やつはとんでもないものを盗んでいきました。それは相手の一番大事なものです。

作者 名無し

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全52話

更新

  1. 第1話 俺って馬鹿にされやすい体質なんだろうか
  2. 第2話 冗談なら何を言っても許されるというのか
  3. 第3話 初めから今までずっとゼロだったんだ
  4. 第4話 まともに生きることも死ぬこともできない
  5. 第5話 ずっと逃げ続けていたような気がする
  6. 第6話 そこにかつての自分は映っていなかった
  7. 第7話 いつかお前らを引き摺り落としてやる
  8. 第8話 思わず見惚れてしまう
  9. 第9話 一匹の人間がそんなに珍しいのか
  10. 第10話 わかりやすいやつだ
  11. 第11話 一方的な暴力大会が催された
  12. 第12話 ここまで素直でいい子は今時珍しいもんだな
  13. 第13話 一体どんな物語が脳内で展開されてるんだか
  14. 第14話 自分でも寒気がする台詞だ
  15. 第15話 うずうずしている
  16. 第16話 努力なんかしなくてもすぐできるようになるのが才能
  17. 第17話 常軌を逸した空気を纏っている
  18. 第18話 まるでまだ生きてるかのようだった
  19. 第19話 なんで自分がこうも平然としていられるのかわからなかった
  20. 第20話 なんてもん食ってんだ
  21. 第21話 この子の周りだけどんよりとした雲が漂ってそうだ
  22. 第22話 真面目に頑張るやつほどバカを見る
  23. 第23話 途轍もなくおぞましいものがそこにいる
  24. 第24話 ただ単純に興味があるだけだ
  25. 第25話 なんで生きてるんだ
  26. 第26話 どっちかが嘘をついていることになる
  27. 第27話 幸せなやつには不幸なやつの気持ちなんてわからない
  28. 第28話 どこかで聞いたような台詞だな
  29. 第29話 右手が締め付けられるように痛くなった
  30. 第30話 今までにない充足感があった
  31. 第31話 なんだかこういうのも悪くない気がしてきた
  32. 第32話 世紀の大泥棒の力を見せつけてやろう
  33. 第33話 虎穴に入らなければ何も得られない
  34. 第34話 どうやら処世術には長けていたらしい
  35. 第35話 まさに次元が全然違っていた
  36. 第36話 妙なことを口走ってたな
  37. 第37話 思考が停止しそうだ
  38. 第38話 いつの間にやら遠くへ来たもんだ
  39. 第39話 いよいよ待望の瞬間が迫ってきた
  40. 第40話 これが英雄の吐く言葉なのか
  41. 第41話 やつらに与える負の影響は相当なものだろう
  42. 第42話 近いうちに必ず尻尾を出すはずだ
  43. 第43話 これは紛れもなく俺の本音だった
  44. 第44話 得体の知れない何かを感じた
  45. 第45話 まるで罰ゲームみたいに思えてきた
  46. 第46話 理解が追いつかない
  47. 第47話 どいつもこいつもなんで泣くんだ
  48. 第48話 平和に見えるときこそ注意しないといけない
  49. 第49話 自分に言い聞かせる意味合いもあったんだろう
  50. 第50話 この機会を逃すわけにはいかない
  51. 第51話 凡人で悪かったな
  52. 第52話 まるでもっと奪いたいと訴えているかのようだ