元禄・マジカル・プリンセス

作者 沢田和早

フォロー 1話目から読む

食い意地が張って、我儘で、行儀が悪いとな? されどわらわは姫なるぞ! 沢田和早

 時は元禄、江戸時代。一万石の大名にして志麻国の領主である比寿家。その一人娘、恵姫は海水を制する力の持ち主。
 釣りをしたり昼寝をしたりしてのんびり過ごす恵姫の前に、ある日一人の少年が姿を現す。
「自分は三百年後の未来から来た、そこには恵姫のような力を持つ者は一人もいない」
 と少年から聞かされ、何故力が消えたのかと不思議に思う恵姫であった……

 山も谷もない話を日記のように書き続けたいなあと思って始めました。盛り上がりもなく、オチもなく、日常のありふれた話が続くだけの作品になるかと思います。

 休載日が七回あります。4/19、5/25、6/15、7/6、7/27、8/22、9/27
 ※8/22は休載しません。

 小説投稿サイト「小説家になろう」と同時連載。

目次

連載中 全344話

更新

  1. 立春
  2. 第一話 はるかぜ こおりをとかす
  3. 東風解凍その一 穴の亀
  4. 東風解凍その二 海女小屋で甘酒
  5. 東風解凍その三 女中頭磯島
  6. 東風解凍その四 髷結い
  7. 東風解凍その五 家老厳左
  8. 第二話 うぐいす なく
  9. 黄鶯睍睆その一 年始挨拶
  10. 黄鶯睍睆その二 羽根突き勝負
  11. 黄鶯睍睆その三 笹鳴き
  12. 黄鶯睍睆その四 女中見習いお福
  13. 黄鶯睍睆その五 梅林で
  14. 第三話 うお こおりをいずる
  15. 魚上氷その一 七草粥
  16. 魚上氷その二 お福の湯呑
  17. 魚上氷その三 曲者侵入
  18. 魚上氷その四 与太郎吟味
  19. 魚上氷その五 股引の謎
  20. 雨水
  21. 第四話 つちのしょう うるおいおこる
  22. 土脉潤起その一 消えた与太郎
  23. 土脉潤起その二 絵草紙危機一髪
  24. 土脉潤起その三 書き初め自慢
  25. 土脉潤起その四 宮司の予感
  26. 土脉潤起その五 帰り道
  27. 第五話 かすみ はじめてたなびく
  28. 霞始靆その一 天真爛漫黒姫
  29. 霞始靆その二 絵草紙没収
  30. 霞始靆その三 白黒鼠次郎吉
  31. 霞始靆その四 お福検分
  32. 霞始靆その五 お福卒倒
  33. 第六話 そうもく もえいずる
  34. 草木萌動その一 与太郎ふたたび
  35. 草木萌動その二 厳左の吟味
  36. 草木萌動その三 厳左対与太郎
  37. 草木萌動その四 神海水
  38. 草木萌動その五 与太郎開眼
  39. 啓蟄
  40. 第七話 すごもりむし とをひらく
  41. 蟄虫啓戸その一 下された沙汰
  42. 蟄虫啓戸その二 鯉に恋して
  43. 蟄虫啓戸その三 厳左の誘い
  44. 蟄虫啓戸その四 武士と百姓
  45. 蟄虫啓戸その五 厳左の夕食
  46. 第八話 もも はじめてさく
  47. 桃始笑その一 伊瀬からの書状
  48. 桃始笑その二 旅支度
  49. 桃始笑その三 出立
  50. 桃始笑その四 峠越え
  51. 桃始笑その五 伊瀬到着
  52. 第九話 なむし ちょうとなる
  53. 菜虫化蝶その一 姫札
  54. 菜虫化蝶その二 外宮参拝
  55. 菜虫化蝶その三 再び内宮門前町
  56. 菜虫化蝶その四 布姫
  57. 菜虫化蝶その五 ほうき星
  58. 春分
  59. 第十話 すずめ はじめてすくう
  60. 雀始巣その一 黒姫帰郷
  61. 雀始巣その二 島羽街道峠越え
  62. 雀始巣その三 峠御門
  63. 雀始巣その四 対決!相橋口門
  64. 雀始巣その五 雨中の雀
  65. 第十一話 さくら はじめてひらく
  66. 桜始開その一 消えた干し鮑
  67. 桜始開その二 人助け
  68. 桜始開その三 温泉宿海豚屋
  69. 桜始開その四 消えた二人
  70. 桜始開その五 風待ち島
  71. 第十二話 かみなりすなわち こえをはっす
  72. 雷乃発声その一 絶体絶命
  73. 雷乃発声その二 与太郎奮闘
  74. 雷乃発声その三 船倉脱出
  75. 雷乃発声その四 恵姫大暴走!
  76. 雷乃発声その五 旅の終わり
  77. 清明
