逃げた彼女と、ヒモになった僕

作者 縁藤だいず

178

64人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

同棲していた恋人の突然の失踪という、衝撃的な展開から始まる物語。

高校生の諭史には、彼女である優佳がいなくなる理由に心当たりがなく、優佳の妹レイカも突然のことに戸惑うばかり。

けれど優佳の失踪には大きな理由があり、そこに様々な人々が絡んできて……と書くとミステリーのように思われるかもしれませんが、この物語の主軸はミステリーではありません。

登場人物一人一人が主人公であり、彼らの繊細な心の揺れを描いた、青春群像劇となっております。

メインとなる諭史の不器用な真っ直ぐさ、彼を翻弄しているように見えて本当は人知れず深く苦悩していた優佳、独りに怯えるあまり周囲を突き放して孤高をいこうとするレイカ、軽い言動からは想像もつかないほどの芯の強さを持つ華暖、そして中学時代をともに過ごしたエーコに二階堂先輩。

皆弱くて脆くて、どうしたら良いのか自分がどうしたいのか、わからないままぶつかり、わかっていても進めず苦しむ様に共感を覚えます。

誰かが誰かを想うからこそ生まれる、心と心の擦れ合う音が聞こえるかのようなお話でした。


二階堂先輩が人気のようですが、私はレイカ推しです(笑)
彼女の孤独と苦悩に寄り添い、必死に成長していく様を見守ることができたことを、心から嬉しく思います。

★★★ Excellent!!!

最近読み始め、もうそろそろ読み終わっちゃうなーなんてところまで読みましたが
話の中に、ちょくちょくネタが入っていて…w
しかも、それが重要な場面なのにするっと入っていて。
読んでいる手が思わず止まって笑ってしまい、緊張感を保って読んでいたのに、それがいきなり作者に崩されて…w
なんというか、シリアスな時でも笑わせてくれる、面白いものでした!

★★★ Excellent!!!

わだかまりを抱え込んだ、不器用な人々がぶつかって泣いて怒って暴れて諦めて這い上がって、そんな物語です。
ひとりひとりが人間で、自分と向き合い、そのうち自分さえもわからなくなって苦しみます。
まして他人だったら……その十倍わからんがな……と叫び声をあげながらのたうちまわる。
どこか自分の人生のなかであったような、無視してきたようなそんな感情を追体験できました。

面白かったです。

★★★ Excellent!!!

 3章までの感想です。主人公は飲食店でアルバイトをする真面目な高校生。その主人公の恋人は、ある日、突然失踪する。恋人の妹と共に生活することになった主人公は、夢と現実、恋人と妹の間で葛藤する。
 大学へ進学したい。それは、恋人と同じ道を歩むため。その一方で、今の生活をこのまま送るために正社員を目指す。それは妹との現在の生活を守るため。一体、どちらが自分の本心なのか? 自分が本当にやりたいことは何なのか?
 主人公の親友はアルバイト先の女性であり、主人公を翻弄しながらも、主人公を応援すると宣言する。これを受けて妹は、主人公から逃げ出す。しかし主人公はこれがきっかけで、妹と共に歩むことを決意するのだが、そこに現れたのは、意外な人物だった!
 果たして主人公はどこに行きつくのか? 誰との未来を選ぶのか? そして主人公が本当にやりたいことは何なのか?
 会話文が多くて読みやすい恋愛ヒューマンドラマ。
 是非、ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

なんだろう、ただただ深い。そんな感じです。
テーマは信用と信頼。積み上げるのは大変だけど、ぶっ壊すのは簡単なもの。そんな不安定なものが物語の中心にあります。

1話のタイトルが「失踪」から始まり、最初は本当に大丈夫かと思いました(汗
しかし進んでいくに連れてその独特の世界観に惹かれ、気づけば最後まで読んでしまう。そんな作品です。
群像劇形式なので、それぞれのキャラクターから見た感情まで見られて、なかなか面白かったです。

強いて言えば、キャラクターが少し賢すぎるかなと。普通そんなところまで一瞬で考えないだろってところまで、彼らは考えてしまう。
(SPIテストの「分かりません」「分かりません」「分かりません」「分かりました」みたいに、時間をかけて論理的に考えれば理解できる賢さなのですが
……例えが分かりにくいですね(´・ω・`) )
そして考えるにとどまらず行動まで起こしてしまいます。
ここまで頭が回るとすごいを通り越して恐れ多い部分もありましたが、そこも含めて「深い」作品だなと思えれば。

★★★ Excellent!!!

