魔法使いで引きこもり?-モフモフ以外とも心を通わせよう物語-

作者 小鳥屋エム

フォロー 1話目から読む

目次

連載中 全275話

更新

  1. 序章 旅の始まり
  2. 001 大往生からの転生
  3. 002 卵石
  4. 003 冒険者ギルドと採取ついでに岩猪
  5. 004 生まれたのは
  6. 005 基礎魔法のレベル上げ
  7. 006 闇属性と隠蔽魔法
  8. 007 乗合馬車
  9. 008 老人を助ける
  10. 009 空間魔法
  11. 010 異種族の親子
  12. 第一章 王都ロワル
  13. 011 貨幣価値と王都
  14. 012 孫娘
  15. 013 王都の冒険者ギルドと図書館
  16. 014 知識と食材の多さについて
  17. 015 生活魔法
  18. 016 魔法の勉強と隠蔽魔法
  19. 017 王都での暮らし
  20. 018 10級ランクの仕事
  21. 019 エルフの少女と犬探し
  22. 020 王立ロワル高等学院
  23. 021 ティアとその仲間達
  24. 022 冒険者パーティー
  25. 023 言い訳の末の勉強会
  26. 024 魔力切れ
  27. 025 神様の姿
  28. 026 ドワーフの仕事
  29. 027 ストーカーと騎獣の散歩
  30. 028 スミナ王女物語とウィリデ
  31. 029 書物オタク
  32. 030 通信手段
  33. 031 指名依頼
  34. 032 副執事の登場
  35. 033 高ランクパーティー
  36. 034 誓言魔法と精霊の告白魔法
  37. 035 誕生祭1日目と屋台メニュー
  38. 036 おやつメニューと誕生祭2日目
  39. 037 勝気な少女
  40. 038 誕生祭3日目
  41. 039 職人の気持ち
  42. 040 誕生祭3日目の午後
  43. 041 祭りの後の大掃除
  44. 042 希少獣の交換
  45. 043 魔法袋の製作打ち合わせ
  46. 044 世界最高峰の魔法大学校
  47. 045 ロワイエ山での三目熊討伐
  48. 046 ハイエルフ語の祝福
  49. 047 レシピの入札
  50. 048 友達との別れ
  51. 第二章 魔法学校 前半
  52. 049 王立ロワル魔法学院
  53. 050 入学式の後
  54. 051 リグドールとの出会いとご飯屋
  55. 052 初年度の基礎学科
  56. 053 初めての授業とギルドカード
  57. 054 授業の免除とローブの仕様
  58. 055 薬草採取
  59. 056 火属性の授業と新しい出会い
  60. 057 特許申請と薬草の大量発生
  61. 058 スライム繁殖の理由
  62. 059 再会
  63. 060 竜人族
  64. 061 竜の大繁殖期は大災害
  65. 062 友達と森へ勉強に
  66. 063 土属性魔法
  67. 064 木属性魔法
  68. 065 生徒いじめ
  69. 066 教師への反乱
  70. 067 服作り
  71. 068 スライムの活用法
  72. 069 商機、友人達との日常
  73. 070 若様のローマの休日
  74. 071 離れ家探検
  75. 072 お泊り会
  76. 073 順調な学生生活? 
  77. 074 研究科7クラス
  78. 075 魔道具作成のお手伝い
  79. 076 軽い気持ちで
  80. 077 戦略科の先輩達
  81. 078 騎獣の調教
  82. 079 若手の勧誘
  83. 080 オスカリウス辺境伯
  84. 081 過去の日本人転生者
  85. 082 インキュバスと飛竜と
  86. 083 後ろ盾
  87. 084 飛竜と会話をしてみたい
  88. 085 防具の話と見返りと
  89. 086 転移門
  90. 087 辺境伯領
  91. 088 ストーキング魔法とハニートラップ
  92. 089 地下迷宮の街アクリダ
  93. 090 地下迷宮の探検観光
  94. 091 糸引き豆
  95. 092 宮廷魔術師は怒りんぼ
  96. 093 気になる飛竜の揺らぎは
  97. 094 事情聴取の呼び出し
  98. 095 茶番劇