  78. 第十三話 つばめ きたる
  79. 玄鳥至その一 二人の懸念
  80. 玄鳥至その二 床伏しの姫
  81. 玄鳥至その三 仮病姫
  82. 玄鳥至その四 身代わり
  83. 玄鳥至その五 全快露見
  84. 第十四話 こうがん かえる
  85. 鴻雁北その一 桃の節供
  86. 鴻雁北その二 ほうき星と与太郎
  87. 鴻雁北その三 与太郎激白
  88. 鴻雁北その四 厳左の相談
  89. 鴻雁北その五 雁供養
  90. 第十五話 にじ はじめてあらわる
  91. 虹始見その一 花見待ち
  92. 虹始見その二 与太郎浮気
  93. 虹始見その三 お花見
  94. 虹始見その四 鯛と鯛焼き
  95. 虹始見その五 佐保姫
  96. 穀雨
  97. 第十六話 あし はじめてしょうず
  98. 葭始生その一 葦原
  99. 葭始生その二 瀬津姫
  100. 葭始生その三 怪力毘沙姫
  101. 葭始生その四 二つの鏡、二人の斎姫
  102. 葭始生その五 蓮華草
  103. 第十七話 しもやんで なえいずる
  104. 霜止出苗その一 朝寝坊
  105. 霜止出苗その二 お弁当
  106. 霜止出苗その三 水口祭
  107. 霜止出苗その四 芸披露
  108. 霜止出苗その五 四人の心
  109. 第十八話 ぼたん はなさく
  110. 牡丹華その一 雨の芍薬
  111. 牡丹華その二 丸出尻
  112. 牡丹華その三 鯛焼き献上
  113. 牡丹華その四 鯛焼き試食
  114. 牡丹華その五 本当の美味しさ
  115. 立夏
  116. 第十九話 かわず はじめてなく
  117. 蛙始鳴その一 四月朔日
  118. 蛙始鳴その二 不義理の日
  119. 蛙始鳴その三 文の力
  120. 蛙始鳴その四 危険な二人
  121. 蛙始鳴その五 母への不義理状
  122. 第二十話 みみず いずる
  123. 蚯蚓出その一 雁四郎の決心
  124. 蚯蚓出その二 落ち雀
  125. 蚯蚓出その三 鯛網船団出港
  126. 蚯蚓出その四 大漁の予感
  127. 蚯蚓出その五 鯨丸齧り
  128. 第二十一話 たけのこ しょうず
  129. 竹笋生その一 大食いビナ
  130. 竹笋生その二 ヒナ仕置き
  131. 竹笋生その三 お福逆上
  132. 竹笋生その四 筍狩り
  133. 竹笋生その五 戻ったもの
  134. 小満
  135. 第二十二話 かいこおきて くわをはむ
  136. 蚕起食桑その一 でか雀
  137. 蚕起食桑その二 やままゆ
  138. 蚕起食桑その三 筍料理の会
  139. 蚕起食桑その四 与太郎の話
  140. 蚕起食桑その五 毘沙姫の予感
  141. 第二十三話 べにばな さかう
  142. 紅花栄その一 巣立ち
  143. 紅花栄その二 おねだり雀
  144. 紅花栄その三 雀相談
  145. 紅花栄その四 鼠と雀
  146. 紅花栄その五 飛入助
  147. 第二十四話 むぎのとき いたる
  148. 麦秋至その一 お化粧姫
  149. 麦秋至その二 芽久姫
  150. 麦秋至その三 悪戯姫
  151. 麦秋至その四 立腹姫
  152. 麦秋至その五 艶紅姫
  153. 芒種
  154. 第二十五話 かまきり しょうず
  155. 螳螂生その一 端午の節供
  156. 螳螂生その二 鯛のぼり
  157. 螳螂生その三 菖蒲切り
  158. 螳螂生その四 蟷螂の斧
  159. 螳螂生その五 もうひとつの意味
  160. 第二十六話 くされたるくさ ほたるとなる
  161. 腐草為蛍その一 磯島の業
  162. 腐草為蛍その二 火太郎
  163. 腐草為蛍その三 磯島の病
  164. 腐草為蛍その四 神器蛍丸
  165. 腐草為蛍その五 蛍の舞い
  166. 第二十七話 うめのみ きばむ
  167. 梅子黄その一 磯島復活!
  168. 梅子黄その二 二の丸梅園
  169. 梅子黄その三 梅の実集め
  170. 梅子黄その四 怠け姫
  171. 梅子黄その五 磯島の罠
  172. 夏至
  173. 第二十八話 なつかれくさ かるる
  174. 乃東枯その一 御田植神事
  175. 乃東枯その二 毘沙姫の足
