暗黒騎士斉藤くんの業務レポート

作者 佐々木匙

381

132人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

異能のある現代日本。
誰もが震え上がる世界の終わりも、恐るべき災害もそこにはない。
会社があって、電車があって、スマートフォンがある。
町のどこかでは工事があって、独居老人だっていて、虚偽通報を繰り返してしまう人がいたりもする。
たしかに今目の前に広がる場所と地続きに思える、けれどどこにも無い町には、確かにここにない能力が息づいている。

この物語において、能力の根源はひどく傷つく事であるという。
ひとが耐えきれないストレスに自身を歪めてしまううちに、現実の側にもいくらかの歪みを生み出して折り合いをつけてしまうのだと。
そんな異能を軸に据えた物語は、自然と傷ついた人に寄り添って展開していく。
この物語は、現代異能ものとくくられる——どのように能力を使い戦うかにこそ主軸の当てられる——ジャンルの中にあってなおひどく優しい。
泣きながら読んでいました。

暗黒騎士斉藤くんは会社員だ。
斉藤くんの服装はだいたいジーンズにTシャツだ。
斉藤くんは自分の事を暗黒騎士ナイトヴァルザーブレードだと思っている。
斉藤くんが手にした物は暗黒瘴気剣ドラグザルディムカイザーとなり、何だって本当に斬れてしまう。
斉藤くんは、自分は暗黒騎士で今いる場所はファンタジー世界だという妄想と、自分は斉藤一人でここは現代日本だという現実の間をさまよっている。
つまり斉藤くんは変な人だ。
変で、とてもまっすぐな、優しい人だ。

リーゼロッテ(仮名)は会社員だ。
リーゼロッテという名前は、名乗りたがらなかった彼女に斉藤くんが付けたものだ。
リーゼロッテはドール系の可愛らしさを備えた黒髪美人だ。
リーゼロッテは人を癒す能力を使える。
リーゼロッテは斉藤くんの暗黒騎士に真面目な顔をして付き合えてしまう。
つまりリーゼロッテも変な人だ。
変で、何かを大切にできる優しい人だ。
優しい人達の物語だ。

能力が、その人が受… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

現代社会で異能に目覚め、そのために悩み傷付く。色んな作品で見られる展開ですが、本作はその逆―――現代社会で悩み傷付いたが故に、異能に目覚めた者達の御話です。

本作の舞台は、過度のストレスが原因で超常の力に目覚める現象が、ストレス性変異脳症"SME"として広く認知された、現代日本のとある地域。そこで一人の少女と、闇の剣を振るう暗黒騎士………を自称する青年が出会ったことで、物語は始まります。

少女の眼を通して描かれる、様々な人、様々な力、そして様々な―――問題。危険極まりない能力、日常生活で便利な能力、使い道の分かりづらい能力………その一つ一つの裏に、傷付いた心があるのです。他ならぬ暗黒騎士、そして彼女自身にも。
しかしそれでも、多くの人は日常を懸命に生きています。身に過ぎた力、心に過ぎた悩みを抱えながら。彼ら、彼女らと向き合ってくれる存在と共に。

ストレスに苦しんだ上に、奇異の目で見られる力に目覚めることについて、最初はなんて酷い世界なんだと思いました。しかし読み進めていく内に、これは彼らに与えられた一つの転機なのではないかと感じるようになりました。
問題を抱え解決することなく人が潰れてしまうという話は、残念ながらよく見聞きします。そういうことを考えると、SMEは人が潰れる一歩手前で問題を可視化する、一種のサインの働きをしているのではないかと思えてきました。新たな問題を抱え込むことには違いありませんが、少なくとも現状を変えるきっかけにはなるのではないか、と………。そう考えると、この作品の世界が、辛くもありながら現実には無い救いも存在する世界に見えてきます。

超能力に目覚めることはなくても、多種多様な問題を抱えるのは、我々にとって珍しくないこと。それで悩み、傷付き、それでも生きねばならないことも、また同じ。
本作は異能の力が一般的な世界の話ではありながら、とても身近に… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

強いストレスを受けた人間が超常の力を得る世界。
人がそうした超常の力を持つことを疾患として管理する社会。
そのような現代日本という舞台に、秘めた傷を抱える少女が降り立つ。

名前を名乗れない理由のある少女と、
少女の危機を救う自称暗黒騎士の青年の出会い。
そこから始まるこの物語。

現代人が抱えるストレスや現実的問題が可視化された社会で、
それらを同様の問題を抱える少女たちが、超常の力で解決する。

ただしそれはとても生活に根ざした行動であり、そこには日常があり、
確かな息遣いの感じられる現実の世界が描かれている。

これら超常と日常の、相反するような要素がお互いを際立たせあって、
超常をより魅力的に、日常をより克明に感じさせてくれる。

この作品は、
そんな、面白おかしく魅力的でありながら、深く考えさせられる、
一言で言えばとても楽しい物語です。


そしてなにより、登場人物たちがみんなかわいい!
主人公の女の子と、自称暗黒騎士の青年の二人組がとにかくかわいい!
終始かわいい!

