怖々と手を伸ばした。

 そして、世代セダイからビルモアをひったくるみたいに取りあげる。


「他の4冊はどうした!?」


「あの中にあったけど……」


「なに? ……よし、貴様はそこで待っていろ!」


 警戒しながらも、彼女は小走りにコンテナの中に走りこんだ。

 そしてしばらくすると、「あった! やった! よかったぁ~!」という歓喜の声があがる。

 その声は先ほどまでの雄々しい声よりも、かなり子供っぽいイメージを世代セダイに与えた。

 だから彼は、今なら「いける!」と睨んだ。


「それはよかった。ボクはたまたま通りかかった、さすらいの旅人なので、これにて失敬いたしまする……」


 三十六計逃げるに如かずと、彼は早々に踵を返す。

 お腹は空いているが、殺されてはたまらない。


「待てーい!」


 だが、大剣を持つ彼女は、それを許してくれなかった。

 コンテナから飛びだしてくる。


「お前、犯人だろう!」


「いえ。『犯人だろう』と言われましても。それにたかが、ノート5冊で……」


「ノートではない! これは魔生機甲設計書ビルモアだろう!」


「そのロボットの設計書がビルモアなの?」


「ロボット? なんだ、それ? ……もしかして、お前、魔生機甲設計書ビルモアを知らないのか?」


「知らないよ?」


 世代セダイの答えで、彼女の目が丸くなる。


「そんなバカな……。魔生機甲設計書ビルモアを知らない人間がいるなんて……。赤ん坊だって知っていることだぞ」


「そんなバカな……」


「マネするな! そのぐらい有名なことだと言うことだ! まさか、魔生機甲レムロイドも知らないのか!?」


「あ。それは知ってる。BMRSのロボットね」


「BMRS? お前、さっきから何を? ……いいか。魔生機甲レムロイドというのは、この魔生機甲設計書ビルモアに、こう……」


 そう言いながら、彼女は持っていた魔生機甲設計書ビルモアのページをめくった。

 パラパラ、パラパラ……と。


「――!?」


 その次々にめくられていくページを彼女は二度見する。

 そして、そこに多くの図と文字が在ることを認識した途端、鼓膜を破るかと思うような悲鳴をあげる。


「うわあああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」


 絶叫に近い声で、世代セダイは思わず耳を塞ぐ。


「な、な、な……なにか、描きこまれているぅ!? というか、すでに素材調達済み!? なにこれっ!?」


「…………」


 世代セダイは、心の中で冷や汗を流す。


(……うん。ボクは、何も知らないよ?)


 とりあえず彼は、無関係を装って、すっとぼけてみることにしたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!