翠浪の白馬、蒼穹の真珠

作者 結城かおる

適度な甘さが心地良い

  • ★★★ Excellent!!!

 恋愛がメインの一つにある小説というと、過度にアマアマベタベタな場面に私は辟易することがある。
 ですがこの作品では情景的にも心情的にも適度・適切という言葉が相応しい内容でした。

 それは世界観や主人公レツィンの性格も影響してるでしょうが、それ以上に作者さんの語彙選択の妙を感じました。しっかりと考えられた語彙で、丁寧に描写されている。
 そのおかげで安心して主人公の心情に気持ちを重ねられる。

 また、ページ辺りの文字数でも読者への気遣いが感じられました。

 個人的にはコミックやアニメで観たい。きっとビジュアル的にも素敵な作品になる。そう確信できる作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

仮に、華朝の正史における烏翠伝を紐解くならば、この物語は、
安陽公主による芝居がかった策謀の一端と記されるのだろうか。
武官の父が粛清され、自身は布衣へ落とされた趙某の顛末など、
わずか数十字で著さ… 続きを読む

湯煙さんの他のおすすめレビュー 286