かわいい二人が、かわいく悩み、かわいく問題を解決する様を、
目を細めて読み進める――それだけでも十二分に楽しめる作品です!

大人になりきれない青年と、そんな青年と一緒に遊ぶ年下の女の子。
この組み合わせに胸ときめく人は、ぜひとも読んでと力強くオススメします!

★★★ Excellent!!!

現代サイキックもの、と、分類するならそうなると思うんですけど、怪異それ自体よりは社会と、幾人かで構成される小さなコミュニティと、そのいきづく街が重点されてゆきます。完全にジャンル違いの例えをすれば、須藤真澄のごきんじょ冒険隊が近いかもしんない。

恐らくは「現代モノ」を選択した理由だと思うのですが、従来の作品群と比べると、社会が若干リアルです。悪意の種が、全くありふれて散りばめられている。あまり咲きはしないけれど、「踏み込んできているな」という感触があります。
一応の完結を見せたけど、続きを書く予定があるとの事。どうしても、期待してしまいますね。

で!さあ!
斉藤がほんっといい奴でさ!こんなの好きにならないのおかしいでしょ!「主人公が最高」!はい!どうか安心してお読みください!あれやこれやは慣れるから!
気遣いって、それがうまくいくかいかないか、どういう印象で伝わるか、エトセトラエトセトラ、とても書くのが難しい領域だと思うんですけど、嫌味無くのどごし良く脳に届きます。もういっそ夢小説の一種だと思って読んでいただいても構わないかもしれません。
続き、待ってます。

★★★ Excellent!!!

キャラクターはみな、しっかり個性が描かれていて
ストーリーも背景まで分かりやすい。
あと主人公の少女と厨二病設定になりきれない斎藤くんの掛け合いは、読んでいて、笑いを誘います。
某時を駆ける厨二病設定博士のアニメを連想してしまう
暗黒騎士ナイトヴァルザーブレード様、最高です(笑)

ただ、本作品はコメディ要素だけではありません。
極度の精神的苦痛や過負荷のストレスを受けて発症する異能。
それらを理解し立ち向かう彼らの姿は
実際に病気によって偏見や差別に苦しむ姿と重なり、考えさせられる所もあります。

タイトルは暗黒騎士から始まりますが
異世界転生等のファンタジーとは違う楽しさがあるので、ぜひご一読いただきたいです。

★★★ Excellent!!!

 SME……ストレス性変異脳症により、異能を手にした人々の物語。

 タイトルからしてファンタジ―要素が多めなのかな? と思いきや、この物語で描かれる本質は「現代」に跋扈する問題たちではないかと思い増した。

 ストレスが原因で発症する異能、という設定も然りです。

 それが発生する原因はさまざまですが、いま私たちの生きている現代社会で実際に「問題」となっていることが引き金となっていることが多いです。そして、この物語に生きている人達もそれに振り回されて生きている――だからこそ面白さの中にもリアリティがあるのです。

 それが一体どんなものかは、是非読んでみて確かめてください。

 一話一話が短く、また文章の中に余計なものが一切ないのでスムーズに読めてしまう点からも、強くオススメしたいです。
 主人公やヒロインの置かれている状況、心境……それがありありと浮かんできます。

 メインキャラクターである暗黒騎士の斉藤君。
 彼もまたSME発症者ですが、その経緯は未だ語られていません。気になりますね……。
 個人的には社長の能力も気になる……! あんな大人でも、いやあんな大人だからこそ、大きなストレスを抱えてしまうのかもしれません……。


「もし自分が発症したらどんな能力かな~」とついつい考えながら読んでしまうこの物語、社会人の皆さまにこそオススメしたい作品です!


 

★★★ Excellent!!!

『病気(ペイシェント)』によって人々が異能に目覚める世界。
そんな厨ニっぽいタイトルと設定とみせて、そこから広がるのは暖かくも地に足の着いた人と人とのお話である。

家出少女である『彼女』は、暗黒騎士ナイトヴァルザーブレードこと斉藤くんと出会い、世界に触れ、そこから人生が大きく動きだす。
斉藤くんとその世界のこと、『病気』のこと、仕事のこと。
暗黒騎士の侍女リーゼロッテとなった彼女が見る世界は、なにもかもが新しい。
これは、そんな彼女の人間としての物語。