逃げた彼女と、ヒモになった僕

作者 縁藤だいず

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全136話

更新

  1. 1章 変わっていく生活
  2. 1-1 失踪
  3. 1-2 ぶっきらぼうなレイカ
  4. 1-3 幼馴染と迎える朝
  5. 1-4 騒がしいクラスメート
  6. 1-5 で、なんで僕は彼女の妹と暮らすことに?
  7. 1-6 変化への順応
  8. 1-7 華暖との帰り道
  9. 1-8 深夜の病院
  10. 1-9 院内ではお静かに
  11. 2章 知ったこと、知らなかったこと
  12. 2-1 去来する寂しさ
  13. 2-2 今日の主役
  14. 2-3 新聞部
  15. 2-4 浮気性?
  16. 2-5 デート
  17. 2-6 ケンカ
  18. 2-7 で、ナンでボクの家に来るんですか……?
  19. 2-8 灰色
  20. 2-9 やり直し
  21. 3章 望んだものほど、こぼれ落ちて
  22. 3-1 迷走
  23. 3-2 鋭い友達
  24. 3-3 子供の語る、結婚
  25. 3-4 忍び寄る過去 
  26. 3-5 歪んだ決意
  27. 3-6 東部瀬川高校:新聞部長
  28. 3-7 衝突
  29. 3-8 あきらめ
  30. 3-9 逃避
  31. 3-10 帰るところ
  32. 4章 五年前――思い出になる前の、記憶
  33. 4-1 そして始まる自己紹介
  34. 4-2 凸凹生徒会
  35. 4-3 足りない影
  36. 4-4 縁藤姉妹
  37. 4-5 生徒会の仕事
  38. 4-6 姉として、会長として
  39. 4-7 勢いあまって
  40. 4-8 ちゃんと仕事してますよ?
  41. 4-9 カウンター
  42. 4-10 生徒会室でのお茶会
  43. 4-11 暗雲
  44. 4-12 不器用ゆえに
  45. 4-13 連鎖
  46. 4-14 ……これから優佳さんって呼んでいいですか?
  47. 4-15 約束
  48. 4-16 疑惑の渦
  49. 4-17 自分からは逃げられない
  50. 4-18 また会う日まで
  51. 4-19 僕が決めたことだから
  52. 4-20 茶番
  53. 4-21 雨
  54. 4-22 ホットミルク
  55. 4-23 ケジメ
  56. 4-24 最後の質問
  57. 4-25 明けの春風
  58. 5章 失敗しないと、わからない
  59. 5-0(3-11) 夢から醒めて
  60. 5-1 私なんか見てもつまらないわよ?
  61. 5-2 ムカつくあの人
  62. 5-3 怒るワケないですよ
  63. 5-4 パシリにしないでよ
  64. 5-5 合コンじゃないんだからね!?
  65. 5-6 あの日、聞いたこと
  66. 5-7 あの日、話したこと
  67. 5-8 溶けて、消えた
  68. 5-9 久しぶりの新聞部
  69. 5-10 全部失敗で、全部間違い
  70. 5-11 だからこそ
  71. 5-12 ジオスミン
  72. 5-13 私たちって、本当に成長しないのね
  73. 5-14 なにニヤニヤしてんのよ!?
  74. 5-15 わたしの思い出
  75. 5-16 夢だけで終わらせたくないの
  76. 5-17 本当にバカ
  77. 5-18 この腕のぬくもり
  78. 5-19 現地の空気
  79. 5-20 いざ、本拠地へ
  80. 5-21 対面
  81. 5-22 一言だけでも
  82. 5-23 国も、人も、年齢も、場所も
  83. 6章 元夕霞中生の、夏休み
  84. 6-1 国際通話E&S
  85. 6-2 国際通話S&Y
  86. 6-3 牛木興業の一幕
  87. 6-4 傲岸不遜な大人
  88. 6-5 屋根の下の孤独
  89. 6-6 ……すごい美人
  90. 6-7 別に邪魔だとは、思わないのだけど
  91. 6-8 あんたは邪魔だけどね
  92. 6-9 相変わらず、クッソ色気のない話ばかり
  93. 6-10 柄にもなく、空に手をかざしたりして
  94. 6-11 不思議な関係
  95. 6-12 五年前の不発弾
  96. 6-13 優佳さんとの女子会
  97. 6-14 華暖との女子会
  98. 6-15 第二……第一ボタンについて
  99. 6-16 林映子の大暴露大会
  100. 6-17 一人暮らしの諭史
  101. 6-18 お義父さんとの反省会
  102. 6-19 まさかの訪問者
  103. 6-20 まるで半年前に戻ったような
  104. 6-21 ケンカ両成敗
  105. 6-22 信頼って、本当にか細いものだから
  106. 6-23 張りつめていた感情
  107. 6-24 妹想いの、姉
  108. 7章 無駄なんか、ひとつもない
  109. 7-1 いまだから、できること
  110. 7-2 私、優佳さんの番人になります
  111. 7-3 私にそういうの、いらないから
  112. 7-4 物哀しい月明り
  113. 7-5 少しは大人になったから
  114. 7-6 飲むと落ち込むほう?
  115. 7-7 孤独に酔う夜
  116. 7-8 華暖
  117. 7-9 傷の舐めあいは、とても楽しい
  118. 7-10 いつも輪に入ることが、出来なくて
  119. 7-11 勝者のいないケンカ
  120. 7-12 姫の帰還
  121. 7-13 私は、独り……?
  122. 7-14 火の後始末も、自分で出来やしない
  123. 7-15 ふっざけんな!!
  124. 7-16 贖罪のチャンス
  125. 7-17 再会
  126. 7-18 最後に縋れるのは
  127. 7-19 本当に欲しかったもの
  128. 7-20 つぶやき
  129. 7-21 レイカ
  130. 8章 いまが一番、高いところにいるから
  131. 8-1 外の空気を吸わないと
  132. 8-2 ええ、私は色ボケ女ですとも
  133. 8-3 真夏の夕霞中学校
  134. 8-4(4-26) 蜃気楼
  135. 8-5 エーコ
  136. 8-6 めんどくさい女は、かわいいらしい
  137. 8-7 ため込んだ分だけ
  138. 8-8 最後のチャンス
  139. 8-9 十年目にしての、初デート……?
  140. 8-10 遠くの地の、高い空
  141. 8-11 ハプニングに次ぐ、ハプニング
  142. 8-12 それ以上、高く登ることはできない
  143. 8-13 ”  ”
  144. エピローグ