自堕落女神の選別で異世界転生した俺はロリに転生して滅んだ異世界ライフを始めました

作者 水流エレン

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全65話

更新

  1. プロローグ
  2. 一章 女神のミス異世界でスローな探索篇
  3. 1話 女神にロクな奴はいない
  4. 1.5話 女神はロクでない転生して一ヶ月頑張って生きてました
  5. 2話 釣りって時に未知な魚が釣れる
  6. 3話空からのプレゼントは女の子でした
  7. 3.5話転生者って天使並に可愛い子が空から降ってくる
  8. 4話元女神とリアル元令嬢の元だけどそれがいい
  9. 5話話分散するとカットミスしやすい
  10. 6話滅んだ旧大都市の流れる川は水道管から来てます
  11. 7話パロディって面白いけど加減は難しいから気おつけろ
  12. 8話子供の届くところにお酒置いちゃダメだが異世界はどうだろうか
  13. 8.5話 お酒コーナーに良い子は行っては行けません
  14. 9話スキルに目覚めたがいいが鑑定スキルってあまり使わない気がする
  15. 10話妹が弟になって現れましたが酒瓶投げるのは反則
  16. 異世界生存者篇
  17. 11話滅んだ異世界に生き残された少女
  18. 12話リリナが経営する女神マートに襲来の別女神
  19. 13話洞窟その先に破壊を試みる人とそれを阻止する人
  20. 14話俺の口調急成長すると私に変わります
  21. 15話理想郷と地平線に墜ちた理想
  22. 16話エピローグ
  23. 海水浴場スロー探索篇
  24. 17話 夏と言えばやっぱり海、向かう前に線路歩くけど駅にロマンあり
  25. 18話海に向かうには遠いが着いた時の感情は高まる
  26. 19話海水浴場と言えばビーチバレーだけど時にそれは次元が違う
  27. 20話 海は楽しく泳ぎましょう! ただしはしゃぐと足つる
  28. 21話 海行くと必ずあるある気になる洞窟だけど人が住んでいたら怖いよね
  29. 22話世界レベルアップさせるには愛が必要らしいです
  30. 23話 奥に進む洞窟探索で見つけたもの
  31. 24話 秘石を融合する前にやるべき事
  32. 25話 夜空に咲く大輪の打ち明け花火
  33. 26話 リリナの過去
  34. 27話秘石融合してみたけど、見る世界は変わらず
  35. 世界レベル2の異世界篇
  36. 28話 強者と終焉の力比べは規模が違う
  37. 29話 砂浜を歩けばまた別の洞窟が見つかる
  38. 30話誤解と大天使到来で真実を知る
  39. 31話 鮮血の記憶
  40. 32話追憶にある理由
  41. 33話 ルミとリリナの関係性
  42. 34話自堕落女神リリナの『調べ』
  43. 35話 『異世界で死一回目』からの目覚め
  44. 36話転移魔法で女神世界へ
  45. 37話 『侵入者』
  46. 38話 討伐
  47. 39話 目的地へ
  48. 40話 『チート並』を倒す
  49. 41話 不死のガブリエル
  50. 42話 偽りの大天使
  51. 43話 遠く及ばない力·····『チート能力』に敗北
  52. 断章 変えたい未来と叶わない願い
  53. 世界の崩壊を阻止したい少年と長い年月の眠り呪からの目覚める少女
  54. 改1章 自堕落女神の改変篇
  55. 改1話終わりを終わらせない世界は彼らを再び滅んだ異世界を踏む
  56. 改2話 復興の要となる人材集めと黒歴史ノート
  57. 改3話 街を治すところから始まる
  58. 改4話 トンネルにあるライパル店舗
  59. 改5話 トンネルにある秘密
  60. 改6話 やたらテンション高いドラゴン
  61. 改7話 研究所ビルと大都市の象徴
  62. 改8話 世界レベル5
  63. 改9話 動く棺の蓋
  64. 改10話 それぞれの戦い
  65. 改11話 覚醒
  66. 改12話 総力戦
  67. 改13話 絶命と苦痛の隣り合わせ
  68. 改14話 呪いの力
  69. 改15話 限界の果て
  70. 改16話 決着
  71. 改17話 自堕落女神の選別で異世界転生した俺はロリに転生して滅んだ異世界ライフを始めました