パーティー最後の1人は最強の哲学者⁉

作者 六畳のえる

つるっと読み進められる、哲学魔法コメディ

  • ★★★ Excellent!!!

「哲学用語って、呪文みたいじゃね」と感じて、作者は本作を発想したそうだ。哲学者が繰り出す哲学魔法の数々は、昔本で読んだりして懐かしい印象を受ける。そういや、そんなのあったあったって奴。

哲学と言っても難しいことはなく、基本、軽妙な会話劇中心なので、つるつるっと読み進められる。懐かしさと共に、そこが本作最大の美点だろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

猫目少将さんの他のおすすめレビュー 37