天崎古書店は騒がしい

作者 氷泉白夢

誰かを愛したい人のための一冊

  • ★★★ Excellent!!!

人の気持ちに気づく、自分の気持ちに気づく、伝わらない、伝わる、伝える。ひっついて、離れて、ごちゃごちゃして、賑々して。
何ということもない毎日を、丁寧に、章を重ねて。
とても丁寧で、誠実な筆でした。

って書くと地味みたいだな。そんな事はないです。結構きゃいのきゃいのしてて、やるこたやってて、ちょいちょいはらはらして。ラノベのお手本みたいなとこもあるかもしんないです。安心して読んで。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★ Very Good!!

あることをきっかけとして、古書店主である姉のもとへ、初めて会う妹がやってきて一緒に暮らすことに。妹は活発ですぐに友達を連れてくるような社交的な性格。物静かな姉は、活発な妹とこれからどういう関係を築い… 続きを読む

二夜さんの他のおすすめレビュー 11