  99. 096 子供のようなお爺さん
  100. 097 成獣祝い
  101. 098 女友達
  102. 099 学祭準備
  103. 100 学祭初日
  104. 101 学祭2日目戦略科
  105. 102 学祭3日目研究科
  106. 103 学祭4日目、第二王立中等学校
  107. 104 学祭最終日
  108. 105 ロワイエ山での採取と特訓
  109. 106 高濃度魔素と新しい攻撃力
  110. 107 攻撃魔法の代わりの魔道具
  111. 108 塊射機
  112. 109 武器の材料変更と侯爵との挨拶
  113. 110 同好の士を得たり
  114. 111 森での合宿初日
  115. 112 森での合宿初日の昼
  116. 113 森での合宿初日の夜
  117. 114 森での合宿2日目特訓
  118. 115 森での合宿2日目新技
  119. 116 森での合宿帰路に
  120. 第三章 竜の大繁殖期
  121. 117 演習場へ出発
  122. 118 携帯簡易トイレ
  123. 119 野営地の準備と打ち合わせ
  124. 120 少年の初恋は
  125. 121 演習開始
  126. 122 演習での初めての狩り
  127. 123 魔獣からの逃亡訓練
  128. 124 嫌な予感
  129. 125 火竜の大暴走
  130. 126 新しい出会い、友達? 
  131. 127 洞穴での説明
  132. 128 魔獣のスタンピード
  133. 129 先輩方の救助
  134. 130 身の程知らずの代償
  135. 131 冗談と脅し、飴と鞭
  136. 132 匂い玉の正体
  137. 133 寄せ集め生徒達の一致団結
  138. 134 個別避難の生徒達の様子
  139. 135 竜化
  140. 136 飛竜の上から攻撃を
  141. 137 優しい竜騎士と大蟻捕獲
  142. 138 尻袋で強酸爆弾
  143. 139 ゴム手袋と爆弾投下
  144. 140 ボロボロになった令嬢
  145. 141 女性には優しい? 
  146. 142 状況説明と安らかな岩の個室
  147. 143 ある一面の正義感
  148. 144 救助隊と共に
  149. 145 涙の再会
  150. 146 挨拶回りと、地底竜
  151. 147 二度目の地底竜と竜人族
  152. 148 昼休憩と尻尾好き
  153. 149 友達の避難と竜フェロモン
  154. 150 握手と報告と要請と
  155. 151 発生地点までは飛竜で
  156. 152 適正検査と撃ち方練習
  157. 153 塊射機隊の初出動
  158. 154 料理でのんびり仲良くと
  159. 155 辺境伯の恩人
  160. 156 久しぶりの学校
  161. 157 報告書の打ち合わせ
  162. 158 簡易トイレの特許と戦利品
  163. 159 解体・仕分け・研究科・仕入れ
  164. 160 久しぶりの冒険者ギルド
  165. 161 貴族の懐事情と治療院
  166. 162 見習い冒険者の勧誘
  167. 163 凱旋
  168. 164 ブロスフェルト師団長
  169. 165 招待状と報告と
  170. 166 祝賀会の準備、正装
  171. 167 謁見
  172. 168 挨拶回りとお食事吟味
  173. 169 王子様と食べ物
  174. 170 王族の人達
  175. 171 王族の魔法事情と酔っ払い
  176. 172 気付け薬と恩賞と
  177. 173 行方不明の塊射機
  178. 174 上官の犯罪
  179. 175 救出した二等兵
  180. 176 ラーシュのやる気
  181. 177 化粧水と事件の真相
  182. 178 魔獣呼子
  183. 179 打ち上げパーティー
  184. 180 芸術的文字表現
  185. 第四章 闘技大会
  186. 181 爺様に育てられたこと
  187. 182 視覚転移の別の方法
  188. 183 旅行のお誘いと家の管理
  189. 184 旅行の前の、やるべきこと
  190. 185 デルフ国へ出発
  191. 186 宿の様子とお小遣い
  192. 187 食事事情と開会式
  193. 188 闘技大会の初戦と再会
  194. 189 友達同士を紹介
  195. 190 食べ物探し
  196. 191 新しい食材と図書館と市場
  197. 192 樵の性分と恐喝騒ぎ
  198. 193 本の大人買い
  199. 194 フェレスの独占欲
  200. 195 魔道具と武器屋廻り
  201. 196 ナイフ選びと貴族嫌い
  202. 197 異国の地で朝ご飯作り
  203. 198 デルフの森の探検
  204. 199 聖獣プリュム
  205. 200 近衛空挺団
  206. 201 夜間飛行
  207. 202 賊の待ち伏せ
  208. 203 夜中の帰宅
  209. 204 闘技大会本戦、準々決勝戦
  210. 205 試合は興味なし
  211. 206 国と国との事情
  212. 207 闘技大会最終日
  213. 208 闘技大会終了
  214. 209 打ち上げ
  215. 210 ボルナの王城
  216. 211 モノケロース
  217. 212 話の流れと、大暴走
  218. 213 希少獣の現状と、宰相との対面
  219. 214 贋作と帝国金貨とお疲れ会
  220. 215 ニセ白金貨の報告と出発前
  221. 216 それぞれの故郷
  222. 第五章 魔法学校 後半
  223. 217 夏休みも終わり
  224. 218 再会と別れ、飛び級
  225. 219 休みの過ごし方と補講授業
  226. 220 薬草学の話と戦略科の話
  227. 221 授業の手伝いと兵站科
  228. 222 そろばんと同居のお誘い
  229. 223 教養科の恐怖と戦士科の手伝い
  230. 224 交流会の割振りとお休み
  231. 225 お爺ちゃんのローマの休日
  232. 226 喫茶店と市場
  233. 227 一世一代の
  234. 228 侯爵家へご訪問
  235. 229 淑女のスレイプニル
  236. 230 聖獣と希少獣と学院訪問
  237. 231 学院の中は成金趣味
  238. 232 王子様と王女様
  239. 233 王女の悩みと新イベント
  240. 234 人工地下迷宮
  241. 235 結婚のお祝い
  242. 236 蒼玉宮へのお招き
  243. 237 王子様と料理の数々
  244. 238 迷宮の正式稼働とザフィロの恋
  245. 239 グルメ対決の案
  246. 240 人工地下迷宮の詳細
  247. 241 祭りの準備とギルドの悩み
  248. 242 二度目の誕生祭、初日
  249. 243 西下地区のチープな出店
  250. 244 2日目のお祭り
  251. 245 味自慢対決とリグドール
  252. 246 味自慢対決と魔力過多症
  253. 247 誕生祭最終日と日々のこと
  254. 第六章 シーカー魔法学院 冬の日常
  255. 248 ラトリシア国へ
  256. 249 メイドとお話、王都の散策
  257. 250 ルシエラのギルドと市場
  258. 251 熟成肉とギルドにて
  259. 252 冒険者のお仕事
  260. 253 冬山での狩り
  261. 254 滑車と解体と置き去りと
  262. 255 失敗すると臭いです
  263. 256 魔法学院の六角形の校舎
  264. 257 自己紹介の後は
  265. 258 大本命の図書館へ
  266. 259 雪の中での薬草採取
  267. 260 鍛冶と意外な出会い
  268. 261 講義の授業参観と時間割作成
  269. 262 ギルドのはしご
  270. 263 魔法開発とラトリシア料理、シガールーム
  271. 264 近況報告と授業内容
  272. 265 生産の授業と飛び級試験
  273. 266 魔獣狩りと冬の食べ物
  274. 267 新たな講座、古代遺跡研究
  275. 268 魔術理論と魔獣魔物生態の授業
  276. 269 複数属性術式開発
  277. 270 楽しい授業と楽しくない授業
  278. 271 戦術戦士科
  279. 272 杖なしは多数派、無詠唱は少数派
  280. 273 ギルドにケーキ、森へ魔獣狩り
  281. 274 魔獣狩りと薬草師の護衛
  282. 275 遺跡物の鑑定