がらくた通りと猫の耳

作者 佐々木匙

優しい話、易しくはない話 与えられたものについて

  • ★★★ Excellent!!!

この物語の生い立ち自体を知っていて尚感じるのは、本作が作者自身の核に、これまでになく干渉して生まれ落ちたのではないか、という予感です。

主体のパーソナリティー、その語り口、短編では用いられた事もあるけれど、これだけ長きに渡って「猫を被り続けた」のは、初めてじゃないでしょうか。
エリカ・スタージョンという主観を、あるいは形を、介してでないと、この物語世界はおそらく「リアル」に、無骨に、意図を妨げる形でハードに、立ち現れたのではないかと感じます。この世界自体は、決して優しくはない。優しさを片時も手放さずにいられる、そういう主人公を通して、初めて世界は読者に笑みを見せてくれたのかな、と。

「嗜好」も、おおいに盛ってくれたなあ、と感じます。書いててめちゃめちゃ楽しかったんじゃないかな、って。そういうの読んでて感じちゃうの、楽しいですよね。楽しかったです。
スピード感もすごい。ふわふわしているようでいて、気づくとどんどこ転がっていっちゃう。メリーゴーランドなのか、ジェットコースターなのか。

よくぞ完走してくださいました。この物語の誕生自体も、これを成し遂げた事実も、嬉しく思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

舞台は今よりはるか未来。
『戦争』やらなんやらを経て、人類はかつての技術を無くしたり忘れたりしているような時代に生きている一人の少女、エリカ。
彼女のアルバイト先である『がじぇっと』には、名前のとお… 続きを読む

二夜さんの他のおすすめレビュー 11