紅霞後宮物語 第零幕/雪村花菜

作者 富士見L文庫

フォロー 1話目から読む

後宮小説の新本命! 『紅霞後宮物語』小玉の伝説は、ここから始まる! 富士見L文庫

関小玉――。
希代の天才と呼ばれ、後に「紅霞宮」に入り、千年先まで名を残す皇后となった女性である。
彼女が後宮に入る以前の記録は少ない。一兵卒から出世を重ね、女性として初めて将官となったことは伝えられているが、軍に入った経緯は部分的にしか知られていない。
彼女は何故軍人として歩むことを決めたのか。
後に伴侶となる皇帝とはどのように出逢ったのか。

小玉の伝説はここから始まる――!



【著者紹介】
雪村花菜(ゆきむら・かな)
第二回ラノベ文芸賞にて、応募作『生生流転』が金賞を受賞。受賞作を改稿・改題したデビュー作『紅霞後宮物語』(富士見L文庫)は、発売後たちまち大重版がかかり、大ヒットシリーズに。『月刊プリンセス』(秋田書店)にてコミカライズ連載中。コミック『小玉伝~紅霞後宮物語~1』(作画:栗美あい)も絶賛発売中。

目次

連載中 全39話

更新

  1. 第一部
  2. 第1話 伝説に至る道〜若き少女の悩み〜
  3. 第2話 伝説に至る道〜若き少女の旅立ち〜
  4. 第3話 軍人に、なってみたはいいけれど
  5. 第4話 月夜の事件とはじめての試練
  6. 第5話 回復と手紙、そして一人の佳人
  7. 第6話 彼女にとっての褒美 ~無知とは誰の罪なのか~
  8. 第7話 当人そっちのけで決まる進退
  9. 第8話 下っ端にはどうでもいいこと
  10. 第9話 それは唐突に落ちるもの
  11. 第10話 運命の流れに乗って
  12. 第11話 断章~ある少年の視点~
  13. 第12話 戦場の中の女――意外と大活躍
  14. 第13話 緊迫の夜
  15. 第14話 朝までは長く
  16. 第15話 恋心の終わり
  17. 第16話 彼と彼女の和解~真相はどこか苦々しい~
  18. 第17話 忘れられないもの
  19. 第二部
  20. 第18話 プロローグ 軍人としての覚悟
  21. 第19話 初めての友人
  22. 第20話 本物の彼氏は、一応いる
  23. 第21話 本物の彼氏は、一応いた
  24. 第22話 まだら色の運勢
  25. 第23話 突破作戦
  26. 第24話 生き延びた兵士として
  27. 第25話 名うての遊び人
  28. 第26話 新たな部下
  29. 第27話 衝撃的な噂
  30. 第28話 南瓜をもらったりもする
  31. 第29話 相応な出世
  32. 第30話 新人が来るらしい
  33. 第31話 噂の新人、周文林
  34. 第32話 最悪の相性
  35. 第33話 もらった南瓜はこう使う
  36. 第34話 名付けのセンス
  37. 第35話 説明が大雑把
  38. 第36話 押印も大雑把
  39. 第37話 文林、初出征決まる
  40. 第38話 死にたがらなさ屋
  41. 第39話 特技は記憶力

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

小説情報

紅霞後宮物語 第零幕/雪村花菜

@lbunko
執筆状況
連載中
エピソード
39話
種類
オリジナル小説
ジャンル
異世界ファンタジー
タグ
中華 後宮 強い女性 紅霞後宮物語 軍人 戦争
総文字数
156,059文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
286人
応援コメント
4件
小説フォロー数
924

アクセス数