紅霞後宮物語 第零幕/雪村花菜

作者 富士見L文庫

958

340人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

出版されているエピソードを先に読んだほうが、楽しめるかもしれない。

一巻の発売時に、平台で面白そうだと購入。
それ以来、全巻を購入している。
四十代のオッサンがスーツで購入するのは、なかなかハードな表紙だったりするのだが、頑張っている。

本編(元々はこっちが本編だったらしいが)での皇帝さまも、まだ一兵卒で、ロードオブザリングのアラゴルンみたいで面白い。

ちょっと重たくなった本編のほうも、次を期待している。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました