ぼく

作者 狼狽 騒

258

105人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

ぼくという名のタイトル。そして自分の想いを伝えるのに敢えて言葉ではなく、数字を用いる点に一種の感動を覚えました。
長い時間を掛けて言葉を連ねるよりも、短くストレートに自分の想いを伝える。その思い切りの良さに拍手を打ちたい気分です。
そして物語を終えた後、胸がスッと透き通るような清々しい気分になること間違いなしです。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

割と謎解き得意だと思ってましたが、作者さんの別の作品で完敗(まだ挑み中ですが)したので、こちらに挑戦してみました。

結果は…完敗でした(泣)
しかも終わり方も話の進み方も何もかもに、やられました。
ミステリーにやられるとは不覚です。

是非ともこの謎に挑戦してみて欲しいです!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

最後の謎解きを見て、目が見開かれました。おー、なるほど! と。
手元にあるペンとメモ用紙は、自分の頭の柔軟さが足りず、白紙のままでした(笑) 謎を出す男の子と謎を解く女の子、まさにお似合いのカップルですね。青春っていいなぁと思える短編作品です!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

「ミステリー」と言うタグが示す通り、詳細を書いてしまうと完全に核心に迫る事になってしまうので深くは書けません。
ただ、間違いなく最後まで読み終わった時、「!」と言う驚きと喜びの気分が満ち溢れる事でしょう。

短い文章の中にとても鮮やかな謎を秘めた、お見事と拍手喝采を送りたい、そんな作品です。

★★★ Excellent!!!

――

 ネタバレになるので詳細は書けませんが、
 ひねくれた「ぼく」ならではの答えだったと思います。
 しかしまあ、回りくどい(笑)

 そんな「ぼく」の気持ちに向き合った彼女もきっと、
「ぼく」のことが「好き」ではなかったのでしょう。

「どういうこと?」と思った方、作品を読んで確かめてみてください。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

アルセーヌ・ルパン(ルブラン著の本家)にハマっていたころ、
同じく読書が趣味の友達と、暗号にもハマっていて、
コードネームを名乗って暗号の手紙をやり取りしていた。
別の友達の下駄箱に怪文書を入れて、巻き込んだりしていた。
『ぼく』を読みながら、そんなことを思い出した。

「そういうまだるっこしいことをする男子なんか、
 普通の女の子にはアッサリ振られるだろう」
との声もあると思うけど、
凝り性で照れ屋な彼をまじめで誠実だと感じるからこそ、
彼女も彼の暗号にきちんと向き合ったんだろう。

ひねくれているようでストレートな暗号ラブレター、
という発想が懐かしくて楽しくて、すごく好き。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

ほら、結婚式にはヴェールをかぶせますから!

とまあ、くだらないシャレは置いておきまして。
とても面白かったです。
詳しく書くとネタバレになってしまうのが悔しいのですが、著者様の発想が素晴らしく、物語の転換のしかたが非常にうまいです。
最後はもう、やられたー!って感じでした。

恋にミステリーはつきもの。
気になる方はぜひ読んで下さい。

ところで、この二人は今後うまく行くのでしょうか。
それだけがちょっと心配だったり……(笑)

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました