パーティー最後の1人は最強の哲学者⁉

作者 六畳のえる

36

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

パーティに最後に入ってきた冒険者の職業は、哲学者だった。

哲学で、いったいどうやってモンスターと戦うの?
疑問に思いますよね。
私も、はじめは思いました。

気になる方は、ぜひ本作を読んでみてください。
そういうことかぁぁぁぁぁぁ!!! 哲学、かっけぇぇぇぇっぇ!!!ってなりますよ、ええ、本当です。

もう、高校の倫理の時間、爆睡していて御免なさい、倫理の先生と懺悔したくなりました。

哲学者アイクくんの超絶的な活躍と、役に立たないときのギャップといい、それに振り回される仲間たちといい。
もうただ只管笑っているうちに、いつの間にか哲学の知識がつきます。

この作品、書籍化して全国の中高に配ってほしいとちょっと本気で思います。

★★★ Excellent!!!

哲学的なことをファンタジー世界で考えるという作品はたくさんありました。
しかし、哲学そのもので戦うファンタジー、そこまで昇華して見せたのは、この作品だけでしょう!

さながら、ファンタジーで学ぶ哲学書!
笑顔の絶えない哲学ファンタジー!

きっとこれからも素敵な物語が紡がれていくと思います。
みなさま、注目ですよ!

★★★ Excellent!!!

 とにかく哲学者アイクのキャラクターが強烈。彼、なかなかに突き抜けてます。
 なんというか、「会ったことないけど哲学者ってたぶんこんな感じだよね?」という偏見込みのイメージがそのまま動いて喋ってる感じです。性格のエッジが、尖り方がヤバいっすわ。

 愚直に哲学の道を突き進むアイクと、彼に振り回されるヒル君たちパーティメンバーのやりとりが楽しい作品です。哲学魔法もオリジナリティがあっていいですね!

 それにプラス、噛み砕いた哲学解説がとても分かりやすいです。マジで勉強になりました。いやホントに。

 これからどんなとんでもない哲学魔法が飛び出すのか、期待しながら続きを待ってます!

★★★ Excellent!!!

まとめて読みたいから、積ん読くけれど、今までの分で一度星を入れておきます。
期待値が高い!

★★★ Excellent!!!

世界を理解しようとする哲学により、相手の攻撃を無効化したり様々な効果を及ぼしたり…
「哲学魔法」の使い手が加入したパーティが悪戦苦闘する物語。

哲学的思索って、はたから見ると確かに少し滑稽ですよね。でもそれが真実をつくことにより、最強の魔法使いともなりうる。この二重構造が、キレのいいツッコミによってエンターテイメントとして昇華しています。

コメディとしてももちろん面白いんですが、RPGの特殊職、青魔道士とか算術士とか、使いこなすのが難しいああいうジョブを使いこなそうとしているようにも見えて、それもまたニヤニヤします。

面白い!おススメ!