カフェオレと君と私

作者 きつねのなにか

大切な人との思い出はカフェオレに宿る

  • ★★★ Excellent!!!

カフェオレを介して私の前に現れる君。
背景の少ない描写なのに、壮絶なストーリーの1ページを切り取ったかのように感じました。

短い文の中に、胸が締め付けられるようなドラマが凝縮されていました。
こういう見せ方は短編だからこそだと思います。

皆さまもせひ
『カフェオレと君と私』
をご賞味あれ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ザンブンさんの他のおすすめレビュー 445