Act.0006:さすらいの旅人です

「どういうことだ!? しかも、50ページも……。レベル50のレムロイドなんて誰が操縦すると!?」


「…………」


「というか、なんだこれは……。今まで見たことないぐらい細かいデザインじゃないか。しかも、色がついている!? 色指定なんて成功した人はいないはず……。それに見た目も、現存の魔生機甲レムロイドとまったく違う……」


「…………」


「デュアルコアシステム? 搭乗者が二人?? 変形? 飛行? な、なんなのだ、これは……」


「…………」


「――って、おい! そこのすっとぼけてるお前!」


 ずっと、無表情を決めていた世代セダイは、彼女に睨まれた。


「……お前?」


 だが、彼はあくまですっとぼけるため、自分以外の誰かが呼ばれたかのように周囲を見まわしてみせる。


「だから、お前だ! もしかして、すでに裏家業の魔生機甲設計者レムロイドビルダーと合流したのか!? いったい、これを書いた魔生機甲設計者レムロイドビルダーって何者だ!? どこにいる!? こんな詳細な技術と今までにない発想、それを活性化イネーブルできるイメージ能力……こんなことができるなんて信じられん。さらになんだ、この素材! 聞いたこともない素材で――なっ、なんだ!?」


 勢いよく流れる滝のような彼女の言葉を遮って、唐突にバシュッというような響く音が2つ響いた。

 それは北の小高い丘の上にできた、巨大な2つの影が発した音。

 影はそのまま上空を飛来し、世代セダイと彼女の上に覆いかぶさる。


「――ちょっと!?」


「くっ!」


 世代セダイと彼女は、慌てて地を蹴った。

 2人は転びそうになりながらも、その影から少しでも離れようとする。


 その直後、地面を揺らす激震に、確かな重量感を感じさせる着地音が響く。

 突風。

 2人は、そろって前のめりに風に巻かれて倒れてしまう。


「いててっ……」


 すれた手足の痛みに耐えながらも、うつぶせに倒れていた世代セダイは体を起こした。

 そしてふりかえると、そこにはまた新たな2機のロボットが立っている。


(……またカッコ悪いのが来たぞ……)


 中世鎧風なのは同じだが、少しだけ全体が鋭角的になっている。

 ただし、関節がすごい。

 灰色をした球体関節だった。

 ぱっと見て、それはきれいな真円を描いた灰色の鉄球に見えた。

 それが、各関節をつないでいる。


(な……なんという適当さ……)


 どうしてあれで動くのか、世代セダイには不思議で仕方ない。

 しかし、そのロボットはしっかりと手足を動かし、世代セダイたちの方に向きなおった。


「ほお~。これは驚いた! あの二人がいないと言うことは、まさか、いちずお嬢様が倒したのか! 自分の魔生機甲設計書ビルモアを持っていないようだが、魔生機甲レムロイドもなしでどうやったんだ?」


 現れたロボットの1機の胸の部分がバカッと上に開き、そこから一人のひげ面が顔を覗かせた。


「柳生! ……やはり、お前が黒幕だったのか!」


 女――いちず――が、憎悪たっぷりに睨みつけるが、柳生と呼ばれたひげ面は涼しい顔を崩さない。


「おいおい。年上にその口の利き方はないだろう? おれはただ、退職金もださない頑固オヤジから退職金をいただいたまでだ」


「なにが退職金だ! お前、適当な仕事をしてクビになっただけじゃないか!」


「なにが適当な仕事だよ。あんな安い給料でおれをこき使った、お前のオヤジのが悪党じゃねえか」


 柳生は、高い位置から叩きつけるように怒鳴った。


「ふざけるな! 父は、立派な魔生機甲設計者レムロイドビルダーだったんだ!」


「はいはい。もういいですよ、なんでも。じゃまだから、いちずお嬢さんもここで死んでもらうからさ」


「ふっ……ふざけやがって!」


 いちずは、もっていた大剣を柳生に向けるが、まさに蟷螂の斧だった。

 相手が乗っているロボットの大きさは、15メートルはあるだろう。

 コックピットを見上げるだけでも一苦労だ。


「……ところで、その横のはお嬢様のボーイフレンドかなにかか?」


「そっ、そんなわけあるか! 貴様の仲間じゃないのか!」


「はん? 知らんぞ、そんな小僧……」


「…………」


 まるで問い詰めるようないちずの視線を世代セダイは受け取った。


 なんとなく察して、世代セダイはコクコクとうなずく。


「さすらいの旅人です」


「……す、すまん。巻きこんだ」


 下唇を噛むいちずに謝られても、世代セダイにとってみれば後の祭りでしかなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!