ふるべゆらゆら

作者 櫻井彰斗

フォロー 1話目から読む

清らかであるべき斎王の許に、夜毎、現れる男は神か、それとも怨霊か――。 櫻井彰斗

 卜占と陰謀により斎王となった成子(なりこ)は、清らかであるべき斎宮に悪霊が蔓延っていることに驚く。

 成子は、夜な夜な訪れる霊のせいで、おちおち寝てもいられない。

 警護の真鍋と歌の師匠である道雅と、一体ずつ悪霊を消していこうとするのだが――。

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

レビュー本文はまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?

小説情報

ふるべゆらゆら

@akito1
執筆状況
連載中
エピソード
36話
種類
オリジナル小説
ジャンル
ホラー
タグ
巫女 平安時代 怨霊 純愛 怪談
総文字数
47,462文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
1人
応援コメント
0件
小説フォロー数
6

アクセス数