残念ながら、僕たちが青春時代夢中になったものは何の役にも立ちませんでした!(涙)

作者 ガチ岡