天崎古書店は騒がしい

作者 氷泉白夢

物静かな女性と少女達とが織りなすちょっと騒がしい日常を眺め続けたい

  • ★★★ Excellent!!!

キャッチで惹かれて読み始めた作品。静かだった古書店の女店主の元に、歳の離れた妹が同居する事によって日常が変わっていくお話。登場する妹やその友達ら可愛くて元気な少女たちに、大人しくて読書好きな主人公の天崎朝美が今後色々振り回されていくのだと思う。「私の静かな古書店は、今日もまた騒がしい」というキャッチに釣られた自分としては、展開されていくだろう少女たちによる”騒がしい”と朝美の反応を眺めてほっこりしたいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★ Very Good!!

あることをきっかけとして、古書店主である姉のもとへ、初めて会う妹がやってきて一緒に暮らすことに。妹は活発ですぐに友達を連れてくるような社交的な性格。物静かな姉は、活発な妹とこれからどういう関係を築い… 続きを読む

なか一さんの他のおすすめレビュー 70