鉄の翼 渇きの国と鉄女神

作者 早瀬史啓

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全131話

更新

  1. 第一章 鳥の影 陰謀の城
  2. 炎の記憶
  3. あたたかなどく
  4. 逃亡者達
  5. 皇都を背に
  6. 青い髪の旅人
  7. 鳥の影
  8. 葛藤
  9. 穢れた手
  10. 流浪の民
  11. 赤い瞳の魔族
  12. 手の温もり
  13. 魔のゆりかご
  14. ホルフィスの女
  15. そして、歯車は廻る
  16. 皇子達の策略
  17. 第二章 暗躍するもの、されるもの
  18. らくがき
  19. 探し人を訪ねて
  20. 陰謀の都
  21. 疑念の館
  22. 疑惑の会食
  23. 議論は紛糾する
  24. 身分違いの友
  25. 遠きを望み、近くを望まず
  26. 脱出計画
  27. 逃れ、逃れて、迷走する
  28. 金瞳の少年
  29. イリス
  30. 忠臣か佞臣か
  31. 笛に招かれしは
  32. 炎の残滓
  33. 好意と警告
  34. アルベルト・シュタイナーの血脈
  35. 第三章 蒼き尖兵
  36. 守る意味
  37. 迷子のドラゴン
  38. 古の残骸
  39. 藍銅鉱の目覚め
  40. カッシートの人形
  41. 迷う心
  42. 砂の戦場
  43. 駱駝騎兵たち
  44. イスハークのアリー
  45. シリルの悲劇
  46. 理想と現実
  47. その瞳に映るものは
  48. 千里眼
  49. 傷跡
  50. アリーの真実
  51. 全ては、満月の夜に
  52. 第四章 届かない手紙
  53. 最後の竜
  54. 人形と、竜の想い
  55. 芽吹くもの
  56. 真実の欠片
  57. まがいものたち
  58. 鉱石光の下で
  59. 竜笛の音は、かつての言葉
  60. 人形と合成獣
  61. 結縄と隼
  62. 偵察支援隊イブリース
  63. 大蛇の影
  64. 知る者と知らぬ者
  65. それぞれが、できることを
  66. かつての想い
  67. 肥溜の戦場
  68. 戦友は、敵となりて
  69. イスマイーラとタウル
  70. 女たちの覚悟
  71. その手は汚れるべくして
  72. アリーの居候
  73. 立ち上がる為に
  74. たまらない景色
  75. 剣奴の迷い
  76. 山羊と、竜と、襲撃者
  77. 騎兵隊の男
  78. 獅子の尾
  79. 忍び寄る足音
  80. 見ざる、言わざる、聞こえざる
  81. 契機
  82. 第五章 意志を翼に託して
  83. 送り歌―――アディア・ライ
  84. 意識
  85. 好みの問題
  86. 手紙を託して
  87. 卑怯者の矜持
  88. 都合の良い真実
  89. 恥と汚名の服を着て
  90. 一つの可能性と未来
  91. また、どこかで
  92. 戦野の中
  93. 竜の娘は地を駆ける
  94. 少年、再び
  95. 協会の意向
  96. 真意はどこに?
  97. 彼女の中にあるもの
  98. 望まぬ再会
  99. 誓いの蝶を飾って
  100. 裏切者と復讐者
  101. 初陣の終わり
  102. 彼らの本音
  103. 水を読め
  104. 朔の晩に会いましょう
  105. 毒よりも効率の良いやり方
  106. 人命勘定
  107. 猜疑と隼
  108. ハリルの懸念
  109. 内通者の名は
  110. 疑わしき来訪者
  111. 信ずるに値する対価を
  112. 黒ともいえず、白ともいえず
  113. たとえ裏切ることになろうとも
  114. 冷たい問いかけ
  115. 訣別
  116. 決断の先へ
  117. 第六章 青い鳥と鼠
  118. 青の迷鳥
  119. 鳥の事情と鼠の理由
  120. ムトの道
  121. 大地の子クムシュ
  122. においに混じる予兆
  123. 黒蛇のマリオネット
  124. 絡みつく赤い蛇
  125. アル・カマルの走狗
  126. 悲劇の真相
  127. 蛇の海原
  128. 魂の叫び
  129. 泥濘を背にして
  130. かくして青い鳥は飛び立ち、鼠は再び駆けた
  131. 第七章 黄昏の王城
  132. 群がる虫たちに甘露を
  133. 神官の嘆き
  134. 秘された証言
  135. 僕のあにうえ
  136. 迷信の信者と空の柩
  137. 禁忌の血筋
  138. 死体泥棒と銀の箱