物語序盤では主人公の彼女が突然蒸発系ミステリー小説かな?とも思いましたが、読んでいくにつれ分かっていく主人公の人柄、過去のお話等々…

人間の良い部分と悪い部分が織り込まれた濃い内容の小説で登場人物一人一人の個性がしっかりしていて読んでいくうちにどんどん惹き込まれていく作品でした。

★★★ Excellent!!!

完結前レビューです。

絵に描いたような優等生で、頑固さが暴走しているような優佳が、自分の知っている人に重なり、複雑な心境で読んでいました。

え、だって、こういう子がリアルにいると、大変なんですよって!
大変なんだけど、でも、嫌いにはなれない。むしろ好き……!

そんなわけで、やってることはサッパリわかりませんでしたが、最初はどっちかというと優佳寄りに読んでたと思います。
でもレイカもだんだん可愛くなってきて(二股)。
その他にも、次々出てくる登場人物がみんな魅力的に見えてきて。
なんて美味しいんだ。

シーンとしては、3−10がすごく好きです。
「あ、これは!」
って思いました。

二階堂先輩がすっかりかっこよくなって、好みです!
幸せになって欲しい。

とてもすてきな作品です。
楽しさとシリアスさとのバランスがよくて、思わず次ページを開いてしまいますよ〜!
おすすめします!

★★★ Excellent!!!

主人公の高校三年生、諭史は、優佳と同棲までしていた。

ある日、優佳がいなくなって、書置きまであった。

どういう意味か分からない謝罪が書いてあった。

レイカという、ちょっと怖いけど中華料理が好きだったりとキャラが彫り込まれている、なんと優佳の妹が来て、てんやわんやだった。

この物語で、最初にぐさりと来たのは、別れです。

やり直すのに、どれだけの時間が必要か。

時間は湯水のようではないのです。

そして、殆どの場合、流れて行くのは、未来へです。

筆者の軽快な会話のテンポで心地よく読ませられます。

ぜひ、ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

高校生の諭史のもとから、恋人の優佳が姿を消したことから始まる青春群像劇です。

『なぜ優佳が姿を消したのか』、に端を発した物語は、過去にさかのぼり、様々な伏線を回収しながら現在に至っています。

このお話で魅力的なのは、脇を固めるキャラクター達。

タグに「群像劇」とついているだけあって、個性豊かなキャラクターが主人公の諭史を彩ります。

なかでも。
私のお気に入りは 二階堂 !
彼ほど、この物語で成長した男はいない!
いやもう。二階堂、すげぇよ、お前。
私はあんたについていくよ。

そんな風に。
貴方自身のお気に入りが必ず見つかる、キャラクター豊富なこの物語。
是非、ご一読下さい。

★★★ Excellent!!!

突然の失踪と共に語られる、それぞれの人間関係。
自分自身の成長や葛藤。周りとの距離感が見事に描かれていきます。
物語りの緩急のつけ方に、心理描写が見事にマッチして読むごとに引き込まれていきます。
子供から成長し、自分という物語を描いていく中での葛藤は、読んでいて感動を覚えました。

決して穏やかなままでない水面に浮かぶ蓮の葉に、自らの居場所としてしがみつく。距離を縮めるために近づく事が、相手の蓮を揺らしてしまう。自らの蓮を育てずに、相手の蓮によりかかることで良しとする。
様々な生き方は時間と共に、一つとして前と同じではない。
それぞれがあがきつつ、自分の蓮を育て、お互いの距離を探っていく。

他人と自分は同じじゃない。でも、お互いに何かを求め、探している。
そんな何かに気づかせてくれた気がします。

★★★ Excellent!!!

