中世風ファンタジーだろうが、銃撃ちたい! ~ファンタジー舞台で近代文明出しても知識マウントされない方法を模索するぜ~

作者 椎名 富比路

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全20話

更新

  1. はじめに ~うるせえ! 俺のファンタジーは銃が撃てるの!~
  2. 「魔法を撃てる銃」と「杖」の違い
  3. 「ゲームみたいな世界」が問題じゃねーんだよ! 「どのゲームか」が問題なの!
  4. Q.そもそもなんで撃ちたいの?
  5. 決して絶対的に銃が強いわけじゃない
  6. ロボをファンタジー世界に出すには
  7. ファンタジー小説に「電子通貨」を出した話
  8. 「汁なし担々麺」の発祥
  9. 小説講座で実際にあった「世代間ギャップ」
  10. キャラシートって書く? オレは適当
  11. 質問:みなさんファンタジー世界の「外観」て、どんなん?
  12. キャラモデル色々
  13. 質問:異性の服装描写で、正直ポカしたことある?
  14. 質問:作者の美的センスにツッコむ?
  15. ミステリが書けない? いいアイテムがありますぜ
  16. 質問、返答編
  17. 質問:あなたの主人公像は?
  18. 質問返答 & 質問:あなたの主人公の「役割」は?
  19. 「好きなものを書きましょう」というアドバイスが、アダになる人種とは?
  20. HJ大賞への投稿者に質問:挿絵を担当して欲しいイラストレーターは?