天崎古書店は騒がしい

作者 氷泉白夢

人との関わりの大切さと子ども心

  • ★★★ Excellent!!!

>大きな事件はないけれど。
確かにそうでした。日常です。
でもどれも朝美だけの時ではあり得なかった日常。

人との関わりの大切さや楽しさ、それに日常にこそ大切なものが詰まっていると感じるお話でした。
何よりみんなとの掛け合いが面白いです。

こんな日常を知らずに過ごしていたなんてもったいない!
そして誰もが持っている子ども心を思い出させてくれるのではないかなと思いました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

天崎朝美という少し停滞的で、退屈さを肯定できる場所で生きていた少女に訪れた『年の離れた妹・真昼』という異質な存在。

朝美は困惑しつつも真昼と向き合い、世界との繋がりとその広がり、そして己の内面をも… 続きを読む

嵩戸はゆさんの他のおすすめレビュー 22