  176. 乃東枯その三 田植飯
  177. 乃東枯その四 田植え始め
  178. 乃東枯その五 磯島の想い
  179. 第二十九話 あやめ はなさく
  180. 菖蒲華その一 雨の来客
  181. 菖蒲華その二 二度目の稽古
  182. 菖蒲華その三 二本の花菖蒲
  183. 菖蒲華その四 綾目の話
  184. 菖蒲華その五 杜若の話
  185. 第三十話 はんげ しょうず
  186. 半夏生その一 与太郎夜這い
  187. 半夏生その二 与太郎御裁き
  188. 半夏生その三 妖怪ハンゲ
  189. 半夏生その四 禁破り
  190. 半夏生その五 ハンゲの罰
  191. 小暑
  192. 第三十一話 あつかぜ いたる
  193. 温風至その一 夏座敷
  194. 温風至その二 布袋の中身
  195. 温風至その三 ふたつの世
  196. 温風至その四 毘沙姫の頼み
  197. 温風至その五 寛右の汗
  198. 第三十二話 はす はじめてひらく
  199. 蓮始開その一 厳左の温情
  200. 蓮始開その二 昔語り
  201. 蓮始開その三 女城主
  202. 蓮始開その四 二つの蔵
  203. 蓮始開その五 木箱の中身
  204. 第三十三話 たかすなわち わざをならう
  205. 鷹乃学習その一 土用入り
  206. 鷹乃学習その二 鳩飛脚
  207. 鷹乃学習その三 恵姫の信念
  208. 鷹乃学習その四 燕と雀
  209. 鷹乃学習その五 入道雲
  210. 大暑
  211. 第三十四話 きりはじめて はなをむすぶ
  212. 桐始結花その一 約束違え
  213. 桐始結花その二 怒りの鉄拳
  214. 桐始結花その三 桐の実
  215. 桐始結花その四 飛魚丸
  216. 桐始結花その五 寝坊姫
  217. 第三十五話 つちうるおうて むしあつし
  218. 土潤溽暑その一 海遊び
  219. 土潤溽暑その二 お与太
  220. 土潤溽暑その三 削り氷
  221. 土潤溽暑その四 たまたま
  222. 土潤溽暑その五 磯島の決断
  223. 第三十六話 たいう ときどきふる
  224. 大雨時行その一 昨日の出来事
  225. 大雨時行その二 泳ぎ比べ
  226. 大雨時行その三 自然の愛
  227. 大雨時行その四 スイカ割り
  228. 大雨時行その五 夏越祓
  229. 立秋
  230. 第三十七話 すずかぜ いたる
  231. 涼風至その一 七夕短冊
  232. 涼風至その二 七夕素麺
  233. 涼風至その三 扇風機
  234. 涼風至その四 二人の助っ人
  235. 涼風至その五 与太郎の願い
  236. 第三十八話 ひぐらし なく
  237. 寒蝉鳴その一 法師蝉
  238. 寒蝉鳴その二 倒れたお福
  239. 寒蝉鳴その三 お福の力
  240. 寒蝉鳴その四 お見舞い
  241. 寒蝉鳴その五 本当の病
  242. 第三十九話 ふかききり まとう
  243. 蒙霧升降その一 霧の中
  244. 蒙霧升降その二 与太郎激昂
  245. 蒙霧升降その三 与太郎決断
  246. 蒙霧升降その四 妖艶才姫
  247. 蒙霧升降その五 才姫の回想
  248. 蒙霧升降その六 最期の言葉
  249. 処暑
  250. 第四十話 わたのはなしべ ひらく
  251. 綿柎開その一 お盆明け
  252. 綿柎開その二 恵姫の見立て
  253. 綿柎開その三 お福全快
  254. 綿柎開その四 才姫の目的
  255. 綿柎開その五 お祝い
  256. 第四十一話 てんち はじめてさむし
  257. 天地始粛その一 新型扇風機
  258. 天地始粛その二 回し車扇風機
  259. 天地始粛その三 堅物次郎吉
  260. 天地始粛その四 次郎吉激走
  261. 天地始粛その五 風の凶日
  262. 第四十二話 こくものすなわち みのる
  263. 禾乃登その一 土鳩文
  264. 禾乃登その二 謹厳布姫
  265. 禾乃登その三 八朔
  266. 禾乃登その四 八朔参宮
  267. 禾乃登その五 布姫面談
  268. 白露
  269. 第四十三話 くさのつゆ しろし
  270. 草露白その一 師匠才姫