「ごめんなさい」のメモだけ残し、
突然同棲中の家を出て消えてしまった恋人の優佳。
主人公の諭史はいつまでも心に優佳の存在を抱えたまま、どうしたらいいのか分からない。
とりあえず待ち続けようとするも、
彼女の出ていった同棲していた部屋をどうするのか、とか、
そのままにするために勉強の時間をバイトに当ててまで家賃を払うことへ疑問を向けられ、
未来を削って優佳を待つ生活を軸にするのが本当に自分のあるべき姿なのか自問自答するなど
優柔不断な彼にも容赦なく現実が突きつけられ、きちんと悩まされていく。
そこへ、意外な落とし所として優佳の妹のレイカと同居していくのだが……。
優佳はなぜ出ていったのかという謎、レイカの過去と心、
主人公諭史の幼い頃や高校時代の過去など展開がじっくり細やかに刻まれ、
さらに同じシーンを複数の視点からなどとても丁寧に書かれていて、
奥深く楽しめるのが魅力な作品だと思います。
集中力が途切れがちな私にはこういったタイプの話は最後の方まではとても読めないのではないかと思いましたが、
でもそれでも結局読まされてしまったのは、
1話1話が読み易く面白いからだと思います。
また登場人物全ての人間味のようなものを感じながら読めるので、いろんなキャラクターに愛着がわきました。
個人的には二階堂という副会長キャラがイチオシです。

★★★ Excellent!!!

テンポの良い会話と、そこに差し挟まれる絶妙な心理描写によって描き出される、リアルな心の揺れを伴った青春群像劇です。

この物語には、主人公・諭史を取り巻くヒロインとして、失踪した恋人の妹・レイカと、同級生でありバイト仲間でもある華暖の二人が登場します。
一人になってしまった諭史を自分の家に招いて、微妙な距離感を保ちながら共同生活をするレイカと。
『親友』のポジションに気安さを感じつつも、積極的に諭史にアプローチしてくる華暖と。

だけど、諭史の心には、失踪してしまった恋人・優佳のことが常に引っかかっているのです。

彼女の失踪の理由が分からないせいで、どうにも動き出せない。
そのために、レイカや華暖、そして優佳、全方位に対して遠慮が働き、それぞれの関係性が少しずつ歪んでいくのです。
この辺りの心理描写が実に見事で、気付けばこの危うい人間ドラマにどっぷりはまり込んでいました。

登場人物も大変魅力的です。
器用貧乏な諭史の、不器用で不安定な生き方には、やきもきしつつも共感を抱きます。
ヒロインの二人はもちろんのこと、新聞部の部長や大江戸くんといった脇役まで、ただのテンプレではない個性が光っています。

コミカルなメタネタを挟みつつも、ぐっとシリアスに踏み込んできて、どうにも消化しきれない感情に心を掴まれるような物語。
ぐらぐら揺れる人間模様に、あなたも惹き込まれること間違いなし!

★★★ Excellent!!!

主人公の人間らしさが良いなと思います。
何もかも未成熟で、反感を買うような事だってしてしまう。
自分でわかっていても、それを抑えきれない。
そう言った、人間として成長しきっていないところが魅力的です。
よくある、物語の主人公はみんな出来上がっていてそれでいて癖が無い。
そんなありきたりな主人公とは一味違った感じが味わえます。
周りのキャラも出来すぎていない感じがこれまたたまりません。
ストーリーは苦さも甘さも含んだ青春群像劇で主人公たちの葛藤がきちんとした展開で繰り広げられます。
個人的にどのように収集が付くのか見ものな作品。
甘かったり、苦かったりする葛藤が含まれた青春物を読みたい人にお勧めです。
ただ、結構なもやもやが残る引きで終わる話も多いのでまとまった時間に読むのが良いかなと。

★★★ Excellent!!!

まずキャラがいい、既存の概念を当てはめるならサブヒロインにあたる華暖の可愛さときたらすげえぞ!不良少女っぽいけど不良少女じゃないんだ、純情なんだ。この時点で惹かれるだろ?物語途中で告白シーンがあるんだけど、「何てまっすぐで切ない告白なんだ……!」と思わず言ってしまったぜ!電車内だったから変な目で見られたけどな!またメインヒロインにあたるであろう、レイカも最初見たときは「よくいる暴力系ヒロインかな?」と思ってたが、中盤付近の弱さを見せたとき俺は落ちたね!だから皆も見てみよう!そして落ちようぜ!

失礼しました、熱くなりました。でもですね、それだけこの作品には魅力があります。キャラだけじゃないんです。心理描写がとんでもなくうまいんです。通常心理描写となると「いつまでこいつは悩んでるんだ?先に進めてくれよ」と思ったことありませんか?私はあります。でもこの作品にはそんな風に思った事一度もありません。それほどまでにうまいです。皆さんにも是非とも読んでほしい作品です。