花のかさねは君がため ~淡き想ひを秘めたる乙女は、今日も龍の衣をまとふ~

作者 侘助ヒマリ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全35話

更新

  1. いとぐちのことのは
  2. その一
  3. その二
  4. 一、 遣わしの女、新しき龍侍司となりて今上帝に目通りしけること
  5. 一の一
  6. 一の二
  7. 一の三
  8. 一の四
  9. 一の五
  10. 一の六
  11. 二、龍侍司、破邪の剣を受け継ぎて夜御殿に侍りけること
  12. 二の一
  13. 二の二
  14. ニの三
  15. 二の四
  16. 二の五
  17. 三、龍侍司の初めて味わひし甘き果実に心動かさるること
  18. 三の一
  19. 三の二
  20. 三の三
  21. 三の四
  22. 三の五
  23. 三の六
  24. 三の七
  25. 四、彗舜帝の、月夜の宴より戻られ給ひて、邪気に憑かれ給ひけること
  26. 四の一
  27. 四の二
  28. 四の三
  29. 四の四
  30. 四の五
  31. 四の六
  32. 五、龍侍司、先人より言加へ給ひけるを、帝に聞こえたりしが
  33. 五の一
  34. 五の二
  35. 五の三
  36. 五の四
  37. 五の五
  38. 五の六
  39. 五の七
  40. 六、はからざる訪《とぶら》ひ人、襲芳殿にしのび来て立ち騒ぎけること
  41. 六の一
  42. 六の二