魔王の棲家~天才魔術師と老いた英雄達の物語~

作者 飛鳥 休暇

37

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この物語は前書きで紹介されているとある施設で進みます。

その施設に集められた人たちはいずれも哀れです。それでも彼らから誇りを奪うことはできません。

読み進める読者は若い主人公とともに人間の奥深さを知っていきます。巧みな構成と高い文章力によって一つの結論へと導かれます。

そして、これは辛気臭くならないエンターテイメントです。爽快な見せ場がパンパンに詰まっています。

読み終えたあとは人間っていいなと思う物語です。

★★★ Excellent!!!

冒頭は異世界ファンタジーの鉄板のような設定。
ところが、読み進める内にじわじわと仕込まれた独自の世界観にはまり込んでいく…まさに計算され尽くした物語構成です。

上手に伏線を張る、魅力的なキャラクターを作る。
この点に気を使ってらっしゃる作者の方も多いでしょう。
本作の魅力的な点は、伏線やキャラクターといった点だけでなく、「明確なメッセージ性が込められていて、それがシンプルに読者の胸を打ってくる」点だと思います。
しかも、このメッセージ…現代に生きる私たちに通じるものがありながら、まるで説教臭くない。
読み終えた後、素直に「主人公みたいになりたいなぁ」「おじいちゃんやおばあちゃんと話してみようかなぁ」と思わせてくれる…この点が本当に上手い。そう思います。

英雄と聞くと、現役ばりばりで活躍している姿ばかり注目されますが、どんな人間であれ、最終的には老いる。
そうなった時に、私たちは彼らとどう向き合うべきなのか。私たちは彼らの姿から何を学べるのか。
物語の最後の一文を読み終えた時に、この点まで思いを馳せてもらえればなぁと思います。

★★★ Excellent!!!

天才を自負する魔術師の青年が派遣された【魔王の棲家】。
どれほどの強敵が待ち構えているのかと心躍らせる彼だったが、そこで待ち受けていたのは、老いた英雄たちを介護し暴走を食い止めるという、予想外の毎日でした。

冒頭から始まる主人公セイルの苦悩は、高齢化が進む社会ではありふれたものかもしれません。才能に恵まれ、未来を夢見る若者が、意思疎通も困難な(しかし能力は魔王級な)年配者たちに振り回される様は、ままならない現実を想起させます。
しかしどんな境遇に置かれたとしても、心のありようで状況は変わってくる……ということを、セイルは少しずつ知っていくのです。

今は年老いて、何もかも「わからなく」なっているとしても。
過去の栄光を忘れられず、頑なになってしまっているとしても。
家族と過ごすことをあきらめ、閉ざされた施設を終の家として受け入れているとしても。

彼らはやはり、英傑たちなのでした。

小さな事件が波紋のように、大きな事件へとつながってゆく。丁寧に編まれた伏線を回収しながら盛り上がるクライマックスは、序盤の物悲しさを忘れさせてくれるほど躍動的です。
そして、往年のファンタジー好きなら判るであろう「格好いい演出」が至る所に織り込まれているのも、熱い。

全体で7万文字ちょっとという、サラッと読み切れる長さの長編です。
読み終えたあとにはきっと、胸が温かくなる感動が待っていることでしょう。
ファンタジーにあまり触れたことがない方も、往年のファンタジーにどっぷり浸かって育った方も、楽しめる作品です。ぜひお読みください。

★★★ Excellent!!!

一言で言うなら、傑作です。

世界観、キャラの設定、ストーリー展開、込められたメッセージ性。すべてが緻密に計算されており、無駄がありません。爽快感溢れる(かつての)英雄たちの活躍を通して、現代日本が抱えている高齢社会という問題を描く手腕はお見事です。
文章も非常に洗練されていて、読者の存在を意識して書かれているの非常に読みやすい。

私自身、異世界モノを読むのは初めてでしたが、少なからず抱いていた偏見をきれいさっぱり取り除いてくれた作品。思わず人に薦めたくなる一作です。

★★★ Excellent!!!


タイトルからは想像つかない、骨太のストーリーと、ファンタジーとは結び付かない介護というリアルな問題が絡み合っていて、普段ファンタジーを読み慣れていないわたしも楽しめました。

英雄というものは、多くの作品は全盛期で描かれますが、こちらの英雄は『かつての英雄』達です。
でも、かっこいい。
いつまでも、英雄は英雄なのだなって思いました。


★★★ Excellent!!!

この世の英雄、天才、猛者強者。
もしも彼ら彼女らが年老いて、その影響が脳に達してしまったら?

現実世界ではやむないことと結論づけるしかないでしょう。あるいは涙して接するしかない。
しかし魔法世界においてそれは非情に危険なことなのです。放置をすれば、街が一つ『死ぬ』。認知症にともなう、魔法の暴発によって。

そんなかつての英雄たちを世話する『魔王の棲家』。そこに配属された天才魔術師のセイル。
……こんなにわくわくする設定がありますか!? 筆者は本当にいいところに目をつけられました。
まず、このアイディアだけで『面白さ』は保証されたようなものです。

そして、かつての英雄のおじいさんおばあさんたちが超絶かっこよいのです! どこに、とは言いませんが、大活躍シーンが必ずあります! すごく胸が熱くなるので、期待しながら読み進めてみて!

この見事な設定をこれまた見事に生かすことができたのはひとえに、筆者の文章力によるものです。
泣き、笑う。
そして、燃える。

ラノベに必要な全てがここにあります。
夕暮れに漂う香辛料の香りのように懐かしく、優しく。
大地を焦がすマグマのように熱く。
筆者によって紡がれたセリフが流星群と化し、あなたのハートに降り注ぐことでしょう。