  271. 草露白その二 才姫の懸念
  272. 草露白その三 河月院招集
  273. 草露白その四 布姫の宴
  274. 草露白その五 布姫の策
  275. 第四十四話 せきれい なく
  276. 鶺鴒鳴その一 二姫の旅立ち
  277. 鶺鴒鳴その二 出現瀬津姫
  278. 鶺鴒鳴その三 布姫の罠
  279. 鶺鴒鳴その四 布姫の話
  280. 鶺鴒鳴その五 名月の宴
  281. 第四十五話 つばめ さる
  282. 玄鳥去その一 非常食
  283. 玄鳥去その二 秋彼岸
  284. 玄鳥去その三 二本の小枝
  285. 玄鳥去その四 江戸からの文
  286. 玄鳥去その五 去る者、残る者
  287. 秋分
  288. 第四十六話 かみなりすなわち こえをおさむ
  289. 雷乃収声その一 黒姫と毘沙姫
  290. 雷乃収声その二 恵姫と毘沙姫
  291. 雷乃収声その三 厳左と毘沙姫
  292. 雷乃収声その四 宮司と毘沙姫
  293. 雷乃収声その五 届けられた文
  294. 第四十七話 むしかくれて とをふさぐ
  295. 蟄虫坏戸その一 狙われた厳左
  296. 蟄虫坏戸その二 曲者急襲
  297. 蟄虫坏戸その三 寛右の話
  298. 蟄虫坏戸その四 二人の忍
  299. 蟄虫坏戸その五 孤立無援
  300. 第四十八話 みず はじめてかるる
  301. 水始涸その一 脱出画策
  302. 水始涸その二 作戦発動
  303. 水始涸その三 五人の追手
  304. 水始涸その四 磯島の油断
  305. 水始涸その五 母の力
  306. 寒露
  307. 第四十九話 こうがん きたる
  308. 鴻雁来その一 六日目の参上
  309. 鴻雁来その二 寛右の案
  310. 鴻雁来その三 二人の合意
  311. 鴻雁来その四 ボクっ殿、乗里
  312. 鴻雁来その五 重陽の宴
  313. 第五十話 きくのはな ひらく
  314. 菊花開その一 嫁入りの策
  315. 菊花開その二 二人の説得
  316. 菊花開その三 御座船、間渡矢丸
  317. 菊花開その四 十三夜の宴
  318. 菊花開その五 出港
  319. 第五十一話 きりぎりす とにあり
  320. 蟋蟀在戸その一 孤軍奮闘!雁四郎
  321. 蟋蟀在戸そのニ 再会
  322. 蟋蟀在戸その三 与太話
  323. 蟋蟀在戸その四 布姫の頼み
  324. 蟋蟀在戸その五 お福の場
  325. 霜降
  326. 第五十二話 しも はじめてふる
  327. 霜始降その一 江戸湊
  328. 霜始降そのニ 江戸家老左右衛門
  329. 霜始降その三 殿様の病
  330. 霜始降その四 挨拶回り
  331. 霜始降その五 隣の乗里君
  332. 第五十三話 こさめ ときどきふる
  333. 霎時施その一 二者協議
  334. 霎時施そのニ 座敷の二人
  335. 霎時施その三 姫屋敷からの使者
  336. 霎時施その四 布姫の要請
  337. 霎時施その五 二人の業
  338. 第五十四話 もみじつた きばむ
  339. 楓蔦黄その一 御対客日
  340. 楓蔦黄その二 恵姫の動揺
  341. 楓蔦黄その三 左右衛門安堵
  342. 楓蔦黄その四 姫屋敷からの文
  343. 楓蔦黄その五 晩秋桜色
  344. 立冬
  345. 第五十五話 つばき はじめてひらく
  346. 山茶始開その一 恵姫移送計画
  347. 山茶始開その二 物問う与太郎
  348. 山茶始開その三 臨戦態勢
  349. 山茶始開その四 御惚け作戦
  350. 山茶始開その五 袋小路与太郎
  351. 第五十六話 ち はじめてこおる
  352. 地始凍その一 ふたつの世
  353. 地始凍その二 水と氷
  354. 地始凍その三 高野山箒星始末記
  355. 地始凍その四 供の女
  356. 地始凍その五 斎主の業
  357. 第五十七話 きんせんか さく
  358. 金盞香その一 斎主午餐会
  359. 金盞香その二 二人の猿芝居
  360. 金盞香その三 お見送り
  361. 金盞香その四 二人の業
  362. 金盞香その五 春待二人
  363. 小雪
  364. 第五十八話 にじ かくれてみえず
  365. 虹蔵不見その一 女医与太郎
  366. 虹蔵不見その二 与太郎診察
  367. 虹蔵不見その三 乗里挨拶
  368. 虹蔵不見その四 最後の顔合わせ
  369. 虹蔵不見その五 月命日
  370. 第五十九話 きたかぜ このはをはらう
  371. 朔風払葉その一 手向け花火
  372. 朔風払葉その二 下田到着
  373. 朔風払葉その三 またも再会
  374. 朔風払葉その四 紅葉狩り茸狩り
  375. 朔風払葉その五 城跡の冬
  376. 第六十話 たちばな はじめてきばむ
  377. 橘始黄その一 最後の夜
  378. 橘始黄その二 漂着
  379. 橘始黄その三 船大工
  380. 橘始黄その四 若夫婦
  381. 橘始黄その五 終着点
  382. 大雪
  383. 第六十一話 そらさむく ふゆとなる(飛入助物語)
  384. 閉塞成冬その一 爆誕! 飛入助親分
  385. 閉塞成冬その二 飛入助、江戸へ行く
  386. 閉塞成冬その三 飛入助、御城へ登る
  387. 閉塞成冬その四 飛入助、江戸を発つ
  388. 第六十二話 くま あなにこもる
  389. 熊蟄穴その一 雨の島羽城
  390. 熊蟄穴その二 島羽出立
  391. 熊蟄穴その三 不見不聞の策
  392. 熊蟄穴その四 与太郎悪乗り
  393. 熊蟄穴その五 斎主の申し出
  394. 第六十三話 さけのうお むらがる
  395. 鱖魚群その一 与太郎の選択
  396. 鱖魚群その二 磯島絶好調
  397. 鱖魚群その三 土産合戦
  398. 鱖魚群その四 腹立ち姫
  399. 鱖魚群その五 磯島への土産
  400. 冬至
  401. 第六十四話 なつかれくさ しょうず
  402. 乃東生その一 黒姫絶好調
  403. 乃東生その二 一陽来復
  404. 乃東生その三 姫の力
  405. 乃東生その四 姫の髪
  406. 乃東生その五 八百萬髪
  407. 第六十五話 さわしかのつの おつる
  408. 麋角解その一 才姫の頼み
  409. 麋角解その二 与太郎のお役目
  410. 麋角解その三 瀬津姫の頼み
  411. 麋角解その四 別れの宴
  412. 麋角解その五 瀬津姫の想い
  413. 第六十六話 ゆきわたりて むぎのびる
  414. 雪下出麦その一 才姫の温情
  415. 雪下出麦その二 厳左の冬
  416. 雪下出麦その三 三人の夜更かし
  417. 雪下出麦その四 無期限の姫札
  418. 雪下出麦その五 達観毘沙姫
  419. 小寒
  420. 第六十七話 せりすなわち さかう
  421. 芹乃栄その一 九人の謁見
  422. 芹乃栄その二 時空相転移
  423. 芹乃栄その三 与太郎の真実
  424. 芹乃栄その四 反逆!恵姫
  425. 芹乃栄その五 断罪剣
  426. 第六十八話 しみず あたたかをふくむ
  427. 水泉動その一 無想剣
  428. 水泉動その二 厳左の条件
  429. 水泉動その三 三者会議
  430. 水泉動その四 寛右の詭弁
  431. 水泉動その五 桜色の刀
  432. 第六十九話 きじ はじめてなく
  433. 雉始雊その一 雁四郎放逐
  434. 雉始雊その二 時の人雁四郎
  435. 雉始雊その三 極上鯛焼き
  436. 雉始雊その四 大脱走

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

小説情報

元禄・マジカル・プリンセス

@123456789
執筆状況
連載中
エピソード
344話
種類
オリジナル小説
ジャンル
歴史・時代・伝奇
タグ
江戸時代 日常 タイムスリップ 時代考証無視 魔法 七十二候 伊勢 志摩
総文字数
1,125,515文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
10人
小説フォロー数
29

アクセス数

作者

沢田和早 @123456789

皆様、こんにちは初めまして。趣味で小説のようなものを書いております。 読むのも好きです。 樋口一葉の「たけく…もっと見る

近況ノート

もっと見る 1

同じ作者の他の小説

もっと見る 6

この作者のおすすめレビュー

もっと見る 34