純文学というコンテンツは、果たしてオワコンなのか!?

作者 婆雨まう(バウまう)

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全14話

更新

  1. 第1章 小説は文章の技巧を問うものではない。
  2. 第1-1話 文盲な君に贈る、小説というものは文章の技巧を問うものではない。
  3. 第1-2話 激しさを抑えた文章のほうが、どうやら凄みがあるようです。
  4. 第1-3話 文章の書き方、文体を意図的に壊してみた!
  5. 第2章 文学について語りませんか?
  6. 第2-1話 純文学の時代は終わりを告げたのか?
  7. 第2-2話 純文学というジャンルが、現代の若者にとって必要なのか社会悪なのかという真面目な問い掛けです。
  8. 第2-3話 良質な作品にたくさん触れたいと願う反面…。
  9. 第3章 批判から学べるものはあるが、毒を喰らう必要はない。
  10. 第3-1話 ネット上の批判と向き合う上で知っておきたい5つのこと(イケダハヤト氏)。
  11. 第3-2話 最初から喧嘩腰な人、議論をふっかけるのを生きがいにしてる人には要注意。
  12. 第3-3話 何事も手をかけ、時間をかけ、お金をかけないと完成形には至らないように思う。
  13. 第4章 減点方式で作品を読むか加算方式で小説を読むか、その違いは大きい。
  14. 第4-1話 他人が書いた文章のアラは、よく目立つ。
  15. 第4-2話 作家は読者に育てられ、作家は読者を育てなければならない。
  16. 第4-3話 多くのKDP作家が、ここにきて活動を小休止しているのは…。
  17. 第4-4話 マンガ家、手塚治虫先生の話!
  18. 第4-5話 プロの作家に求められるモノとは…。