カフェオレと君と私

作者 きつねのなにか

309

111人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

カフェオレを介して私の前に現れる君。
背景の少ない描写なのに、壮絶なストーリーの1ページを切り取ったかのように感じました。

短い文の中に、胸が締め付けられるようなドラマが凝縮されていました。
こういう見せ方は短編だからこそだと思います。

皆さまもせひ
『カフェオレと君と私』
をご賞味あれ。

★★★ Excellent!!!

コーヒーには様々な淹れ方がある。
ペーパードリップ、ステンレスドリップ、フレンチプレス、サイフォン……。

弾き方にも種類がある。
細挽ききなのか粗挽きなのか。

焙煎にも度合いがある。
浅煎り、深煎り。

豆にも種類がある。
どこの国のどこの山で取れたのか。

では、どれが一番美味しい淹れ方で、美味しい挽き方で、美味しい焙煎で、美味しい豆なのか。
グレードというものもあるが、最終的にはどれが「美味しいと感じるか」ということになる。

つまりは、好みの問題というわけだ。
好みが見つかると、コーヒーを飲むのも楽しくなってくる。

しかしながら生きていると、まあどうにも好みではないというものにも出くわしたりする。
到底受け入れがたい、苦み、エグみ、酸味を味わってしまうときだってある。
あまりの嫌悪に、吐き出してしまうかも知れない。
でも、コップに注がれたそれを、飲み干さなければいけないとして、どうすればいいだろう。


さて。
ここに、温めたミルクがある。

それを、直視しがたい好みではない味のそれに注ぐ。あなたが少しだけ飲んでくれたおかげで、ミルクの文のスペースは空いているからね。
そして、こうやって、スプーンを差し込んで、ゆっくりと回す。回す。

そうして飲んでみると、どうだい?
苦みは深みに、エグみはコクに、酸味は瑞々しく感じないかい?

これがカフェオレの魔法。
この作品があなたにかける魔法。

さあ冷めてしまわないうちに、一杯どうぞ。

★★★ Excellent!!!

あれこれと詳細な説明の一切いらない物語って、あるんだなあ。そう思いました。

甘い、苦い。痛い、悲しい、愛おしい。
全ての感情が溶け込んだ、熱いカフェオレ。
ただ、胸が、ぎゅううっと。
この上なくシンプルで、淡々と——それでいてどんな詳細な描写よりも一言一言が胸に訴えかけてくる不思議。

静かに湧き上がる熱いものに、胸が震える掌編です。

★★★ Excellent!!!

読んですぐに、「もしや……」って思うんですよ。まさかそんなことはないだろうって思いつつも、でも読み進んでいくうちに確信に変わるわけです。でも、だからといってそこでやめようとは思わない。

この2人がどのような結末を迎えるのか、きっと幸せであることを願いながら、読まずにはいられませんでした。

★★★ Excellent!!!

 カフェオレを飲んでいる彼女の元に帰ってきたのは愛する恋人。気安い口調で話しかけてくる彼に彼女は何とも言えない表情で応える。何気ない会話に思えるが、それはどこか寂しさを匂わせるものだった。
 彼が好きだったカフェオレ。苦みと甘みを混ぜ合わせて作り出すそれは、どことなく人生を思わせる。だけど、今回ばかりはコーヒーの分量が少し多かったかもしれない。口の中に残る苦みは、そう簡単に消えるものではない。

 この作品は「嬉しい」や「悲しい」といった言葉を使わず、巧みに感情の機微を表現しています。淡々と繰り広げられている会話が寂寥感を醸し出していて素晴らしいですね。
 カフェオレが飲みたいという彼に「わかった、じゃあ、作る。お願いだからそこにいてよね」と答える彼女。このセリフにこそ、彼女の思いが込められているような気がしました。

 寂しい理由も苦い理由もカフェオレを選択した理由も、読んでみればわかります。


 二つのものが一つに混ざり合って生まれたものはなんなのか? この小説を読んでそれを確かめてみてください。

★★★ Excellent!!!

意図的に、チビチビと飲むカフェオレです。

展開も結末も、勘の良い方なら、すぐに察しがついてしまいます。

でも飲み始めると……思っていた以上のカフェオレの味の良さに、飲み終わりたくなくなって、ゆっくりじっくり飲んでいきたくなります。

そして、飲み終わると思わず、その味をもう少し味わいたくておかわりしたくなるでしょう。

つまりは、そんなお話……。

★★★ Excellent!!!

心地よいショートショート作品です。

雨月物語を連想させますし、こういった作品はわりとよくあるという印象をうけるかもしれません。
実際たくさん読んだ気がします。

ですが勘所を押さえ、読者に空想の余地を与えていることで、とても広がりのあるものとなっています。

なんとなく寂しいところも素敵です。



★★★ Excellent!!!

短いです!

早く読むことができる人なら1分程で読破できます。

文章が不足していると言う方もいるかもしれません。

ですが、個人的にはこう考えました。

与えられた情報から我々読み手に想像の余地を残してくれていると。

明確な答えばかりが、物語ではないと思います。

書き手が与えてくれた物語から受け取ったものを広げることも、物語の一部になり得ると思います。

この作品は、そんな刺激を与えてくれました。

是非とも多くの方に読んで欲しいです!

★★★ Excellent!!!

まず、わたしの読解力を高い棚にあげてから、お話ししようと思う。
最初に読んだ時、なにかラストに納得出来ないものを感じていた。
唐突にそのラストなの?そんな思いを。

その後、短いお話だからともう一度読み直してみたら…
えっ!そういうこと!?えっ!!???

「2つを混ぜ合わせて1つを作るなんて、まるで人生みたいだな 」

まさにこれ。
カフェオレにやられた…!
ここまで来て、あたたかな恋愛とそこに横たわる悲しみ、そして希望などが一気に見えて胸が熱くなった。

一度読んで響かないなら、2度読んでみて。
「2つを混ぜ合わせて1つを作るなんて、まるで人生みたいだな 」
この言葉を、体感して下さい!

★★★ Excellent!!!

2020年1月、第三次世界大戦という言葉がネット上でトレンドとなっている今だからこそ。
余計に切なくて、じわりと胸に沁みてきたお話でした。

牛乳と珈琲、その二つを気に入った割合で混ぜたカフェオレを飲む。
そんなささやかな楽しみがある日常がいかに大切だったか思い知る感じです。

還り際に彼から渡されたプレゼント。
それは奇跡であり希望です、泣けました。T_T

★★★ Excellent!!!

ぶっ飛んだ感じと日常がうまく混じってて良かったです。
地の文がリズム良く簡潔なので読みやすいです。

カフェオレでこんな作品が出来上がるなんて思いませんでした。発想が素晴らしいです。凡人なんかには思いつきません。
カフェオレってこういう風に見れるんですね……。

他にも色々言いたいんですけど、なんせ1000字ちょいの短編なんで何を言ってもネタバレになっちゃいますね。
さあ、読みましょう。